ジョー・ペリー、エアロスミス初期の
スティーヴン・タイラーとの作曲過程
を語る

ジョー・ペリーが、エアロスミス初期におけるスティーヴン・タイラーとの曲作りの過程について語った。
ペリーは、『Ultimate Classic Rock Nights』のインタビューで、1974年リリースのシングル「S.O.S. (Too Bad)」を例にこう話した。「俺とスティーヴンはあの1年のほとんどの時期を同じアパートメントで過ごしていた。彼がドラムを、俺がギターをプレイするっていうのが、俺らの基本的なパラダイムだった。彼は本当に独創的なドラマーだよ。だから、彼の歌い方にはパーカッション風なところがあるんだ。彼は作詞には時間をかける。パーカッション的なサウンドを持つ言葉を使いたいからだ」

「彼がドラムを、俺がギターをプレイし、彼が変わったバックビートをぶつけてくると、俺がそれにあうコードを見つける。俺ら、そういうのを繰り返してた。カセット・プレイヤーを回しておいて、彼が歌い始めるんだ。“S.O.S.”はそうやって誕生した。リビングルームに小さなドラム・キットとアンプをセットアップし、メロディーと曲の流れはその日の午後、できてた」

「S.O.S. (Too Bad)」は、セカンド・アルバム『Get Your Wings』(1974年)からシングル・カットされた。

エアロスミス関連ニュースとして、彼らは現在、北米ツアー中だが、ドラマーのジョーイ・クレイマーが足首をねんざしたため、この数公演はドラム・テックのJohn Douglasが彼の代理を務めているという。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着