BiSHチッチ自主企画でGEZAN、リーガ
ルリリー、eastern youthが熱演

7月16日にZepp Tokyoで開催されたBiSHのセントチヒロ・チッチがキュレーターを務めたライブイベント『THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii』のオフィシャルレポートが到着した。

7月3日に発売されたメジャー3rdアルバム「CARROTS and STiCKS」が大ヒット中、勢いが止まらないBiSH。そんなBiSHのメンバーの中で、とりわけロックに強い愛着を持つセントチヒロ・チッチがキュレーターを務めた初の自主企画『THAT is YOUTH!!!!FES curated by CENT CHiHiRO CHiTTiii』が7月16日にZepp Tokyoで開催された。
“結局、人間大人になっても青春が全てだ”をテーマに、チッチ自ら出演バンドのブッキング、企画、フライヤーやグッズデザインを手がけたこの『THAT is YOUTH!!!!FES』には、GEZAN、リーガルリリーeastern youth、そしてBiSHが出演。
GEZAN
GEZAN
トップバッターを務めたGEZANは、1曲目「忘炎」からフロアを一気に圧倒。マヒトゥザピーポー(Vo/Gt)は、「愛で溺れながらサバイブしていこう」と言うMCから「DNA」を歌い上げ、全5曲を披露しステージを後にした。
リーガルリリー
リーガルリリー
続くリーガルリリーは「the tokyo tower」「ぶらんこ」を立て続けに披露し、全5曲を披露。柔らかく、時に切りつけるようにリーガルリリーの世界観にオーディエンスを包み込んだ。
eastern youth
eastern youth
そしてeastern youthは、チッチ本人がBiSH最初の曲「スパーク」の原点とも語っていた「夜明けの歌」をはじめとする5曲を披露。チッチからの手紙を受け、出演を決めたと言う吉野寿(Vo/Gt)は「全力でぶちかましにいきます」という事前の宣言どおり会場を熱狂の渦へと巻き込んだ。
BiSH
BiSH
トリを務めるBiSHは独特な世界観へと観客を誘う「FREEZE DRY THE PASTS」を先頭に、代表曲「BiSH-星が瞬く夜に-」を含む6曲を披露。セントチヒロ・チッチは「今日はどうしても出会ってもらいたい、知ってほしい音楽があって、自分の体で感じてほしい音楽があって。私は今、胸がいっぱい過ぎて感情がよくわからなくなってますがBiSHはBiSHらしくやっていきたいとおもいますので、よろしくお願いいたします」と語り、最後に「スパーク」を歌い上げイベントをしめくくった。
BiSH
来場者全員にチッチの想いとQRコードが記されたメッセージカードが配布され、初の自主企画は幕を閉じた。

BiSH

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着