エビ中、夏の恒例野外ワンマン『ファミえん』を山中湖で開催!

エビ中、夏の恒例野外ワンマン『ファミえん』を山中湖で開催!

エビ中、夏の恒例野外ワンマン『ファ
ミえん』を山中湖で開催!

大型野外コンサート開催

8月4日に結成10周年を迎えたばかりの私立恵比寿中学(略称:エビ中)が毎年恒例行事として行っている大型野外コンサート『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん 令和元年in 山中湖 』が、<山中湖交流プラザ“きらら”シアターひびき>にて開催された。
【歌詞コラム】レキシ池田貴史楽曲提供『なないろ』。新体制となった私立恵比寿中学が架ける、七色の虹。
https://utaten.com/specialArticle/index/1960
『ファミえん』は遠足をテーマに行われる野外ワンマンコンサートとして、2013年に<河口湖ステラシアター>にて初開催。翌2014年の<山中湖交流プラザ“きらら”シアターひびき>、2015年の<越後丘陵公園(新潟県長岡市)>、2016年の<富士急ハイランド・コニファーフォレスト>、2017年の<モリコロパーク(愛知県>、2018年の<山中湖交流プラザ“きらら”シアターひびき>に続き、今年は7回目、令和元年初となる開催となり、約7,000人のファミリー(エビ中ファンの総称)が全国から集まった。
2019年も『ファミえん』ならではにアレンジされた登場SE「ebiture」から、ウォーターキャノンが打ち上げられ、盛大な幕開けで公演がスタート。
富士山が描かれたセットアップの衣装に、背中に“冷し中華”ならぬ“冷し中学”の文字が印象的な法被を羽織り、何とも夏らしい姿でメンバーが登場。
オープニングトラック「ラブリースマイリーベイビー」から「ほぼブラジル」「マブいラガタイフーン」「Go!Go!Here We Go!ロック・リー」と夏らしいアップチューンが序盤から続く。
MCで柏木(出席番号10番)が「今年も帰ってきました!山中湖!」と叫ぶと、中山(出席番号12番)が「ようこそ、みなさん『ファミえん』の聖地へ!」と続け、3回目となる山中湖での想いを伝えた。
自己紹介を終え、「あたしきっと無限ルーパー」「YELL」「テブラデスキー~青春リバティ~」に続き、「MISSION SURVIVOR」では、風船が入った巨大なバルーンボールが客席に出現。さらには、放水銃をもったメンバーが観客席に向かって水を放ちファミリーをずぶぬれにして盛り上げる。
「元気しかない!」では、メンバーが客席の間を水風船を投げつけながら駆け抜けるといった、水・水・水の演出で会場は大興奮。
今年の『ファミえん』では、なんと約30トンもの水が使われる迫力ある演出が続いた。
一転、次のブロックでは、7年前の最初の『ファミえん』から毎年披露しているお馴染みのバラード「いい湯かな?」で会場をカームダウンさせ、次第にあたりは夕暮れの闇に包まれていく。
時間の移り変わりを楽曲と共に楽しむのも『ファミえん』ならではの醍醐味。
後半ブロックに突入し、「紅の詩」「明日もきっと70点」「買い物しようと町田へ」「ちちんぷい」「HOT UP!!!」を5曲続けてパフォーマンス。
最後のブロックでは「summer dejave」「ナチュメロらんでぶー」と歴代の『ファミえん』テーマソングから、今年のテーマソングである「青い青い星の名前」を披露する中、花火が打ち上げられ華やかに本編を締めくくった。
小林が「終わっちゃったよー『ファミえん』。」と終演を惜しみながら、最後は全員で花道を周り、手を振りながら感謝の気持ちを伝えた。
そして再びメインステージに戻ると、安本より、「今年も大学芸会やらせていただきます!日程は、12月20日(金)、21日(土)の2DAYSです。会場は、幕張メッセ イベントホール!」と発表され、会場から大歓声が上がった。
2018年末、同会場で行われた大学芸会の2日目のリハーサル中に怪我をした星名は、「3日間あるうちの1日目しか私は出れなかったので、だからもう1回みんなと同じ景色を見て2日間やらせていただけると聞いて、まだドキドキしているところもあるのですが、同じ内容ではないのでリベンジにはなりませんけど、一緒にまたこの6人で幕張メッセのステージに立てるのはうれしいですし、たくさんの方と楽しい年末を過ごしたいと思うので遊びにきてください。」と大学芸会への想いを伝え、メンバーはステージを後にした。
アンコール1曲目は「FAMIEN’19メドレー」と題し、メンバー6名それぞれがステージや花道から登場して、中山「ご存知!エビ中音頭」~真山「こりゃめでてぇな」~柏木「I can't stop the loneliness」~星名「出席番号の歌 その2」~安本「早弁ラップ(FAMIEN ver.)」~小林「あるあるフラダンス」を各々のアレンジで1フレーズづつを歌い繋いでいく。
そして新元号“令和”から再注目されることとなった「梅」、さらには「イート・ザ・大目玉」「Family Complex」とライブ定番曲を熱唱し、真山の最後の挨拶に続いて「星の数え方」を歌い上げ、約2時間30分超におよぶ公演を締めくくった。
セットリスト
エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん 令和元年 in 山中湖
2019年8月17日(土)@山中湖交流プラザきらら シアターひびき
SE ebiture(FAMIEN令和ver.)
M.1 ラブリースマイリーベイビー
M.2 ほぼブラジル
M.3 マブいラガタイフーン
M.4 Go!Go!Here We Go!ロック・リー
-MC-
M.5 あたしきっと無限ルーパー
M.6 YELL
M.7 テブラデスキー~青春リバティ~
M.8 MISSION SURVIVOR
M.9 元気しかない!
-MC-
M.10 いい湯かな?
M.11 朝顔
M.12 EBINOMICS
M.13 あなたのダンスで騒がしい
M.14 感情電車
-MC-
M.15 紅の詩
M.16 明日もきっと70点
M.17 買い物しようと町田へ
M.18 ちちんぷい
M.19 HOT UP!!!
-MC-
M.20 summer dejavu
M.21 ナチュメロらんでぶー
M.22 青い青い星の名前
-アンコール-
En.1 FAMIEN’19メドレー(中山「ご存知!エビ中音頭」~真山「こりゃめでてぇな」~柏木「I can't stop the loneliness」~星名「出席番号の歌 その2」~安本「早弁ラップ(FAMIEN ver.)」~小林「あるあるフラダンス」)
En.2 梅
En.3 イート・ザ・大目玉
En.4 Family Complex
-MC-
En.5 星の数え方
Photo by 中島たくみ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着