【ライブレポート】FLOW、ツアー<T
RIBALYTHM>最終日「みんながいるこ
の場所が、バンドをやっている理由で
す」

FLOWが7月12日、新木場Studio Coastにて<FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」>の追加公演にしてツアーファイナルを開催した。同ツアーは4月にリリースされた3年ぶりのオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』を引っ提げ、同月から全国7公演の規模で行われたもの。その最終日のオフィシャルレポートをお届けしたい。
ライブはアルバムの幕開けを飾る「TRIBALYTHM—Intro—」からスタート。「Break it down」「サンダーボルト」をはじめとする『TRIBALYTHM』収録全曲と、代表曲「COLORS」「GO!!!」など、アンコールを含む全24曲が梅雨空の鬱陶しさを吹き飛ばした。
“音楽で繋がってひとつになろう”という想いを込めて制作された『TRIBALYTHM』。MCでは、そんな一枚を作れたのも「ライブがあったから」だとKEIGOが語りかけた。アニメやテレビなどでFLOWと出会った人々がライブ会場でひとつになる。日本以外の様々な国でも、言葉や文化の壁を越えてひとつになる光景を見たことで、それに突き動かされるように形になった音楽であり、アルバムが『TRIBALYTHM』なのだと。

「ライブは、音楽は、人が作っています。人が音を出しています。人が歌っています。そして受け止めてくれる人がいます。だから、人と人が繋がれる力があるんだと思います。
 これもツアー中、言ってきたことなんですけど。今、すごく便利に音楽が聴ける。いつでも曲が出来れば全世界に、同時に発信が出来ます。だけど、だからこそ、今こうやって目の前に人がいて、発信したものを受け取ってくれるみんながいるこの場所が、自分たちにとっては大事だし、それがバンドをやっている理由です。
 だからこれからも俺たちはずっと、みんなの元に行くよ。だからいつでもライブ遊びに来てよ。すげぇ調子がいい奴がいたら、さらにアガっていこう。へこんでる奴がいたらそれでもライブに来て。俺たちが何度だって曲で、歌で、みんなの背中を押すよ。
 だからこれからもこの“ライブ”という場所でみんなで繋がって、俺たちにしか出来ないライブを作っていきましょう」──KEIGO
楽曲はリリースすることが完成ではなく、ライブでみんなで歌って完成、さらに進化していくのだ、と話したKEIGO。初めて新木場STUDIO COASTのステージに立ったのが16年前だった。そしてFLOWは今年デビュー17年目を歩んでいる。全24曲の熱演はここから続く道をも照らし、会場に響き渡ったオーディエンスの歌声は『TRIBALYTHM』を進化させた。

アンコールでは、2019年冬に対バンツアー<FLOW 2MAN TOUR 2019-2020>を開催することを発表。同ツアーは、20代の若手バンドを1組ずつ招き、全10公演のライブハウス2マンとして行われる予定だ。これまで対バンツアーは幾度となく開催してきたFLOWだが、若手バンドに限って全て2マンで開催するのは今回が初。“ジャンルや年齢、国境といったあらゆる壁を取っ払う”というバンドの活動指針をまた一つ体現する熱いツアーになりそうだ。スケジュールや出演者、チケット詳細は近日発表される。
撮影◎木村泰之

■<FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」>7月12日(金)@新木場Studio Coastセットリスト

00. TRIBALYTHM -Intro-
01. Break it down
02. WORD OF THE VOICE ※
03. 虹の空 ※
-MC-
04. 火花
05. サンダーボルト
06. INNOSENSE
07. COLORS ※
-MC-
08. BELIEVER
09. UNION
10. 音色
-MC-
11. Monster ※
12. アイオライト
13. Around the world
14. Band Inst
15. PENDULUM
-MC-
16. ONENESS
17. BURN
18. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
19. Smells Like 40 Spirit
20. WORLD END ※
21. GO!!!
22. 風ノ唄
23. TRIBALYTHM -Outro-
encore
en1. 秘密の作戦 ※
※印はツアー日替わり曲

▼Spotify プレイリスト
FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」新木場Studio Coast (2019.7.12)
https://open.spotify.com/playlist/718xaYOzsZgwKT0HSLbYGD?si=WBAfjnQsTlmFLCM3Owsd6w


■<FLOW 2MAN TOUR 2019-2020>

2019年冬開催
※スケジュールや出演者、チケット詳細は近日発表


■<第7回 Act Against AIDS 2019 in SENDAI>

12月1日(日) 仙台Rensa
open16:30 / start17:30
▼出演
FLOW / 藍井エイル
Opening Act:閖上太鼓保存会
▼チケット
前売券¥4,900(オールスタンディング) ※ドリンク代別途¥500
一般発売日:2019/9/28(土)
特設サイト http://www.flow-official.jp/cam/aaa/

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着