日常の中にあるノンフィクションを描く高橋優『素晴らしき日常』

日常の中にあるノンフィクションを描く高橋優『素晴らしき日常』

日常の中にあるノンフィクションを描
く高橋優『素晴らしき日常』

目を背けたい現実を突きつけられる
人間の深層心理やニュースで取り上げられている事件を聴き手が鮮明に思い描くことのでき、多くの人が共感できる歌詞。
素晴らしき日常
素晴らしき日常 歌詞 「高橋優
https://utaten.com/lyric/jb71007078
有名人で真面目そうな人が犯罪に手を染めた時に騒ぎ立てるマスコミや、そのニュースを基にしてあることないこと憶測を立て盛り上がる人々を冷静かつ客観的に見ていて、一見皮肉のようにも聞こえる。
素晴らしき日常 歌詞 「高橋優」
https://utaten.com/lyric/jb71007078
社会問題にもなっているいじめに対して、加害者である少年の気持ちが表されているが、この気持ちに対して共感した人は少なくないはずだ。
誰しもが加害者にも被害者にもなり得るいじめという問題に斬り込み人間の心理を暴いているのと同時に、1人の少年が全て悪いかのように報道されることへの疑問も読み取れる。
本当のことは当人たちにしか分からないのに、脚色された報道とその報道を見聞きした周りの勝手な憶測。人は代わり映えのない日常生活の中で非日常なことを欲しているから、このような事象が起きるのは仕方のない事かもしれない。
そう分かってはいても、どこか矛盾を感じる世の中に釈然としない高橋優自身の思いが反映されている。
生きづらさを感じた時に聴いてほしい
素晴らしき日常 歌詞 「高橋優」
https://utaten.com/lyric/jb71007078
日常生活を送る中で、世の中や人間関係に矛盾を感じることは多く、辛くやるせない気持ちになることもある。置かれている環境や他人を変えることに比べれば、自分の見方や意思は変えようと思えば変えられる。
「まだ笑うことはできるかい?まだ歩くことはできるかい?」は励ましにも似た優しさだ。
生きることが億劫になって、歩みを止めてしまいたくなる時にこの曲を聴くと“辛いのは自分だけじゃない。”と思えて明日へ踏み出す勇気が湧いてくる。
高橋優が訴えるこの歌は、きっと多くの人の心に刺さるはずだ。
TEXT 蓮実 あこ

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着