【インタビュー】鳴ル銅鑼、異形の傑
作と呼ぶにふさわしくすべてを飲み込
んだニューアルバム『和モノ』

とんでもないモノを聴いてしまった。岐阜が生んだハードコア歌謡ロックバンド鳴ル銅鑼のニューアルバム『和モノ』のことだ。飛躍的に向上した演奏力、オルタナ、エモ、ファンク、歌謡ロックまでを飲み込むバラエティ、三輪和也の天才的なメロディ・センスと詩人の魂、どれをとっても令和最初の異形の傑作と呼ぶにふさわしい。ミュージック・ビデオ「奴隷」もすごい勢いで再生回数が伸びている。天運我にあり。音楽家・三輪和也の思想の中へ思い切って飛び込んでみよう。

■ロックとは絶対に先は尖っていなければいけないけど
■むやみに人に向けてはいけないナイフのようなもの

──平成が終わっちゃいましたね。

三輪和也(以下、三輪):終わりましたね。やっと平成生まれの人たちの出番ですね。

──ん? どゆこと?

三輪:平成生まれの人はまだ平成という時代を象徴するまでには至っていない。昭和に生まれた人たちが平成という時代を作っていったと思うんですよね。だから平成は昭和の人の時代で、令和が平成の人の時代だと思うんです。20歳を超えて事業を始めたり、こうして音楽をやってる人がいたりして、これから平成生まれの年代が活躍するので、やっと僕らの出番だなという感じがしています。

──いい言葉。本当に象徴的だと思うのは、『無知』から始まってるわけでしょう、このバンドって。それから『極彩色』に行って『文明開化』して『汎神論』に至る。あの前作でバンドの意思というか、三輪さんの思想を天下に宣言したんだなと僕は思っていて。それで令和の最初に何を出すのかと思ったら『和モノ』というさらにすごいのが来たわけです。

三輪:順番がちゃんとしてるのは、それが僕自身だからなんです。『無知』から生まれて、思春期のぐちゃぐちゃに混沌とした感じが『極彩色』で、決意表明として国を建てようというのが『文明開化』、次に宗教や思想が芽生えたのが『汎神論』で。そうなった時に、ぐるっと見回して“僕は自分のことばかり歌ってきたな”というのと、これからも自分のことを歌っていくし、歌詞というものは自分のことを歌わないと意味のないものだと思うから、今回『和モノ』という、三輪和也の和という字を使ったんですけど、“和モノ=僕のもの”でもあり、日本のものでもあり、すべてが円となって和むものでもあるんです。

──すごいな。なるほど。

三輪:もう一個僕が大事にしてる含みの意味があって、男性のみなさんだったらわかると思うんですけど、僕はレンタルビデオショップで働いていて、ジャンルでは洋モノというジャンルが好きだったんです。海外のアダルトビデオは“洋モノ”と俗称されているんですね。僕が小さな頃に父親はロックバンドが好きだったんですけど、親に隠れて聴く音楽があったんです。たとえばエモーショナル・ハードコアのバンドで、自傷行為をしている人や全身ピアス、全身タトゥーが入ってたりする人がいて、そういう人たちのバンドを聴いていることは親に言ってなかった。親にはRCサクセションぐらいまでですよ。ポルノも一緒だと思っていて、ロックバンドというのは親に紹介していいものとは思ってないんです。親に隠れて聴くのがロックだと思っている。そもそもロックは大衆のものではなくて、大衆に属していない人間が大衆に向けて武器としてかざすもので、看板として掲げるものではないということに気づいたんです。絶対に先は尖っていなければいけないけど、むやみに人に向けてはいけないナイフのようなもの。そういう卑しいものという意味も含めて『和モノ』にしました。
──これでインタビュー終わりにしてもいいな。完璧な理由。

三輪:僕はそういうつもりで今回のアルバムを作ったので、次はどうなるかな?というのは正直言って今は無い。自分はこれですというものなので、言うなれば『極彩色』に近いのかもしれない。僕は自分の躁鬱というかカオスな内面をコンプレックスに思っていたけれど、結局これをやめられないからこれで行く。いろいろ悩んで、『汎神論』で思想を掲げたけれども、自分が自分に抗うのではなくて、自分に従おうと思いました。悪いところも良いところも含めて、すべてが入っているアルバムです。一概に美しいとは言えないですけど、だからこそ美しいと思っています。
──考えてるレベルが違うね。偉そうに言っていい? その年代のインディーズのバンドは、どうやったら売れるかとか、動員が増えるかとか、半分くらいはそういうことを意識して曲を作ってる印象があるけど。

三輪:それは結果ですよね。売れる売れないは結果であって、目的になってはいけないというか。売れたいという情熱はエネルギーになるから、それはそれでいいことだと思うんです。だから目的の違いだと思うんです。僕がなりたいものと彼らがなりたいものは違う。彼らがなりたいものはミュージックステーションに出ている人たちで、僕がなりたいのはそうじゃなくて、シド・ヴィシャスやカート・コバーンのような、誰かの命を救うというか、自分を救いたいんですよ。僕は自分のことをなんとかして好きになりたくて、そのために音楽をやっているんです。たぶん売れるというかわかりやすいものを目指す人は、もうちゃんと自分のことを好きだと思うから、本当は音楽をやらなくたって、何やったってうまくいく人。僕は売れるかどうかわからないけど、間違いなく誰かにとって薬になる音楽を作れると思うし、僕にとって薬になっているからという、目的の違いだと思います。ただそれが本当に認められたら僕は面白いと思うから、僕が売れたら良い世の中になってるとは思います。僕らみたいな自由に好きなことをやる音楽が認められたら、みんなが好きなことをやっている証拠なので、やる意味はずっとありますね。でもそうじゃない人たちを軽蔑したりはしてないです。売れたいという情熱が強くて、そのためにこうしているという人に対して、別の仕事をしている人というふうに僕は見ているので、そういう世界で頑張っているんだなと思います。だから軽蔑もしてないですけど、そういう人が多いとは思います。それはしょうがないんじゃないですかね。ユーチューバーがなりたい職業になってしまう世の中だし。人は誰しも嬉しいですからね、キャーキャー言われたら。僕だってそうですし、人に認められるのは嬉しいことだから。

──承認欲求の時代だとは思うんですよ。明らかに。

三輪:でもそれは、昔からきっと変わってないですよ。人は誰かに認められることがすごく気持ちいいし。ただ何で認められたいかをしっかり見定めないと、認められたあとに迷子になる人が多いイメージですね。売れて何不自由ない生活をしているように見えている人が、実は問題を抱えていたりするから。好きなことをやらずに認められたら、嘘の自分を続けなきゃいけなくなるから、辛いのかなとは思いますね。それはそういう人にしかわからないし、僕にはまだわからない。一生わかるつもりもないですけど。
■前と同じものばかりになったらアルバムを出す理由がなくなる
■それが解散の日だねと言っています

──このアルバムは、第一印象として演奏力がすごく上がったと思っていて、特にファンキーで粘っこい感じのグルーヴの出し方がかっこいいなとすごく思いましたね。

三輪:嬉しいです。アルバムごとに新しいノリを覚えて“よし、できるようになった”って思うと、次はまた新しいことをやらされるから、“俺たちずっと練習しなきゃいけないね”って言われます(笑)。でもバンドってそういうものでしょう。僕がどんどん新しいことをやりたいというよりは、元々やれることは全部やりたくて、技術の向上と共にやれる内容が増えて来たから、バンドが成長している証拠。前と同じものばかりになったら、アルバムを出す理由がなくなるから、それが解散の日だねと言っています。続いてるということは昨日より良くなっているということで、もっと良くなると思いますよ。

──たとえば1曲目「新世界」みたいな、王道オルタナ・ロック・バラードというのかな。こういう壮大な感じも、今までなかった気がする。

三輪:これはルーツで言ったらレディオヘッドです。仮タイトルが「BENDS」だったんですよ。イントロでどうしてもギターのチョーキングを使いたかったんです。ゆっくりと長いノリでブレイクの少ない大きな曲を作りたかったんです。日本にはそういうノリの曲が少ないと思うので。ギターロックに寄るんじゃなくて、もっと適当な感じというか、参考にしてるのは奥田民生さん。あれぐらいゆったりとした大きな隙間の多いノリを作りたかったんです。音楽で自由ということを象徴したくて。“僕等、何処へでも行ける”って歌詞にもありますけど。

──これは自由宣言でしょう。アンセム。

三輪:メンバーからは、“三輪和也の当たり前節”と言われていました(笑)。和也の当たり前だけを歌ってるって。人から同情されるのも嫌だし、かといって病気を盾にするのもおかしい、誰のせいでも誰のためでもなく自分のために今を生きましょうという曲です。

──ミュージック・ビデオを作った「奴隷」は何を歌っているんだろう。

三輪:「奴隷」は…暗い曲だという印象を受けやすいんですけど、あれは反逆の歌で、“立ち上がれ”ということなんです。僕たちはみんな社会のヒエラルキーの中で飼い慣らされて、知らない間に常識が植え付けられる。まるで育てられた奴隷のような生活かもしれないけど、実はそれはいつでも変えることができる。なぜ自分を奴隷だと思ってしまうかというと、それを脱却したいと思うからであって、精神的な奴隷のままで終わりたくはないから。どんな苦しい目に遭っても自分は自分の足で立つ意義を見出したいという決意表明の曲です。いろんなものに不安があって、僕はボロボロになるし、間違ったことも言うだろうし、だけど“散らせど枯らせど殺せない/屍の海の中”という歌詞のように、何回も自分のことを捨ててきて、“その屍は海の中にあって、もう死ぬ体なんて残ってないし、この体でてっぺんまで登ります”という意味です。僕の中ではポジティブな曲で、“なめんな”ってことではあるんですけど。
──そうそう。「奴隷」から「文句-修羅編-」「イケスカナイ」まで、だいたいアルバムの前半は“なめんな”っていう曲ばかりでしょ。

三輪:そうですね(笑)。根がヤンキーなので、しょうがないかもしれない。なめられるとか馬鹿にされることが一番嫌いなんで。人に下に見られるのも人を下に見るのも嫌。ハードコア畑で育ってしまったので、リスペクトがない人間関係が作れないんです。そこに対する不満がいっぱいあって、それが歌詞になるんだと思います。気に入らないことが多いんでしょうね。ただ自分の悪いところもダメなところもわかって言ってるし、悪いことをやったことも後ろ指をさされたこともない奴に言われる筋合いはないというだけのことです。

──そして後半はね、もう愛の歌ばっかり。「愛を喰らわせたい」が特にそうだけど、この人愛のことばかり考えてるんだなってすごい思った。

三輪:僕は愛というものが最高のエネルギーだと思っています。プラトンの「饗宴」にあるんですけど、エロースというものは、人が努力して見につける全ての技術よりも上の、全ての原動力がエロースであるということ。愛は自分を永遠にする唯一の方法で、愛情を持つことによって、この肉体を抜け出して人の中で永遠に生きることができる。愛なしでは必ず破滅すると僕は信じています。誰かと交わること、承認されることが最大の欲求になるし、人は人と交わることが絶対条件だと思います。僕はそこにコンプレックスも抱いていて、一人で孤独でいたら傷つかずに済むのに、傷ついても人と交わりたいという無限ループの中にいる。嫌だけど求めてしまう。愛とか夢とか目に見えない感情はいつもそうです。触れることはできないけど捨てることもできない。だから崇高なんだとずっと思っていて、僕は愛を永遠のテーマだと思っています。男女の愛だけじゃなくて、エロースというものを生涯のテーマとして書き続けると思います。だから12曲あったら、半分ぐらいは愛のことです。だって一番の疑問ですもん。

──「愛を喰らわせたい」はすごくいい曲。エロースの問題を詩的でロマンチックな男女のラブ・ストーリーに落とし込んでいる。

三輪:これは恥ずかしいぐらい自分のままですね。一切の綺麗ごとなしのラブソングです。こんな男はダメですよということです。

──めちゃめちゃめんどくさい男(笑)。勝手だし。“君を傷つけないとは言わない/離さない”って、どっちだよって(笑)。

三輪:嘘でも“君を傷つけない”と言うべきですよね(笑)。でもそれもわかった上で、僕が恋をした時に相手に与えられるものは誠意しかないと思うんですよ。僕は自分のことが嫌いで、人より秀でた何かがあるとは思っていない。そういう人間が人に与えられるものは屈託のない誠意しかない。だから“傷つけないよ”という嘘さえもつかないという話なんです。絶対に傷つけるし、でも絶対に君のことを離さないし、“誰も追いつけないよ”と思うけど、“今だけは君だけに捧げたい”。僕は君以外にも触るだろうし、でも好きという気持ちに嘘はつかないから“全身全霊の愛を”とまっすぐに歌う、それだけの歌なんです。けっこうクズ野郎なんですけど。

──いやー、超リアルでしょ。

三輪:ほんとリアルな歌で、こういう男っていると思うんです。悪いことやっちゃったから隠そうじゃなくて、謝って怒られて、また悪いことしちゃって、また怒られて。それが誠意だと僕は思うので。隠し事ができるほど僕はかっこよくないから、隠し事はしないという誠意だけは持って帰ってほしいという歌です。

──これは曲調もJ-POPだし、すごいキャッチー。ビデオとか作って、広まってほしいな。

三輪:元々バンドのためというよりは、弾き語りで作っていた曲で、それを3人に聴かせたら意外と共感しちゃって。僕はもうちょっと3人はかっこいい奴だと思ってたんですけど、同じクズ野郎だったという(笑)。3人が“この気持ちめっちゃわかる”とか言うから“わかるなよ!”と言って(笑)。じゃあバンドでやろうかという話になりました。でもこの曲が好きということは、けっこうクズなんですね。

──クズだよ(笑)。いいじゃん。

三輪:でもそれをわかってる人はクズじゃないと思う。立ち振る舞いがわかってるから。わかってない奴が怖いですよね。ありがとうございます、嬉しいです。
──そして最後の12曲目に「漂着」がある。

三輪:これは書きたいものはあったんですけど漠然としていて、レコーディングぎりぎりになって歌詞ができました。ぼやっとした中に答えを見つけるのがこの曲の表現なんだろうなと思って「漂着」というタイトルにして、ぼやっとしたまま曲にしました。明確に“これです”という提示はないんですけど。

──これは良い歌詞ですよ。深い愛を歌っていると思うし、“僕は自由を待っていた/君は宇宙を知っていた”とかすごくグッとくる。ぼやっとしてるけどいろんな解釈ができるようになっている。

三輪:それが詩だと思うんです。100人いたら100人違うことを思えるのが詩だと思うし、どういう受け取り方をされても正しいと思います。“僕らは僕らを赦す為に一つになるんだろう”という言葉を、どういう捉え方をされても、僕の思っている通りだと思います。言葉がその人のものになれば認められた証拠だと思うので。これを聴いているとかっこいいとか、応援したいとかじゃなくて、“これは私の曲だ”と思える曲が理想の音楽だと思います。僕も勝手にそう思っている曲があるし、このアルバムの曲が一つでも誰かにとってのそういう曲になればいいし、そのためにやっていますという感じです。

──全12曲、楽しんでくださいみなさん。そしてツアーも楽しみにしています。出演するメンツがかなり良くて、Yellow StudsThe CheseraseraCIVILIAN真空ホロウBrian the SunLUNKHEADLAMP IN TERRENとか。

三輪:僕らの好きなバンドを呼ばせてもらいました。かっこいいバンドばかりだし、僕らも自分たちのビジョンがある人たちとやりたいと思っています。もう疲れたので、いい加減な感じの付き合い方は(笑)。もう28歳で、打ち上げの会話とかも“おまえらまたその会話か?”みたいな、特に話すこともないので、話すことがある人たちを呼びました。ライブが終わったあとに、音楽じゃなくても人としてちゃんと話せる人とやらせてもらいます。

──令和を作るために。

三輪:そうですね。みんなで一緒になって。物事を悪くしようと思う人は誰もいないし、良くしようと思っているはずなので。良い時代にしようとか、大それたことは思ってないですけどね。僕らが楽でいられるように、楽しく平和にやろうという感じです。

取材・文●宮本英夫
リリース情報

3rd Album『和モノ』
発売日 : 2019年7月3日(水)
品番:KAJP-001
価格2,222円+税
【収録楽曲】
01. 新世界
02. 奴隷
03. 幻
04. 浮世絶ツ絵空
05. 文句 -修羅編-
06. イケスカナイ
07. ASOBI
08. 春ヨ然らば
09. 愛を喰らわせたい
10. 熱帯夜
11. 絡繰
12. 漂着

「和モノ」ストリーミング・配信リリースは下記リンクから
https://lnk.to/Wamono

ライブ・イベント情報

<鳴ル銅鑼“和モノノ化ケモノ”ツアー>
7月12日(金) 京都・京都GROWLY w/ LAMP IN TERREN
7月17日(水)岐阜・柳ヶ瀬ants w/ Brian the Sun
8月30日(金) 宮城・仙台enn 2nd w/ CIVILIAN、真空ホロウ
8月31日(土) 栃木・HEAVEN’S ROCK宇都宮2/3
w/ CIVILIAN、真空ホロウ
9月14日(土) 愛知・名古屋ElectricLadyLand
w/ The Cheserasera、Brian the Sun
9月28日(土) 大阪・心斎橋JANUS
w/ Yellow Studs、LUNKHEAD
【ツアーファイナルワンマン】
10月11日(金) 東京・キネマ倶楽部

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。