【インタビュー】吉本大樹、doa15周
年とレーサーの両輪「絶対に自分は速
い。でも追い抜くことは難しいんです

メジャーデビュー15周年を迎えるdoaが、三部作からなるベストアルバムをリリースする。当初、オフィシャルサイトにて『doa 15th Anniversary BEST SONGS リクエスト投票』を実施したが、予想をはるかに上回る投票数と音楽的に多岐にわたる上位楽曲の結果を受けて、夏、秋、冬の3期に分けて発売されることが決定したものだ。リクエスト上位曲から『ROCK』『MIDDLE』『BALLAD』をメンバー自身が選曲、『doa Best Selection』収録曲はそれぞれ19曲という大ボリュームで全3作がリリースされる。
BARKSでは、doaの15年間を紐解くヒストリーを前編および後編の二部構成でお届けするほか、メンバー個々の背景に迫るパーソナルインタビューを実施中だ。全5本のインタビューから、“3ボーカル”という道なき道を歩んできた彼らの軌跡を辿り、doaの向かう先に迫る。先ごろ公開した第一弾“ヒストリー前編”に続く第二弾は、吉本大樹のパーソナルインタビュー。プロのレーシングドライバーとしても数々の輝かしい実績を残している彼の過去と現在に迫る。

「レースも音楽活動も中途半端に遊びでやっているとは絶対に思われたくない」とは以前のインタビューで語られた言葉だが、どちらにも一切妥協をすることなく着実に成果を出してきた吉本大樹の本質が語られるロングインタビューとなった。

   ◆   ◆   ◆

■オーストラリア時代はカートを自作して
■走らせて楽しんでいたという感じ

──幼少期の家庭の記憶ってありますか?

吉本:小学校6年までの間に6回くらい引越をしたから、小学校は4回くらい変わっているんです。大阪で生まれて、大阪の中で何度か引っ越して、その後に兵庫県豊岡市に引っ越して、また大阪に戻るっていう感じだったので、ほぼ2年ごとに学校が変わったんです。

──それはたいへんでしたね。

吉本:だから僕には、幼馴染みがいないんですよ。小学校1~2年の頃の友達が今は神戸にいるので、たまに会ったりしますけど、唯一それくらいです。姉は僕の4つ上。とても若い頃に両親が結婚して、父親の仕事の関係で引越が多かったんです。

──転校が多かった子供は人見知りになったり、逆に人懐っこくなると言われますが、いかがでした?

吉本:人の輪に入れなかった記憶はありますね。周りは幼馴染み同士の友達関係ができあがっているし、同じ関西でも喋り方とか、ちょっとした風習が違っていたので、“ええっ?”みたいになることがあったんですよ。深く仲がいい友達は少なくて、ちょっとハブかれてる感があった(笑)。それに、小学校の頃の自分は、めちゃめちゃ変わっていたと思うんです。
──どんな子供でしたか?

吉本:周りはみんなファミコンとかスーパーファミコン、プレイステーションを持っていたけど、僕は買ってもらえなくて、ゲームの話題にも入れなかったんですね。その頃から僕はレースが好きだったけど、レースの話なんて小学生にはわからないじゃないですか。だから、ホントに友達と遊んだ記憶が少ない。でも、当時は母親が姉と僕を、週に2~3回カラオケに連れていってくれたんです。それが、音楽が好きになるきっかけで。

──レースに興味を持つようになったのは、きっかけがあったのでしょうか?

吉本:父親が車が好きで、その血を受け継いだんだと思う。父親とよくテレビでレースを見ていたし。

──そんな少年期を経て、吉本さんはオーストラリアで生活するようになるんですよね?

吉本:小学6年に上がってすぐのタイミングでした。その頃の僕は何故かヤンキーとかに憧れていたんですよ。当時テレビで見ていたアメリカのハイスクールは不良の世界で、それに少し憧れていたから、オーストラリアはどんなだろうとワクワクしてたんです。そうしたら、クリスチャンスクールで、そのエリアはみんなすごくいい子ちゃんで“なんだよ……”みたいな(笑)。でも、そういう感じだったから、特に構えることもなくオーストラリア生活に入っていけましたけどね。

──英語は?

吉本:全く喋れなかったので、最初にその学校の語学スクールみたいなところに通うことになるんですけど、なぜか2ヶ月くらいでそのスクールがなくなってしまって。ほとんど喋れない状態で、普通の学校に入ることになったので最初は大変でした。たとえば、計算の仕方も違うんですよ。小学生なのにみんな電卓を持っているんです。
▲ベストアルバム第1弾『doa Best Selection “ROCK COAST”』

──そうなんですか?

吉本:電卓で計算するのが当たり前で、電卓の使い方を学ぶというのは結構なカルチャーショックでしたね(笑)。そこで、すごく仲良くなった友達がギターをやっていたんです。だけど、彼はサウスポーで弦が逆に張ってあったんですよ。弾かせてもらったりしていたんですけど、わけがわからなくて、結果、ギターは放棄したという(笑)。今思えばもったいないですよね。

──その友達が右利きだったら、吉本さんはギタリストになっていたかもしれませんね。レーシングドライバーに向けた活動も、オーストラリアにいた頃に始められたのでしょうか?

吉本:お遊びみたいなことはオーストラリアにいた頃に始めたけど、正式に活動を始めたのは日本に帰ってきてからです。

──日本には、いつ帰ってこられたんでしたっけ?

吉本:1999年です。19歳になりかけの18歳の時ですね。

──レーサーとしてスタートするには遅くないですか?

吉本:遅いですね。普通は5~6歳の頃からカートレースを始めるんですけど、僕はそういう環境になくて。父親は車好きなのに、反対されていたんですよ。レースというのはすごくお金がかかるスポーツで、親がお金持ちというケースが多いんですよね。オーストラリアでレーサーに向けて動き出した時は、20年落ちのゴーカートのフレームを譲ってもらって、150ドルくらいの安いエンジンをバイトで貯めたお金で買って、タイヤはゴーカート場にいくとまだ使えるタイヤがゴミ箱に捨てられているから、それを拾ってきて……自分で組み上げて走らせるみたいな。でも、そのカートだと、サーキットで走る事はできてもレースには出られないんです。オーストラリア時代はカートを自作して、走らせて楽しんでいたという感じで。
■徳永さんもここまで僕がレースしてると
■思ってなかったんじゃないかな

──資料を見ると、帰国した1999年にレーシングドライバーとしてデビューしていますよね?

吉本:そう。1999年に帰ってきて何回か練習して、すぐにレースに出るようになったんです。そこは結構、早いですよね。オーストラリアは16歳半で車の免許が取れるから、向こうで乗り回していたというものあって。

──レースの経験はほぼなかったわけですよね。

吉本:皆無だったんですけど、いけるんちゃうか?みたいな(笑)。変な自信はあったんですよ。
──そもそも、レースにはどのような経緯で参戦することになるんでしょうか?

吉本:日本でレースに参戦する場合は、自分でフォーミュラカーをレンタルするという方法があるんです。レースの世界の底辺ですけどね。その頃の僕はパチンコ屋の寮に住み込みでバイトしていたんですが、自分の給料の範囲内で車を貸してくれるところをレース雑誌で見つけて、『FJ1600』という、登竜門の一番下のカテゴリーに参戦しました。乗ったこともないのに、自分は速いと最初から思っていた。

──その言葉どおり、1年目から結果も出されたようですね。

吉本:最初は鈴鹿と岡山の地方選に出場して、年末に『日本一決定戦』という勝ち抜きトーナメント戦があって、そこでグループ優勝したんです。最後はエンジンが壊れて終わりましたけど(笑)。

──激しい走りをされたことがわかります。それにしても周りは“突然、凄いヤツが出てきた”と思ったでしょうね。

吉本:カート時代から一緒に戦っているみんなが顔見知りみたいなレースに、誰も全然知らない僕が入ってきたわけだから、“誰っ!?”っていう感じだったと思う(笑)。

──優勝を機にレーサーの仕事が軌道に乗っていくわけですか?

吉本:いや、全然です。2年目に『フォーミュラ・トヨタ』にフル参戦したんですけど、そこにかかる費用が1,000万円を超えると。スポンサーなんていないから、自分の金はもちろん、姉や親に援助してもらったり、ありとあらゆる方法で借金をしました。借金地獄ですよね。この年に芽が出なかったら、プロは諦めようという状況で参戦したんです。その年末、「韓国の市街地レースにスポット参戦しないか」という話があって。結果、勝てなかったんですけど、韓国で無敵と言われているドライバーを追いかけ回したら、その日のうちに「来年、うちで走らないか」という話をいただいて。韓国でレーシングスポーツは全然メジャーじゃないんですけど、そのときの自分にはなにもなかったし。それにギャラもいただけたので、通いで韓国のレースに参戦することにしたら、その年にシリーズチャンピオンになって。

──すごい。

吉本:同時にトヨタの『スカラシップ』に参加したんです。これは3日間の育成合宿で、一番成績のいいレーサーを翌年フルサポートするというプログラム。そこで僕はトップの成績を収めることができたんですが、いろいろあって、もう一つ上の『全日本F3選手権』という世界統一カテゴリーのオーディションを受けさせてもらえることになり、結果を掴み取りました。そこからトヨタにサポートしてもらえるようになったんです。
▲ベストアルバム第2弾『doa Best Selection “MIDDLE COAST”』

──実力でレーシングドライバーの道を切り拓いていかれたんですね。そもそもは自分が速いことを知っていたから邁進できたレーサーの道だったんでしょうか? それとも、好きなことにただただ没頭して今があるんでしょうか?

吉本:物心ついた頃から将来の夢はレーサーだったんです。だから、レーシングドライバーになるとずっと思っていたんですよね。「パイロットは儲かるらしい」という話を聞いて、そっちに興味がいった時期もありましたけど(笑)。

──ははは。そこからdoaを始めるまで、脇目もふらずにレーサーを志してきたという。ただ、そうするとレーシングドライバーとしての活動が軌道に乗ってきた頃、doaに参加したことになりますか?

吉本:そうですね。知り合いに徳永さんを紹介された初対面の時は、失礼ながら徳永さんがどういう人なのか知らなかったんですよ。前回の3人インタビューにもありましたけど、「ちょっと歌ってみてよ」という話も軽いノリというか遊びみたいな感覚で、その後、一緒になにかやることになるとは考えもしなかった。

──そもそも吉本さんの音楽的な背景は?

吉本:doaの音楽性のような1970年代ロックとかは知らなかったですね。ボン・ジョヴィだったり、オーストラリアで当時流行っていたテクノやUKロックを聴いていたんですよ。ただ、コーラスは好きでした。さっき話したオーストラリアの友達はクリスチャンで、僕はクリスチャンではないけど、毎週日曜日は一緒に教会に行っていたんですよね。そこでは毎回、生バンドが演奏をしたり、ゴスペルがあったりして、みんなで歌うことの楽しさを知っていたんです。だから、徳永さんと初めて話をしたときに、歌ったりハモったりすることは楽しいだろうなって。でも、それ以外のことはよくわかっていなかったから、doaが本格的に動き出すと、思ったよりも大きな話で“えっ?”と思いました(笑)。

──でしょうね(笑)。

吉本:その頃の僕は『F3』に乗っていて。レースのスケジュールはフィックスしているけど、それ以外は結構自由に時間を使えたんですよ。徳永さん自身も最初は僕がそんなにがっつりレースをしているとは思ってなかったんじゃないかな。だから話が進んでいくうちに、徳永さんもこれはマズいなと思ったような気がするんですよ(笑)。でも、制作に関するいろんなことが進んで、レコーディングから何から全てが面白かったですね。
■絶対に追い越せない先輩ふたり
■僕が優れているところなんてない

──それまでほとんど音楽の経験はなかったわけですから、シンガーとしても生まれつき高いスキルを持たれていたんですね。とはいえ、レーシングドライバーとミュージシャンを両立させている人は稀だと思います。2つの大きな人生を歩んでいることは、どんなふうに捉えていますか?

吉本:たしかにそういう人は、なかなかいないでしょうね。メチャクチャありがたいことだと思いますけど、たとえば、飲食店とカーショップといった2つの仕事をしている人はいっぱいいるじゃないですか。レーサーもミュージシャンも僕ら世代の憧れの職業だというのはありますけど、やってみると特別なことではないというか。たまたま2つの職業が両方ともエンターテイメントの分野だったという感覚で。

──なるほど。バランスはとれていますか?

吉本:レースに関してはさっき話したように、始める前から自信に溢れていたんですよ、絶対に自分は速いって。実際、最初からそこそこ速かったし、レース場でも頭角を現すことができた。でも、音楽はそこまでの自信がないんです。
──今でもですか?

吉本:はい。絶対に追い越せない先輩ふたりと一緒にバンドをやっているというのもあるし、あの人達よりも僕が優れているところなんて、ひとつもないですから。2人に近づくことはできるかもしれないけど、追い抜くことは難しい。それくらい徳永さんと大田さんはすごいんですよ。逆に、そういう気持ちでやっているから両方できるのかなというのもあるんです。僕がミュージシャンとしても絶対的な自信があって、ふたつとも自信満々だったら成り立っていないんじゃないかなという気がする。

──たしかにそうかもしれませんね。それにしても、レーサーとミュージシャンの両方に真剣に取り組んでいることはリスペクトしますし、そんな吉本さんから活力をもらっている人は大勢いると思います。

吉本:そうだといいんですけどね。doaを始めた頃は「レースをやっている」ということをミュージシャンの活動の中で言わなかったし、レースをやっているうえでも「doaをやっている」ということは言わずにいたから、10年くらい経った時でも、レース業界では僕がdoaのメンバーだということを知らない人がすごく多かった。それはふたつの現場を線引きしたいという気持ちがあったからなんですね。ただ、最近は若手レーサーの甲子園的な
をdoaが担当させてもらっているのでレース業界での認知度は上がったかもしれません。でも、土日になるとサーキットで毎回doaの曲が流れていたりして、それが僕にはすごく不思議な感じです(笑)。

──ところで、レーシングドライバーという職業は何歳くらいまで続けられるものなんですか?

吉本:第一線でバリバリという意味では、45歳くらいまで現役で走っている方はいらっしゃいますね。日本でいうとトヨタと日産とホンダが若手サポートをしているんですけど、若手が出てくると、ところてん式にベテランは押し出されるわけですよ(笑)。だから、若手ぶっておきます(笑)。
■ベストアルバム第1弾『doa Best Selection “ROCK COAST”』

2019年7月10日(水)発売
GZCA-5292 3,000円(+税)
01. 英雄
02. HERO
03. WINDOW (新曲)
04. 火ノ鳥のように
05. 青い果実
06. 白の呪文
07. ゼロの気持ち
08. FREEDOMxFREEDOM
09. 見えない海
10. RIDE ON
11. FLY HIGH
12. 危険なカーブ
13. コンビニマドンナ
14. GIMME FIVE
15. Run to you
16. SATURDAY NIGHT FEVER
17. どしゃぶり PaperDriver
18. 自由という名のブランド
19. テキサスホールデム


■ベストアルバム第2弾『doa Best Selection “MIDDLE COAST”』

2019年9月11日(水)発売
GZCA-5293 3,000円(+税)
01. THIS LIFE
02. I wish
03. CATCH(新曲)
04. SMILE
05. YOU&I
06. 君だけに気づいてほしい
07. 終わらないYESTERDAY
08. 拳
09. Siren
10. ハレ
11. TAKE IT EASY
12. FRONTIER
13. Amazing Days
14. サザンライツ
15. Route 26
16. 大人ラプソディー
17. HOME SWEET HOME
18. 無人島
19. 僕は君を壊したりしない


■「WINDOW」配信情報

配信スタート:6月12日より先行配信中
※テレビ東京系6局同時ネット他『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』7月度エンディングテーマ
※毎週木曜日 深夜0:12〜放送/7月4日(木)放送分より
※『doa Best Selection “ROCK COAST”』収録曲
・アルバムリリースに先駆け、2019年6月12日(水)よりダウンロード配信&サブスクリプション配信スタート。
・各配信会社他、Apple Music・Spotify・AWA・KKBOX・LINE MUSIC・dヒッツにてサブスクリプション配信中。
・楽曲「WINDOW」は、上司と部下の間に挟まれた中間管理職が、がむしゃらに生きる姿を描いたミドル世代への応援歌。「現状を変えてやる!新しい世界を切り開いてやる!…それをミドル世代がやらなくて誰がやる!!」といった反骨精神を表現した。


■<doa 15th Summer Live “open_door” 2019>

07月14日(日) 東京・赤羽 ReNY alpha
open16:00 / start16:30
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888
07月15日(月祝) 愛知・NAGOYA ReNY limited
open17:00 / start17:30
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
07月21日(日) 長野・LIVE HOUSE J
open17:00 / start17:30
(問)doarock 06-6110-0116
08月12日(月祝) 愛媛・松山サロンキティ
open16:30 / start17:00
(問)doarock 06-6110-0116
08月18日(日) 大阪・梅田 Banana Hall
open17:00 / start17:30
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
09月02日(月) 兵庫・神戸VARIT.
open18:30 / start19:00
(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
09月24日(火) 埼玉・西川口Live House Hearts
open18:30 / start19:00
(問)doarock 06-6110-0116
09月25日(水) 神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH!!
open18:30 / start19:00
(問)doarock 06-6110-0116
10月05日(土) 北海道・札幌Space Art Studio
open16:00 / start16:30
(問)doarock 06-6110-0116
10月14日(月祝) 福島・郡山CLUB♯9
open16:30 / start17:00
(問)doarock 06-6110-0116
10月19日(土) 岡山・livehouse IMAGE
open16:30 / start17:00
(問)doarock 06-6110-0116
10月27日(日) 福岡・DRUM SON
open17:00 / start17:30
(問)BEA 092-712-4221
▼チケット
前売:6,000円(税込 / 全自由 ※整理番号付)
当日:6,500円(税込 / 全自由 ※整理番号付)
※6歳未満入場不可
※開場時間より整理番号順の入場
※ドリンク代別途必要
※開場・開演時間は変更となる場合がございます
一般発売:2019年6月15日(土)朝10時より各プレイガイドにて

■関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着