『ボロフェスタ2019』最終ラインナッ
プでBiSHの出演を発表

10月25日(金)、26日(土)、27日(日)に京都KBSホールで開催される音楽フェスティバル『ボロフェスタ2019』の出演アーティスト最終発表で、BiSHの出演がアナウンスされた。
メジャー3rdアルバム『CARROTS and STiCKS』の大ヒットの勢いそのままに、9月には大阪・大阪城ホールワンマン、10月から全国19ヶ所23公演のバンド編成ホールツアーを控え、11月6日にはメジャー6thシングルの発売が決定しているBiSH。2014年の結成時から『ボロフェスタ』には出演しており、昨年の『ボロフェスタ2018』では大トリを務め会場を大いに盛り上げた。
5年連続の出演となる彼女たちが生み出す、唯一無二のパフォーマンスに期待していよう。
なお、飲食店ブース「KBS食堂 produced by borofesta」には、きっさんのまかない亭の参加が決定した。
■出演アーティスト・日割りラインナップ
【10月25日(金) 昼の部】
YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ x オオルタイチ)/TENDOUJI夜の本気ダンスDENIMS君島大空Ghost like girlfriendthe engy/Mom/羊文学/No Buses/さとうもか/リクオ/踊る!ディスコ室町/Daijiro Nakagawa(from JYOCHO)/ULTRA CUB
【10月26日(土) 昼の部】
BiSH/ZAZEN BOYSeastern youthHump BackTempalay/セン・モリモト/メシアと人人/Age Factoryハルカミライ/NABOWA/toconoma柴田聡子inFIRE/ゆーきゃんクリトリック・リスワンダフルボーイズ空きっ腹に酒竹内アンナ/徳利/folk enough/ボギー/DJ後藤まりこ/Johnnivan/突然少年/キーマカリーズとチチワシネマ/浪漫革命/soratobiwo/Gue/nishikeke/ツチヤチカら/河内宙夢/ASAYAKE 01
【10月26日(土) 夜の部】
LEARNERS/NOT WONKDos Monos/in the blue shirt/HALFBY/OUTATBERO/台風クラブ/THE FULL TEENZ/FEELIN'FELLOWS DJs/クリトリック・リス/mogran'BAR
【10月27日(日) 昼の部】
Homecomings Chamber Set/でんぱ組.incカネコアヤノKID FRESINOLimited Express (has gone?) /GEZAN/Have a Nice Day!/シャムキャッツ/フィロソフィーのダンス/オメでたい頭でなにより超能力戦士ドリアン/BiS/愛はズボーンtetoハンブレッダーズズーカラデル/Acidy Peeping Tom (From Taiwan) /Hi,how are you? /金佑龍/xiangyu/YOLZ IN THE SKY/チーターズマニア/ELEKIBASS/Sawa Angstrom/ときめき☆ジャンボジャンボ/NaNoMoRaL/Ribet towns/the seadays
◉Talk Event:アジア・インディー・ロック徹底研究 出演 : 菅原慎一(シャムキャッツ) 司会 / 進行 : 岡村詩野
◉party navigator:MC土龍
◉ふれあいGIG:アイアムアイ/ミノウラヒロキ・マジックショー

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着