8月4日@新宿ReNY

8月4日@新宿ReNY

あっとくん、
CDデビュー日に
ワンマンライブを開催

あっとくんがCDデビュー日である8月4日(日)に東京・新宿ReNYにてワンマンライブ『あとわん!vol.2~CrazyCrash~』を開催! 450人を超えるオーディエンスを熱狂させた。

会場満員のファンが開演を待ちわびる中、イントロが鳴り響き、ステージの緞帳が上がり、いよいよステージがスタート。“どーもー! 来てくれてありがとう。今日は盛り上がって行くぞー!”という言葉と共にあっとくんが登場すると、ペンライトの光で赤く染まった客席からは大歓声が沸き上がった。

オープニングチューンは「ベノム」。あっとくんのエロ可愛さが前面に出たアッパーなボカロ人気曲での幕開けに、会場のボルテージは一気に上がる。2曲目「アンドロイドガール」も畳みかけるようなアッパーチューンで、早くも会場のボルテージはMAXに! 続く「マトリョシカ」「いーあるふぁんくらぶ」ではファンとの掛け合いを行なって距離を縮めた。

MCでは整理番号での抽選で選ばれたオーディエンスたちからリクエストを募り、それぞれにイケボでスペシャルな一言をプレゼントして会場を沸かせる場面も。そして5曲目に披露したのは、あっとくん自身もYouTubeに“歌ってみた”動画をアップしているみきとPの人気曲「ロキ」。ステージを左右に大きく使い、まだ数回のワンマンしか経験していないとは思えないパフォーマンスを見せた。

すると、そこからステージの世界観は一転。「独りんぼエンヴィー」「吉原ラメント」と、聴いていて切なさに胸が苦しくなるような曲が続く。ステージは終盤へと入り、「イイコリ先生」、DECO*27の名曲「ヒバナ」と続き、同じくDECO*27の多幸感溢れる「おじゃま虫」で本編は終了。この「おじゃま虫」ではサビパートで観客が“好き!”というコールを絶叫し、間奏では口上も交え、強烈な一体感が生まれていた。

鳴りやまぬアンコールの中、ステージに戻ったあっとくんは、これまでの活動を振り返り、この日のステージに立てた感謝を述べる。今後の活動に関しても“冬に大きなことをしようと思っている、その発表は秋ぐらいに出来ると思う。これからもずっとついてきて欲しい”と語った。

アンコールの2曲は、この日に発売されたばかりのデビュー両A面シングル「CrazyCrash/ラマ」。待望の新曲を本当に嬉しそうに披露する姿に大満足のオーディエンスたち。いつまでも鳴りやまぬ拍手と歓声に包まれ、新しいスターの誕生を感じたステージとなった
シングル「CrazyCrash/ラマ」2019年8月2日発売
    • FSFL-1001/¥1,200(税込)
    • <収録曲>
    • 1. CrazyCrash
    • 作詞:ななもり。作曲:内山栞 編曲:内山栞
    • 2. ラマ
    • 作詞・作曲:ほのかりん 編曲:古川ヒロシ
    • 3. CrazyCrash(カラオケ)
    • 4. ラマ(カラオケ)
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY
8月4日@新宿ReNY

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着