いつも音楽と共に。KAIKIのこれまで
の歩みと新作『Journey of life』が
生まれるまで

ライフスタイルとしての音楽。ウクレレシンガーであるKAIKIは正にそれを体現している。
これまでのKAIKIの楽曲に関わり、7月10日にリリースとなった2nd アルバム『Journey of life』にもプロデューサーとして参加しているCarlos K.とイベントなどで交流のあるDJ TAROと共に、彼の音楽のルーツやミュージシャンとしての生い立ちから、今作の制作について話を聞いた今回のインタビュー。
その最中も彼は自然と音を奏で始め、心地よい空気を作り出してくれた。彼にとって生活と音楽は常に一緒にある。それはウクレレという手に収まりやすい楽器がいつも側にいてくれたからなのかもしれない。この日話を聞いた彼の人生にも、ニューアルバムにも、生活と音楽の近さは絶対に必要な要素だということが現れている。だからこそ彼の歌は多くの人の生活にすっと溶け込むことができるのだろう。

人前に出るのは苦手だった

ーKAIKI さんはウクレレを3歳から始めたということで、弾き始めたきっかけはなんだったんでしょうか。

インタビュイー画像

KAIKI:

両親がハワイ好きで、僕が3歳の時に半年間ウクレレ教室に通っていて、その教室をやめたあとに使わなくなったウクレレをおもちゃ代わりにして遊んでいたんです。テレビから流れているキャッチーなCMソングをコピーしていたら親が褒めてくれたのが嬉しくて、それがきっかけで色々な曲をコピーし始めました。

ーご両親は音楽好きだったんですか?

インタビュイー画像

KAIKI:

そうですね、両親はEric ClaptonStevie WonderMariah Careyとかが好きで家でも常に音楽は流れていました。僕が1、2歳の頃、泣いている時にMariah Careyの「Hero」をかけると泣きやんだらしく、いつもCDプレイヤーに入れていたそうです(笑)。
ー趣味からプレイヤーになったきっかけはなんだったんでしょうか。

やりたいと思ったことは全てやる

ー先ほど医者を目指していたという話がありましたが、それは小さいころからの夢だったんでしょうか。

オーストラリアでの共同生活から生まれ
た音

ー今回リリースされるアルバムはオーストラリアのモートン島で合宿のように作られたそうですね。期間は何日間だったんですか。

Journey of life 2019.7.10 Release 収録曲 01 Meant to be 02 LOVE 03 Amigos feat.BlueVintage,KENNYfromSPiCYSOL 04 Aozora 05 Beautiful day  06 Hold on feat.Kecori 07 Ameagari 08 Let it go feat.Celeina Ann 09 サラケダセ 10 One step 11 Darling 12 Yu-yake 13 Journey of life Spotify|Apple Music KAIKI OFFICIAL WEBSITE

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着