フランシス・ビーン・コバーン、父カ
ートの新ファッション・コレクション
を監修

故カート・コバーンの遺産管理団体が、カートの娘、フランシス・ビーンをキュレーターに、新たなファッション・コレクション<Kurt Was Here>を発表した。
遺産管理団体のビジネス部門The End Of MusicとLive Nation Merchandiseが提携し、アメリカではバーニーズ、英国ではセルフリッジズ(百貨店)、および公式オンライン・ショップ(kurtcobainshop.com)で購入することができる。

月曜日(9月9日)、インスタグラムで、Tシャツ、パーカーなど、カートが遺したアートワークをもとにデザインされた15種類のアイテムが公開された。
この投稿をInstagramで見る

#KurtWasHere #KurtFeels #KurtCobain

Kurt Cobainさん(@kurtcobain)がシェアした投稿 -

Live Nationのスポークスマンは、「現代の社会や政治情勢においてアートの重要性は非常に高く、カートの作品をアーティスト、コレクター、ファンらと分かち合うに相応しいときだと考えている。カートのレガシーを新たな形で体験し、彼がこの世界に与えたインパクトを称えることができる」と、『Rolling Stone』誌に話している。

コレクションの売り上げの一部は、メンタルヘルスのケアに努め、自殺を防ごうと活動する非営利団体Jed Foundationへ寄付されるという。

Ako Suzuki
この投稿をInstagramで見る

#KurtWasHere #KurtFeels #KurtCobain

Kurt Cobainさん(@kurtcobain)がシェアした投稿 -

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着