SquierからClassic Vibeニューモデル
9モデル&セミホロウボディのStarca
ster 3モデルが発表

フェンダーのSquierブランドよりClassic Vibeのニューモデル9モデルとセミホロウのStarcaster 3モデルが登場。米ナッシュビルのSUMMER NAMM 2019で発表された。国内の販売時期などは未定。

Classic Vibeシリーズに追加されるのは、「’50s Stratocaster」「’60s Stratocaster」「’50s Telecaster」「’60s Custom Telecaster」「’60s Telecaster Thinline」「’50s Precision Bass」「’70s Precision Bass」「Jaguar Bass」「’60s Mustang Bass」の9モデル。

フェンダーブランドの豊かな歴史を踏襲する各モデルには、各年代を象徴するヘッドストックマークをフィーチャーし、フェンダーが開発した新アルニコピックアップを搭載する。さらに光沢のあるニッケルプレートのハードウェアや、なめらかなヴィンテージ調のグロスネックフィニッシュの採用など、伝統的なルックスも再現した。Squierの新しいギター&ベースは、プレイヤーフレンドリーな特徴を持つと同時にヴィンテージスタイルが施され、既存のプレイヤーだけでなく初心者にも適した製品に仕上がっている。
▲’50s Stratocaster
▲’60s Stratocaster
▲’50s Telecaster
▲’60s Custom Telecaster
▲’60s Telecaster Thinline
▲’50s Precision Bass
▲’70s Precision Bass
▲Jaguar Bass
▲’60s Mustang Bass


■Starcasterは個性の異なる3モデルをラインナップ
▲左からClassic Vibe Starcaster、Affinity Series Starcaster、Contemporary Active Starcaster。

さらに、Classic Vibe、Contemporary、Affinity SeriesにはそれぞれStarcasterモデルも追加される。これらは特徴的な1970年代のフェンダーへのトリビュートモデルで、オフセットボディシェイプとユニークな形のヘッドストックを備え、これまでの慣習を打破したセミホロウギターとなっている。

オリジナルを忠実に再現した「Classic Vibe Starcaster」には、フェンダーデザインによるWide Rangeハムバッキングピックアップや、年代に合わせたヘッドストックマーク、ヴィンテージ調のグロスネックフィニッシュ、ニッケルハードウェアをフィーチャー。

「Contemporary Active Starcaster」はモダンなフェンダーモデルで、高出力のアクティブSquier SQRハムバッキングピックアップを搭載し、フィードバックを最小化する設計のシールドセミホロウボディを採用する。

また、エントリーレベルの「Affinity Series Starcaster」にはSquierハムバッキングピックアップを採用、サテンネックフィニッシュがスムーズで自然な弾き心地を実現する。
▲Classic Vibe Starcaster
▲Contemporary Active Starcaster
▲Affinity Series Starcaster

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着