7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)

7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)

天月-あまつき-、
10周年ライブ3公演で2万人を動員。
“みんながいるから、最強です!!”

天月-あまつき-が、7月31日(水)に10周年アニバーサリースペシャルライブ『天月-あまつき- 10th Anniversary LIVE『The StarLight Seeker』』を大阪・大阪城ホールで開催した。

自身初となる同会場での単独公演。アンコール3曲を含めた全21曲、約3時間のスペシャルステージを、全国から集った1万人と共に楽しんだ。

“さぁみんな一緒に!!”、天月-あまつき-の開幕の一声で、一瞬にして会場全体がペンライトで赤色に染まり、激しく揺れ動く。アップテンポな「流れ星」で、序盤からスピード感のある展開に。曲によってはダンス、ギターやキーボードでの弾き語りも織り交ぜられ、エンタメ感溢れるステージを作り上げていく。“歌でみんなに思いを伝えたい”、そんな意思が伝わってきた。

終盤ではメインステージからトロッコでアリーナ内を移動し、観客に360度囲まれたセンターステージへ。そこで、自身の10周年アニバーサリーライブに向けた想いを語る。

““2018年の日本武道館ライブは自分にとっての集大成として臨んだけど、もしかしたらここでやりきってしまって、自分の音楽活動が終わってしまうのではないか”。そう思うととても怖かった。でもこうやって10周年をこの場所で、ここにいるみんなと一緒に歌うことができて本当に嬉しくて嬉しくて。武道館以来ずっとこの瞬間を待っていました。そして、この先ももっと大きな場所でみんなと会いたいし、いろんなことをやってみたい、そんな気持ちになれました。ありがとう!! 今日のステージでは僕の10年間の“軌跡”をみんなに知ってもらいたかったし、みんなとここで“奇跡”的な出会いが叶った物語になりました。『The StarLight Seeker』という物語です”。

アンコール最後の曲「きっと愛って」では会場の1万人と大合唱。その後“僕の周りにはこんなにたくさんの人、一緒に曲を作ってくれる仲間たち、バンドメンバー、ダンサー、イラストレーター、動画クリエイター、スタッフ、そしてここにいるみんなが一緒にいるから、最強です!!”と力強く語り、ライブは幕を閉じた。

なお天月-あまつき-は7月27日(土)、7月28日(日)は神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで10周年アニバーサリーライブ・イベントを開催。大阪城ホール含め3公演で2万人を動員した。8月10日(土)には茨城・国営ひたち海浜公園で行なわれる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』への出演が決定している。

Live photo by SARU(SARUYA AYUMI)

【セットリスト】
1.流れ星
2.シューティングスター
3.Sing!Swim!Swing!
4.恋に溺れて
5.月曜日の憂鬱
6.ネバーエンド・ランド
7.星月夜
8.夜明けと蛍
9.1/6 out of gravity
10.きみだけは。
11.Ark
12.マリオネットラヴァーズ
13.ヒロイックシンドローム
14.This Night
15.儚きゴースティング(※新曲)
16.ホシアイ
17.コスモノート
18.アストロスト
19.スターライトキセキ
<ENCORE>
1.恋人募集中(仮)
2.Hello,My Story(acoustic ver.)
3.きっと愛って
7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)
7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)
7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)
7月31日@大阪城ホール photo by SARU(SARUYA AYUMI)
天月-あまつき-

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着