G-FREAK FACTORY主宰<山人音楽祭>
最終発表でテナー、石崎ひゅーい、E
NTH、スサシら6組

9月21日(土)、22日(日)の2日間、群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて開催されるG-FREAK FACTORY主宰のロックフェスティバル<山人音楽祭2019>の出演アーティストの最終発表が行なわれた。
今回出演が明らかになったのは、Ivy to Fraudulent Game石崎ひゅーいSPARK!!SOUND!!SHOW!!ENTHストレイテナーFOMAREの6組だ。Ivy to Fraudulent Game、石崎ひゅーい、SPARK!!SOUND!!SHOW!!は21日(土)、ENTH、ストレイテナー、FOMAREは22日(日)に出演する。
▲Ivy to Fraudulent Game
▲石崎ひゅーい
▲SPARK!!SOUND!!SHOW!!
▲ENTH
▲ストレイテナー
▲FOMARE

また、4回目となる<山人MCバトル>が9月22日(日)に開催されることも決定した。MCバトルの出演者についての詳細は後日発表予定とのことだ。こちらもお楽しみに。

<山人音楽祭2019>

2019年9月21日(土)、22日(日)群馬・ヤマダグリーンドーム前橋
開場 9:30 / 開演 11:00
出演:
【9月21日(土)DAY 1】
Ivy to Fraudulent Game/石崎ひゅーい/打首獄門同好会ザ・クロマニヨンズサンボマスター/G-FREAK FACTORY/四星球/SPARK!!SOUND!!SHOW!!/竹原ピストルDJダイノジ/NAIKA MC/NakamuraEmiNAMBA69ハルカミライHAWAIIAN6フラワーカンパニーズHEY-SMITH夜の本気ダンスlocofrank

【9月22日(日)DAY2】
ACIDMANAge Factory/ENTH/OAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND) /OVER ARM THROWCreepy Nuts/Survive Said The Prophet/G-FREAK FACTORY/SiM/SHANK/ストレイテナー/Spinna B-ILL高木ブー10-FEET/FOMARE/ヤバイTシャツ屋さんLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS/ROTTENGRAFFTY

▼チケット発売
6月22日(土)10:00より各プレイガイドにて一般発売
【一般発売プレイガイド】
・イープラス: https://eplus.jp/yamabitoongakusai/
・チケットぴあ: https://w.pia.jp/t/yamabito/ 0570-02-9999 Pコード:144-869
・ローソンチケット: http://l-tike.com/yamabito-ongakusai 0570-084-003  Lコード:74189
・LINE TICKET: https://ticket.line.me/sp/yamabito-ongakusai ※1日券のみの取り扱い

【チケット券種・料金】
・1日券(9月21日) 8,000円
・1日券(9月22日) 8,000円
・2日券 15,000円
・駐車場付 1日券(9月21日) 9,000円 ※SOLD OUT
・駐車場付 1日券(9月22日) 9,000円 ※SOLD OUT
・駐車場付 2日券 17,000円 ※SOLD OUT
※小学生以下のお子様は、保護者1名の同伴があれば無料で入場可能

[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)
主催・企画・制作:DISK GARAGE/BADASS

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着