【ライブレポート】サイダーガール、
敬愛する先輩・KEYTALK招いた対バン
ツアーファイナル

サイダーガールが7月25日、初対バンツアー<ぼくらのサイダーウォーズ3 -先輩、よろしくお願いします->のファイナル公演を東京・SHIBUYA CLUB QUATTROにて開催した。
本ツアーは、“メンバーが敬愛し、多大な影響を受け、どうしても共演したいと願ってやまない先輩バンド”を招いての対バンツアーとして企画されたもの。愛知、大阪に続く東京公演にはKEYTALKが出演し、サイダーガールからのリクエストだという「太陽系リフレイン」からライブをスタートした。

KEYTALKは5月にユニバーサルミュージックに移籍したため、サイダーガールとはレーベルメイト。所属歴のみで言えばサイダーガールの方が先輩であることに触れつつ、「この先、僕らが主催でイベントをするときは(サイダーガールに)ぜひ声をかけたいと思います」と約束した。
後半は、移籍第1弾シングルより「BUBBLE-GUM MAGIC」、最新曲でKAGOME「GO!ME.」プロジェクト テーマソングとして書き下ろした「ララ・ラプソディー」を聴かせ、最後は「みんなで一緒にパリピになりましょう!」と煽り「Summer Venus」で締めくくった。
サイダーをコップに注ぐ清涼感たっぷりの音を使用したSEが流れ、KEYTALKで熱く盛り上がった会場を満たすとサイダーガールが登場。青の照明を背にしてステージに現れたメンバーを大歓声が迎え、「エバーグリーン」「メッセンジャー」「パレット」と、アップテンポなナンバーで彼らを待ちわびていた観客の渇きを潤していく。MCでは、「KEYTALK先輩がツアーに呼んでくれるって言ったの、僕らは聴き逃してないので」とYurin(Vo&G)が念押しして笑いが起こった。
Yurinの弾き語りから「約束」、タオル回しでひとつになった「オーバードライブ」、最新シングル曲「クローバー」で本編が終了。アンコールではKEYTALKへの愛を伝えるべく、フジムラ(B)とYurinによるツインボーカルで「太陽系リフレイン」をカバー。途中でKEYTALKの八木優樹(Dr&Cho)がステージに乱入してフロアへダイブするというハプニングもあり、観客からは喜びの声が上がった。

最後には、この日誕生日を迎えたフジムラにKEYTALKから顔面ケーキのサプライズも。両バンドの仲の良さを感じさせるツーマン公演となった。
撮影◎イシワタ タツル

■KEYTALK セットリスト

1.太陽系リフレイン
2.fiction escape
3.MABOROSHI SUMMER
4.桜花爛漫
5.黄昏シンフォニー
6.セツナユメミシ
7.Love me
8.BUBBLE-GUM MAGIC
9.ララ・ラプソディー
10.FLAVOR FLAVOR
11.MATSURI BAYASHI
12.Summer Venus


■サイダーガール セットリスト

1.エバーグリーン
2.メッセンジャー
3.パレット
4.ハートビート
5.ぜったいぜつめい
6.リバーシブル
7.化物
8.ドラマチック
9.夜が明けるまで
10.約束
11.オーバードライブ
12.クローバー
EN1.太陽系リフレイン(KEYTALKカバー)
EN2.メランコリー

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着