アンディ・スニープ「ジューダス・プ
リーストが必要とする限り、彼らを手
伝う」

グレン・ティプトンの代わりに、この1年数ヶ月、ジューダス・プリーストのツアーに参加してきたアンディ・スニープは、この先も「彼らが望む限り、やり続けたい」そうだ。
ジューダス・プリーストは、スニープを迎え2018年3月に開始した<Firepower>世界ツアーを6月終わりに終了したが、2020年にはオジー・オズボーンとのUK/ヨーロッパ・ツアーほか、バンドの50周年記念ツアー開催を予定している。

ロブ・ハルフォードは昨年夏、スニープがプロデューサー/ミキサーとしても多忙なことから、「アンディはこのツアーが終わるまで俺らに同行してくれると言って差し支えないと思う。その先のことはまだ考えられない」と話していた。

そしてツアーが終わったいま、『Talking Bollocks』ポッドキャストに出演したスニープは、今後についてこう語った。「グレンができたら素晴らしかった。僕の中にはいつもその思いがある。でも、彼から頼まれたのは嬉しかった。彼らが僕の助けを必要とする限り、僕は彼らを手伝う。僕はそう考えている」

来年1月終わりから3月半ばにかけて開催予定のオジーとのツアーは、すでに参加するよう頼まれているそうだ。

ジューダス・プリーストはまた、2020年7月30日にドイツで開かれるフェスティバル<Wacken 2020>に出演することを今週、発表した。ここでのパフォーマンスは50周年記念の一環で、この時期に記念ツアーが開催されるのではと考えられている。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」