【対談】感覚ピエロ×夜の本気ダンス
、「妖艶さはロックバンドとして大事
な要素」

感覚ピエロが5月より全国25ヵ所の対バン&ワンマンツアー<感覚ピエロ 5-6th anniversary「LIVE - RATION 2019」 ~奮い立たせてなんぼでしょ~>を開催中だ。同ツアーは、11月開催が決定している自身最大級の挑戦“幕張メッセ・ワンマンライブ”に向けて行われているものでもある。BARKSでは昨年のツアー<47都道府県ツアー2018「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!〜チェンジだなんて言わせない〜」>の際に展開した特集企画と同様、ツーマン公演から毎月一組をピックアップしてライブレポートおよび対談連載を実施する。
その第2回目は、夜の本気ダンス。この夜のライブMCでは「ずっと夜ダンを意識してた」「関西のバンドが音楽シーンを熱くしたい」と横山が語るなど、年齢も近く、同じ関西出身の両バンドにはお互いを高め合うライバル心も、バチバチが生み出す絆も存在するようだ。6月7日、夜の本気ダンスの地元・京都MUSEでの対バン公演を終えたばかりの2組に楽屋裏で話を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■こんなにドンピシャな2バンドはいない
■でも意外とジャンルはドンピシャじゃない

──まずは本日の2マンライブの感想から教えてもらえますか?

アキレス健太(Dr):お互いに鍛えられたライブかなと、心も体も。それは良かったんじゃないかと。

マイケル(B):そうっすね。感覚ピエロと関西で2マンをやったことがなくて、やってみたらこんな感じになるんやなと。お客さんの“待ってました”感も伝わってきたし、リアクションもわかりやすかったですね。打ったら返ってくるライブでしたから。
滝口(B):純粋にお客さんが楽しんでて、印象に残ったのはお客さんの笑顔やったんですよ。それを見れただけで2マンをやって良かったなと。

西田(G):えらい気持ちようやらせてもらって、非常に筆舌に尽くし難い一夜になったと思います。

マイケル:そこは尽くせや(笑)!

──言葉にできない思いがあると?

西田:そうですね。言葉にしたほうがいいですか? ……またの機会にさせてもらいます(笑)。

秋月(G):ライター殺しやな(笑)。

鈴鹿(Dr):感覚ピエロって、(アキレス)健太さんの筋肉を見れば、今はどういう状態かわかるんですよ。感覚ピエロの音楽を支える上でひょろひょろの筋肉では無理ですからね。音楽のレベルが上がるごとに、健太さんは体を大きくしてるんです。今はすごくいい状態だなと思ったし、今日のリハーサルを見ても筋肉がパンプアップされてるし。今、感覚ピエロはキレッキレなんやろうなと。その時点で気合いが入りましたね。だから、今日は一番手で出たけど、突っ込んでいかないと食われるなと思ったし、力が入りました。

健太:いや、わかる人にはわかるんやな(笑)。

鈴鹿:わかりますよ!
秋月:関西で夜ダンと2マンをやるのは意外と初で、やってそうでやってなかったんですよね。夜ダンのライブを客席の後ろからずっと観てて、鈴鹿兄やんのMCおもろいなあと、やる気が沸々としてたんですけど、1曲目のサビで足をやってしまい、テンションが下がるという。まさかのハプニングがあって、全然踊れない夜でした(笑)。ただ、気持ちはお客さんと一緒に踊れたからね。

鈴鹿:健太さんを見習って、鍛えてへんからケガするんや!

秋月:健太の話はもうええから(笑)。

健太:いや、そういうこと! わかってるなあ。

鈴鹿:いい見本があるねんから。

秋月:はははは(笑)。健太フィーチャーがすごいな(笑)。

米田(G/Vo):感覚ピエロと僕らの組み合わせは、改めてええなと。僕らが音を出した瞬間、“楽しめる夜になるやろう”という空気が、お客さんから伝わってきましたからね。バンド側は仲が良くても、それがお客さんに伝わらないときもあるし。みんなが楽しめる理想の2マンかなって。

──夜ダンの地元京都だからというのを抜きにしても?

米田:京都はワーッとならないというか、シャイな方も多いんですよ。

マイケル:実際、今日は京都の人が意外と少なかったしね。
──横山さんは?

横山(Vo/G):いい夜でしたね。

秋月:感想、薄っ! ウチのヴォーカルは倒置法を使いますから。

横山:はははは(笑)。対バンは結構しているから、お互いに手の内は知ってるわけじゃないですか。でも今日の夜ダンは“オラーッ”てグイグイ行くような感じで、そういう姿を初めて観た気がして。

鈴鹿:新しいアルバム『Fetish』をリリースして、これからツアーも始まるから、テンションとかモチベーション的にはバリバリやったかもしれん。

横山:ああ、なるほどね。それを見て、僕らもやらなきゃという気持ちになったし。さっき「京都のお客さんが少なかった」という話が出たけど、逆に言うと、感覚ピエロと夜ダンの2マンを観るために京都以外からたくさん集まってくれたんだなって。そういう意味で今日はナイスな夜でしたね。

秋月:ちゃうやろ! 忘れるなよ(笑)!

横山:最高の夜でしたね……なんだっけ?……あっ、いい夜でしたね(笑)。

秋月:ウチのヴォーカル、倒置法に失敗しました(笑)!

鈴鹿:そこはうまく編集してもらえるから。

マイケル:いや、そのまま活かす方向でお願いします(笑)。

──今日はお互いにいい火花を散らし合えたと?

秋月:ほんとにこんなにドンピシャな2バンドはいないですからね。メンバー同士仲が良くて、お客さんも楽曲をシェアしやすい。でも意外とジャンルはドンピシャじゃないんだよね。
■ドラムがMCするバンドは意識しますね
■いかにお客さんに自分を下に見せるかで……

──今回、感覚ピエロが夜ダンを呼んだ理由を教えてもらえますか?

横山:このバンドとやったら絶対にいい夜になるだろう、というバンドが夜ダンなんですよ。

秋月:今回のツアーは全25ヵ所あって、一緒にやりたいバンドをリストアップしたときに、当たり前のように夜ダンは入ってましたからね。ウチのツアーが始まります、そこに夜ダンの名前がないのは逆にないんじゃないかな。だからスケジュール次第ですね。で、夜ダンの地元・京都で出てくれたのも嬉しくて。なので必然的というか。
──そういう言葉を受けて、夜ダン側はどうですか?

鈴鹿:僕らも対バンツアーのときに感エロの名前は必ず出ますし。ただ、よく名前が出るだけに、やり過ぎてもあかんなって。馴れ合いになってもちゃうし。名前は上がるけど、毎回呼ばないようにしてね。もっと成長した上で久しぶりにやる状態がお互いに一番バチバチできますから。

──過去に2マンは何度かあるみたいですが、関西で2マンをやるのは初なんですよね?

秋月:関西では初ですね。夜ダンのツアーで地方に呼んでもらったり、僕らのツアーで広島に夜ダンを呼んだことはあるんですけど。

マイケル:フェスとかで会うから久々な感じもないしね。

秋月:そう! フェスで会い過ぎてね。
──この2バンドの出会いはどこまで遡るんですか?

秋月:札幌のイベント<IMPACT!>(<FM NORTH WAVE & WESS presents IMPACT! VII>2015年3月18日(水)@札幌KRAPS HALL)だよね? 以前から面識はあったけど、ウチと夜ダンの対バンはそれが初やと思います。

鈴鹿:そのときもそんなに喋ってないけどな。

秋月:僕らも当時、尖ってましたからね。喋りたいし仲良くなりたいけど、“何なん?”みたいな空気は漂わせていたと思う(笑)。

鈴鹿:チャラかったやん? 「O・P・P・A・I」って歌ってる時点でチャラいねん! で、ホントに何かちょっとチャラかった。

秋月:チャラいしか言うてないやん(笑)!

マイケル:感覚ピエロの人気が急上昇してたから、こっちも警戒してたしな。

秋月:僕らが一番調子に乗っていた頃だったんで。調子に乗っていたというか、良くも悪くも先輩後輩関係なく、全員食ったるから!という空気感を出してたんで。今はそれがなくなったわけじゃないけど、その頃はすごく反骨心がありましたね。
──急速に2バンドの距離が縮まったきっかけは?

秋月:ぶっちゃけ、仲良くなったのはツアーに呼んでもらったときかな。

鈴鹿:広島ではそんなに話してない。

滝口:いや、広島の打ち上げのときにスターウォーズの話ですげえ盛り上がって。

鈴鹿:ああそうか! みんながジェダイやとわかった瞬間に(笑)。

秋月:西さんはそのときいなかったですよね?

西田:その日に祖父が亡くなったんで。

秋月:ズバーンと言うなあ(苦笑)。あの日に僕らと夜ダンのメンバーでゆっくり話して。僕らのツアーの広島公演に出てもらって、打ち上げでたくさん話したという。朝まで行くような勢いでしたもんね、スタッフが「ぼちぼち出るよ!」って。それがなかったら、朝まで飲んでましたね。

鈴鹿:健太さんがおしぼりで男性のシンボルを作ったりしてね(笑)。それがめちゃくちゃ上手くて、普通に机に置いてあったから。「それどうやって作るんですか?」って聞いて(笑)。

マイケル:それもあって、みんなで仲良くなったしな。

鈴鹿:連絡を取り合って、飲みに行くこともあったし。

秋月:あった! ウチも珍しくメンバー全体が夜ダンとは仲は良いですね。

──バンド同士の波長が合うんですね。

米田:飲みに行ったりもできるしね。要所要所で2マンをやっているくらい、お互いにリスペクトしているし。

米田:具体的に言うと、感覚ピエロのライブを長尺で観ると、やっぱりカッコいいんですよ。表現したいものが音から感じ取れるし、それに感動しますからね。あと、バンドとお客さんのコミュニケーションもええなと思う。

秋月:嬉しいですねえ。
横山:夜ダンはお客さんとの一体感がいつも凄くて。MCもそうだけど、息付く暇もないんですよ。誰一人置き去りにせず、みんなが楽しめる空間を作っている。それは簡単なことじゃないし、メンバーそれぞれのキャラもありますからね。

米田:それは僕らも逆に思いますね。

秋月:夜ダンの前々回のツアーに呼んでもらったときに、フェスでは絶対に味わえないものを観られた気がして。メンバー全員のキャラ立ちがはっきりしているし、ああ、やっぱりこの4人で夜ダンやなって。長尺のライブになると、そのバンドの深いところまで観られますからね。2マンに惹かれるのも、そういう理由ですね。夜ダンは何よりお客さんを一番大事にして楽しませようとする。その根本にある目線が一緒な気がするんですよ。お客さんが僕らと夜ダンの2マンを観て、楽しいと感じてもらえるのはそういうところなのかなと。やろうとしているニュアンスが似ているのかなと。

鈴鹿:僕は個人的に、ドラムがMCするバンドは意識しますね。MCはお客さんの緊張をほぐす役割もあるし、感覚ピエロもそこから曲に入る流れとかはさすがやなと思います。

マイケル:ウチの鈴鹿はMCを大事にしてますからね。曲を知らない人でもMCで心が動いて、それからライブに入れる人もいるから。

鈴鹿:いかにお客さんに自分を下に見せるかで……お客さんが上になったときに会場の緊張はほぐれますからね。

秋月:カッコええなあ。鈴鹿兄やんのMCにはマジで惚れたところもあるんですよ。

鈴鹿:ドラムに惚れろや!
■あのときに感覚ピエロを潰しておけば
■良かったんやけど、今は無理やもん(笑)

──お互いの最初の印象はどうでした?

鈴鹿:調子が上がってきたタイミングが同じで、バンドとしてはひとつ歳下で勢いがあるから……なんやろ、この気持ちわかる?

秋月:ムカつくんですよね?

鈴鹿:というか、こちらからコンタクトは取りたくない(笑)。だから、抵抗はあったかもしれないな。
横山:俺個人は京都MOJOにポスターが貼ってあったり、「WHERE?」がグワーッと来てたじゃないですか。このバンドをみんながカッコいいと言う理由もわかるし、対バンしたいけど、取っ掛かりもなくて。まあ、めちゃくちゃカッコいいけど、こちらとしてはいい気がしないわけですよ(笑)。

秋月:今、丸く表現したよ。当時の感じは?

横山:ぶっ潰してやる(笑)!

鈴鹿:ははは。(笑)あの頃やったら、感覚ピエロ潰せたわ。まだ筋肉なかったもん。あのときに殺しておけば良かったんやけど、今は無理やもん(笑)。

秋月:人となりを知る前の第一印象は、ぶっちゃけ言葉が悪くなるんですよ。もちろんみんな“自分が一番カッコいい”と思ってるし、そうじゃないと音楽をやってないと思うから。当時は本当にぶっ潰してやろうって感じですよ。

──先ほど、年齢は夜ダンがひとつ上という話もありましたが、バンドのキャリアも夜ダンのほうが長いんですよね?

鈴鹿:今年11周年目ですからね。

秋月:僕らは今年6周年に入るところです。

鈴鹿:でも、今となっては後輩感もないし、横並びやなって。
──音楽性の部分でこのアプローチは似ているなと思う部分はあります?

横山:音楽的に似ているところはないんですけど、お客さんを楽しませようとしてるっていうところは共通してますからね。その根っこが同じだから、2マンしてもお客さんに楽しんで帰ってもらえるのかなと。

鈴鹿:ジャンルは違うけど、ライブに対する姿勢は同じ気持ちでやっているのかなって。対バンすると感覚ピエロに持っていかれる人もいるだろうし、その逆もあるやろうし。相性はマジで3本の指に入るんじゃないかな。

秋月:あと、両バンド共にヴォーカルに良き色気があると思うんですよ。僕らは口にしてエロいことを言いますけど、夜ダンはそれを音楽で表現できるスマートさを持っているから。お客さんはそれを知らず知らずにキャッチしている気がして。夜ダン=エロとはならないだろうけど、大人の色気を感じるんですよね。“本気ダンス”をするのに“夜”が付いてる時点でアダルトなものを感じるというか。そこにシンパシーを感じますね。

米田:妖艶さはロックバンドとして大事な要素のひとつで、そこがないバンドには惹かれないんですよ。感覚ピエロも間違いなくそういう要素を持ってるバンドだし、確かにそこは近いのかなと。

──なるほど。感覚ピエロはライブで“おっぱいコール”をやりますが、あの光景を見ていると、BEAT CRUSADERSが1990年代からやり始めた“オマンコール”を思い出しました。あれも観客の緊張を解きほぐすアプローチとしてやっているんですよね?

横山:当初はそんなに深い意味はなくて、悪フザケだったんですよ。今はお客さんも面白おかしく受け入れてくれて、成立してますけどね。あれに関しては認めてくれたお客さん様々だなと。

秋月:むしろあの曲を育ててくれたのはリスナーなんで。僕らのエロ要素を確立させてくれたのはリスナーのおかげですね。
──謙虚ですね。では、お互い“ここはマネできない”と思う点はあります?

横山:まずはMCですね。僕は絶対鈴鹿兄やんみたいに喋れないし、米さんみたいにセクシーな佇まいのままステージに立つこともできないから。探し出したら、山ほどありますよ。ただ、突き詰めると、マネしようと思わないし、無理ですからね。

秋月:そもそも違うものですからね。

マイケル:バンドはバランスやしね。

鈴鹿:僕は健太さんを見て、身体を鍛えなあかんなと。マネはできへんかもしれんけど近づきたいなと。

秋月:はははは(笑)。こないだアルカラの太佑さんは、「健ちゃんに筋トレを教わりたい」と言ってたしね。

アキレス:嬉しいことやね(笑)。

鈴鹿:こんなに赤いTシャツが似合う男性っていないですよ。
──確かに(笑)。最後になりますが、これを機会にお互いに聞いてみたいことはあります?

鈴鹿:感覚ピエロは上京せえへんの?

秋月:上京してもいいかな、という空気はありますね。最近、関西で事務所を持つ理由がなくなってきて、繋がりたいクリエイターは東京のほうが多いですからね。

──感覚ピエロから夜ダンに聞きたいことは?

横山:新作のツアーも始まりますけど、夜ダンが次に向かっているのはどこなんかなって。

秋月:わかる! 夜ダンが目指すところを知りたい。

米田:俺らは上京せずに、京都を拠点にやっていこうと。自分たちがオーガナイザーになって、京都で何かイベントをやれたらいいな。まあ、10-FEETさんとかくるりさんとか先輩方もやっていますけど、僕らにしかできへんものがあると思う。京都でもラジオ番組をやらせてもらっているけど、地元に根付いたイベントをやりたいですね。

横山:なるほど。お互いに頑張りましょう!

米田:またどこかで対バンするだろうしね。

秋月:そうですね。ありがとうございます、今日は楽しかったです!

取材・文◎荒金良介
撮影◎AyuMegadewi Kubota
■<感覚ピエロ 5-6th anniversary『LIVE - RATION 2019』-奮い立たせてなんぼでしょ->
5月08日(水) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月10日(金) 東京 渋谷CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月14日(火) 神奈川 横浜BAYSIS
w/ 忘れらんねえよ
5月15日(水) 埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
w/ 忘れらんねえよ
5月17日(金) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月23日(木) 北海道 札幌PENNY LANE24
w/ アルカラ
5月28日(火) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
w/ アルカラ
5月30日(木) 栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
w/ ニガミ17才
6月01日(土) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
w/ ニガミ17才
6月07日(金) 京都 MUSE
w/ 夜の本気ダンス
6月08日(土) 奈良 NEVER LAND
w / ヒトリエ ※ワンマン (気持ちはツーマン)
6月14日(金) 滋賀 U★STONE
w/ Hump Back
6月15日(土) 兵庫 music zoo KOBE 太陽と虎
w/ パノラマパナマタウン
6月16日(日) 香川 高松DIME
w/ LEGO BIG MORL
6月26日(水) 熊本 B.9 V2
w/ オメでたい頭でなにより
6月27日(木) 福岡 DRUM Be-1
w/ オメでたい頭でなにより
6月29日(土) 岐阜 CLUB ROOTS
w/ LAMP IN TERREN
6月30日(日) 三重 松阪M'AXA
w/ LAMP IN TERREN
7月05日(金) 岡山 CRAZYMAMA 2nd room
w/ SIX LOUNGE
7月07日(日) 広島 CLUB QUATTRO
w/ SIX LOUNGE
7月13日(土) 山梨 甲府KAZOO HALL
w/ LEGO BIG MORL
7月14日(日) 東京 マイナビBLITZ赤坂
w/ ミオヤマザキ
7月15日(月・祝) 群馬 高崎club FLEEZ
w/ ヤングオオハラ
7月19日(金) 愛知 DIAMOND HALL
w/ ハルカミライ
7月20日(土) 大阪 BIGCAT
w/ バックドロップシンデレラ
▼チケット
東名阪公演:スタンディング / 2F指定席&スタンディング (マイナビBLITZ赤坂のみ) 4,500円(税込)
対バン公演:3,900円(税込)


■<感覚ピエロ 5-6th anniversary『LIVE - RATION 2019 FINAL』〜幕張ヴァージンはあなたのもの~>
11月04日(月・祝) 幕張メッセ イベントホール
open17:30 / start18:30
▼チケット
全席指定 ¥5,800円(税込)
※年齢制限:小学生以上有料。未就学児童は入場不可
e+:https://eplus.jp/
チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D9290007
ローチケ: https://l-tike.com/
Yahoo!チケット:http://r.y-tickets.jp/kkp2019
LINEチケット:https://ticket.line.me/sp/kankakupiero
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999


■番組『感覚ピエロの××TV』
放送日時:2019年5月4日(土)より毎週土曜日配信
▼【#01 感覚ピエロの××TV 】企画会議 Vo&Gt 横山直弘編
https://www.youtube.com/watch?v=F8nRCiTdpq0

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着