サイダーガール、ドラマ「都立水商!〜令和〜」主題歌のカップリング誕生秘話を大暴露!

サイダーガール、ドラマ「都立水商!〜令和〜」主題歌のカップリング誕生秘話を大暴露!

サイダーガール、ドラマ「都立水商!
〜令和〜」主題歌のカップリング誕生
秘話を大暴露!

左からYurin、知、フジムラ

もうちょっと大人になりたいフジムラ
──7月で誕生日を迎えられるというフジムラさん。まずは次の歳に向けての抱負をお願いします。
フジムラ:もうちょっと大人になりたいですね(笑)
Yurin:見た目だけね、年取っているよね(笑)
フジムラ:中身だけ変わってない(笑)
Yurin:確かに(笑)
▲フジムラ
──フジムラさんが思う大人ってどういうものでしょうか?
フジムラ:自分の意見をしっかり言える人ですかね。
Yurin:それ、人間としての大前提じゃん(笑)

──なかなかアーティストさんとしては珍しいような(笑)。
知:しっかりしないとね (笑)

──是非意見の言える大人になってください!
新譜「クローバー」は異色な曲順で…!?
▶「クローバー」Amazon
──それでは楽曲のお話しに行きます。7月3日にリリースされる『クローバー』には、『ハートビート』『寿司』といったナンバーも収録されています。曲順を見ても異色な感じがしますが、この3つが収録された経緯を教えてください。

Yurin:シングルのテーマが、「応援歌」や「鼓舞して」「激励する」というものがきっかけで、作り始めまして。それで、『クローバー』と『ハートビート』はそのテーマが決まってから作り始めたんですけど、『寿司』は1年半ぐらい前に全部録り終っていて。今回のシングルのテーマに合うからという理由で入れました。

──3曲並んだ時に『寿司』ってだいぶインパクトのある字面です。しかも歌詞にも「寿司」というワードは出てこないという…(笑)
Yurin:そうですね(笑)

──テーマがありきで『クローバー』と『ハートビート』は作られたという事でしたけど、ドラマのエンディングとして使われるというのは、ある程度イメージありきで制作されたんでしょうか。
Yurin:そうですね。ドラマに使われるという事を意識して、頭サビから始めようかなというアイデアを用いて制作しました。
ドラマがちょっと特殊な学園モノなので、その青春時代とかに思っている不自由さや、葛藤、大人になってから想うモノとの比較だったりをイメージして歌詞を作りました。
▲Yurin
──このドラマの内容ありきで今のイメージに落ち着いたのは、どういった所からだったのでしょうか。
Yurin:ドラマ「都立水商!~令和~」は、水商売に関する専門教育を行う都立高校が舞台なんですけど、我々の持つイメージとか、作る楽曲では水商売の曲は書けないなと思って。それで、どっちかっていうと学生や青春、若い頃の感情にフォーカスをあてて書くことができれば!と思って、こういった所に決まりました。

──皆さんの学生時代といえば数年前だと思いますが、そのときの自分に重ねてという所は大きかったですか?
Yurin:ドラマでは学生も主役ですけど、先生の方も主役なんですね。なので、学生の頃の自分だったりとか、今大人になっての自分が重なる部分を反映させた感じです。

──Yurinさんから曲を受け取ったときの印象は、お二人いかがでしたか?
フジムラ:Yurinが作る曲ってジェットコースターみたいな曲が多いんですけど、すごくシンプルに攻めてきたなっていうのが、一番強い印象でした。転調とかが全くなくて、J-POPの王道の構成に近いなと思いました。
逆にこういうのをYurinが作るのが珍しかったので、新鮮だった気持ちが強かったと思います。

──その時点でアレンジのイメージも湧いてくるようなものだったり?
フジムラ:このシンプルなメロディーにベーシストとして寄り添っていけば良いのか、と悩んではいたんですけど、シンプルさに力強さを与えるようなフレーズは弾けたんじゃないかと思いました。

──間奏のメロディーでは、お二人とも暴れているような感じがしました(笑)
知:そうですね。僕もフジムラと一緒で他にもデモがあったんですけど、一番わかりやすかったというのを含めて、応援歌と、夏にサイダーガールが出すシングルという事を考えてみて、自分たちらしいのがこの楽曲でした。サビとかはちゃんと歌を聴かせるようにというので、出来るだけシンプルにして、その分イントロやギターソロはちょっと暴れるように仕上げてみました。

──『クローバー』の出だしの歌詞では、「この息苦しい見せかけの自由」とありますが、このようなことはご自身の生活の中のどういった場面で、感じた事なのでしょうか。
Yurin:今の時代背景というか、ネットやSNSとかで意見を自由に発言できるように見えても、たいしてそうじゃなかったりもするし。今の若い子とかは特に、SNSに縛られてしまったりもするし、そういうネットの中での繋がりが、良くも悪くも大事になってきているというか。
学生の頃は大人になったらもっと自由にできるだろう?と思っていたけれど、いざ大人になってみると、仕事だったりとか、色々やらないといけない事が沢山あるし、やっちゃいけない事も出てくる。意外と思った程自由になれないとか、そういう息苦しさがありますね。
クローバー 歌詞 「サイダーガール」
https://utaten.com/lyric/sa19042202
──学生の頃って世界が狭いから大人になったら、環境や周りが変わるものだと思うんですけど実際はそういう訳ではなくて。自分が強くならないといけなかったりするんですよね。そんな中で、「君だけは敵にならないで」という歌詞があって、ここはすごく強くて温かいワードだと思いました。
Yurin:実はこの歌詞、一人称が出てきていなくて。「君」っていうのは、受け取り手が思った解釈で聴いて欲しいなって思っています。
▶「クローバー」Amazon
サイダーガールが選ぶピックアップフレーズ!
──『クローバー』の歌詞の中から、お気に入りのフレーズを紹介頂けますでしょうか?
Yurin:元々応援歌というテーマが大枠であって。人間が生きて行く上で、生きているだけで偉いし、さらに仕事や学校など色々頑張ってやることって、偉いじゃないですか。そういう裏テーマがある中で、「頑張っていることを 当たり前だなんて 心を擦り減らした 平気なふりをして」みたいな感情は、僕も若い頃思っていたりしたんです。そういう所が自分とリンクしている歌詞だなって思います。
なかなか認められる事とか、褒められる事ってどんどんなくなってくるし。そういうちょっとした優しい言葉だったり、励ましの言葉で、心境は変化するものだと思うし。本当はこう思っているのに、世界は甘くないよなって感じます。
▲Yurin
──お二人はいかがですか?
フジムラ:僕は、「雨に降られたって走ってきたんだよな 足がもつれたって止まれなかったよな」という歌詞が好きです。ここは、Yurinの歌い方もあるんですけど、理解者がいてくれている感じがするんですよね。今、バンドをやっていて上手く曲が作れないけど、作らなきゃいけないときがあって、そういう時にこの2行がすごく救いになるんです。
Yurin:「止まらなかった」じゃなくて、「止まれなかった」んだもんね。
フジムラ:そう。そこが大きいかなって思います。

──「止まれなかった」にした理由は?
Yurin:どうしてもやらなきゃいけないことや、どう足掻いても回避できないことって必ずあるし。それでも自分のためというか、自分のスピードで無理しすぎないでいて欲しいなっていうところで、これを書きました。

──知さんはいかがですか?
知:僕は「どうあるべきだとかうるさいな わかりきった言葉なんていらない」っていう歌詞が好きです。アーティストをやっていると、色んな人からレッテルを貼られることが多いんですよ。お客さんや関わってくれる人もそうだし。サイダーガールっていうバンドのイメージは誰が作ったかはわからないけど、勝手にできていたものもあって。
自分でバンドを始めたのに、そのイメージを守るためにバンドをやっている感じになることがあって。それが不毛だなって気持ちもあって。でも仕事としてやっていかなきゃというもどかしさもあるので、「クローバー」のAメロとかでも、そういう事が頭をよぎるんですよ。
“なんのためにやっているんだろう?”って思う事も多いんですが、それって自分の気持ちじゃないよなってもなるし。自分で思っているものは、ちゃんと自分で守らなきゃなって気持ちには、いつもなりますね。
▲写真右、知
──メジャーデビューで2年目に突入すると思いますが、やはりイメージを守ろうとする自分との葛藤があるような。
知:お客さんとかも“サイダーガールってこういうバンドだから”っていうイメージを持ってくれるのは嬉しいけど、逆の反面で悲しかったりもします。そういうイメージがあるから聴かない人もいるし。でもそういう所をぶち壊していきたいなって思います。

──歌詞を書いたYurinさんは、この楽曲をどう受け取ってもらえたらそういった気持ちは報われますか?
Yurin:背中を押せたらいいなっていうのもあるし。この先若い子もいなくはならないし、どの年代も常に居続けるから、そういう人たちに寄り添っていけるような曲になれればいいなって思います。

──これから作っていく曲も常に等身大でいるというよりは、人生の中のある瞬間を書いて行こう!という感じですか。
Yurin:そうですね。割とそんな感じがします。
クローバー 歌詞 「サイダーガール」
https://utaten.com/lyric/sa19042202
コンビニ店員に恋したエピソードから生まれた?
──2曲目の『ハートビート』は、フジムラさんが作詞・作曲をされた楽曲ですね。最初に出てくる言葉は、中国語の「1234」ですか?
フジムラ:そうですね。
ハートビート 歌詞 「サイダーガール」
https://utaten.com/lyric/qk19062047
──ここ、エイヤーサーサーにも聴こえたんですよね(笑)沖縄県出身の方かと思いました!
フジムラ:(笑)神奈川県出身です!

──『ハート・ビート』というタイトルと、最初の掛け声と、メロディーの感じがなんだかまとまりがないというか…(笑)グローバル感というか!
全員:(笑)!!
フジムラ:曲を作っているときに、二人から同じことを言われました…。
Yurin:やっぱみんな思うんですね(笑)

──でもそのまま形にされたんですね!強いこだわりがあったのでしょうか。
フジムラ:元々、曲を作ろうってなったときに歌詞を全く考えてなかったんですよ。作りながら考えていこうと思ったときに、「ウォーアイニー!」と「モーマンタイ!」っていう二つの単語がすごく好きで。
中国語を使ったことがなかったので、あえてこういう曲だし、入れてもいいんじゃないかなって。それで、「ウォーアイニー!」と「モーマンタイ!」がハマるテーマを考えたときに…自分、昔コンビニの店員さんを好きになったことがあったんですよ。
▲フジムラ
──えええ!!
全員:(笑)
フジムラ:そういうことがあったんですよ!(笑)それで、レジを挟んで向こう側にいるのに、違う世界に感じちゃって…。

──フジムラさん可愛いですねっ!!
全員:(笑)
フジムラ:自分のその想いを伝えられぬまま、高校を卒業して、そのコンビニに行かなくなっちゃったんですけど。そのときの事を思いだしてこういう歌詞になっちゃいました!!

──歌詞にはカフェって書いてありますが、フジムラさんの中の思い出はコンビニなんですね!
フジムラ:コンビニです!

──何か、店員さんを好きになったきっかけが?レジをやってもらう以上のコミュニケーションはなかなかないですよね。
フジムラ:全くなかったんですけど、多分雰囲気(笑)それぐらいしか情報ってやっぱないんで!声が良いとかそういう感じだったかな…。

──歌詞にある「今日はいつもと違う言葉聞かせてくれないかい?」はまさにそんな恋をしているんだなぁと思うフレーズですね。当時のフジムラさんはどんな言葉を求めていたんでしょうか?
フジムラ:いつも僕ラーメン屋とか行くんですけど、そのときに「いつもありがとうございます」って言われると、すごい嬉しいんですよ!覚えてくれているなって。日常会話じゃなくても、自分の事を認識してくれている言葉っていいなって。
Yurin:認知されたいってことね(笑)
フジムラ:そう!認知厨(笑)

──恋話はこの辺にして楽曲の話に戻りますが、この曲を受け取ってアレンジするまでの流れはどうでしたか?
Yurin:最初にデモを聴いたときから割と音源自体荒々しいというか、そういう昔の音が荒れたロックサウンドみたいなのにしていきたいとは思いました。サウンド面的な所でアレンジは考えていったかな。
構成とかはちょっとぐらいいじったぐらいで。あとはデモ通り進んでいきました。最初にもらった仮歌詞から、今の歌詞になるまでかなり変わってたよね?
フジムラ:8割ぐらい変わっていたかな。
Yurin:最初の歌詞とレコーディング当日にもらった歌詞をみたら、“あ、全部違う!”みたいな(笑)解釈みたいなものは録りながらやっていきました。よく言えば勢いみたいなものは、それによって出せたかなと思います。
▲Yurin
──知さんはいかがですか?
知:これはパーティー感というか、最初のデモの段階であったんで。そういうのは残せるようにしようとうるさめにサウンドは作ったりしました。歌詞は男だけで集まって恋バナしている感じの印象が強くて。“〇〇ちゃん可愛くない?”みたいな(笑)そういう雰囲気が出ているのがら、フジムラっぽいなって思いました。ちなみに「モーマンタイ」って、中国人の人に言ったら通じなくて…。
フジムラ:まじ?
知:だから「モーマンタイ」ってなんなんだろうって(笑)
Yurin:中国語ってイントネーションで意味が違ってくるらしいからね。もしかしたらそういうところからかもね。

──ちなみに「ウォーアイニー!」ってどういう意味ですか?
知:アイラブユーですね。
フジムラ:コンビニ店員なんてやめちまえよ!って感じですけどね…。関係ない!
知:そういう所もフジムラさんっぽくて良いですね。

──フジムラさんはまだまだ青春されているんですね。
フジムラ:いや(笑)どうかな~
知:ピュアですね。フジムラさんはピュアが取り柄なんで、ピュアが出ている歌詞は良いと思います。

一番食べたかったものが…
──最後に収録されているのが、『寿司』ですね。これはあの食べ物の寿司とは…?
Yurin:全く関係ないですね(笑)これは3行目の「おいしいものを食べたら きっと案外どうでも良くなる」っていう歌詞のところが、ずっと残っていて。美味しいものってなんだろうな?って考えたときの仮タイトルが『ハンバーグ』だったんですよ。だけどタイトルの締め切りがあって、そのときに一番食べたいものが寿司だったっていう安直な理由で、決めました(笑)
寿司 歌詞 「サイダーガール」
https://utaten.com/lyric/qk19062048
──歌詞には出てこないけど、寿司が相当好きだからこのタイトルにされたんだと思いました(笑)!
Yurin:そんなこともないですね(笑)!ラーメンとかオムライスとかも好きだし。ラーメンとかオムライスとかハンバーグはカタカナだし、カップリングもカタカナだったので、どうせなら「寿司」でいいかなって思って寿司にしました。

──歌詞の内容からすると、「風呂」とか、「排水溝」っていうタイトルも良かったんじゃ…(笑)?
Yurin:あー確かに(笑)完全に僕の食べたいもので決まりましたからね!
フジムラ:締切の前の日に、Yurinから“曲名なんだけど寿司か、ハンバーグか、オムライスどれが良い?”って言われて、“俺はハンバーグがいい”って返したんですよ。それで“そうだよね”って感じでなったんですけど、結局『寿司』っていうタイトルになっていて(笑)。
Yurin:結構遊びというか力が抜けた感じの印象がありました。なのでタイトルもそういうふわっとした感じでいこうかなと。

──メロディーは抜けているような感じはせず、真面目に良い曲だなと思わせてくれますが!
Yurin:まあ、そうですね…(笑)
抜けてるのは歌詞ですかね。「おいしいものを食べたら きっと案外どうでも良くなる」とか、「大嫌いなあいつのこととか 思い出して腹が立ってきた」とかは、生活感じゃないですけど、だらけた感じがあるというか。「心の洗濯」とか「排水溝に全部流そう」とかの生活感がふわっとした感じ、ゆるい感じの印象が作り終ってあったので。
▲Yurin
煮詰まったときの改善方法を教えます!
──この曲では、「湯船の中 潜った先には」と言っていますが、皆さんが煮詰まったときにすることを教えてください!
Yurin:寝る!ですね。寝たらなんでも回復するというか、全部どうにかなりますね。

──悩みすぎて寝れないようなことはないですか?
Yurin:寝ようと思ったら寝れますね。結構お得な性格してますね。あんまりストレスがたまったりとか、暗くなったりすることはないかな。

──知さんはどうですか?
知:僕はその問題になっている事を考えないで、数日過ごす感じです。

──ただ過ごすんですか?
知:そうです。ただ寝て起きてもイライラして起きちゃうんですよ。そういうことって時間が経つしかないので、ただ過ごすしかないですね。話は変わりますがこの間、飛行機で札幌に行って、帰りの飛行機でゲームのナンバープレイスをやっていたんですよ。眠かったのもあって、20分ぐらいたっても全然できなかったんですよ。
それでこのインタビューが始まる前に時間があったので、やっていたら5分で解けて。ああ、時間置くってこういう事なんだな。って思ったんです。

──そういう事ですね!!
知:頭のスイッチを変えるのは、忘れて時間を置くしかないと思うので。曲を作るときも煮詰まっていたら、しばらくはそれを考えないで違う曲を作ったりとかもして。作業は、1個だけをずっとやっていることは出来ないですね。
Yurin:曲作りに関しては色んな人がそれを言っていて。1日かけてワンコーラス出来上がらなかったら、他の曲に取り掛かった方が良いとは言われてますね。

──ナンプレが良い例えしたね!
知:そうなんですよ。だから曲作りも別の事をやっているときに、さっきの曲こうすれば良かったとふと思うから。勉強も違う科目をやって息抜きをした方がいいですね。

──フジムラさんはどうですか?
フジムラ:僕、曲が出来ないときはだいぶ落ち込むタイプなんですけど、そういうときはお酒を飲んで、映画を見るんですよ。それで映画も悲しい作品を見るんですよ。悲しい映画を見る理由は、今自分が悩んでいるちっぽけな悩みなんて、主人公の悲しみに比べたらこんなもんだなって思って、気を紛らわせるためです。映画を2本ぐらい見て寝て、次の日頑張るのを繰り返していました。

──曲がその映画の世界観寄りになったりはしないですか?!
フジムラ:しないですね。主人公と自分の悲しみを比べるために見るだけなんで(笑)
Yurin:自分より下を見るのね(笑)
知:悲しいとき、悲しい気持ちで寄り添って欲しいって言ってたよね?
フジムラ:そう!同情してほしい!
知:『クローバー』は背中を押す曲で、悲しいときよりテンションが上がっているときに聴きたいって言っていて。落ち込んでいるときは、悲しい映画を見た方が寄り添ってくれるんだと思いますね。
フジムラ:明るいのを見ると、無理やり連れていかれちゃいそうな気がして(笑)元気の押し売りですね!

先輩バンドとの対バンライブの見どころは!
──7月19日からアーティストの方をお呼びして対バン形式の「僕らのサイダーウォーズ3-先輩、よろしくお願いします-」を開催されますね。
知:そうですね。大阪ではヒトリエさんを呼ぶ予定だったんですけど、ボーカルのwowakaさんが亡くなってしまって。それでヒトリエと2マンさせて頂きたい気持ちがあったので、大阪はワンマンでやらせて頂く事になりました。

──なるほど。それでは、同公演への意気込みをお願いします!
フジムラ:僕らがバンドを始める前に聴いていた先輩バンドと2マンってやったことがなかったので、今回自分たちのツアーでライブを出来るのが幸せなので、先輩に負けぬよう必死に食らいついていこうと思います。

──見どころはどうでしょうか?

知:先輩と対バンできるからこそ、やれることをやるかもしれません(笑)

──楽しみにしております!インタビューは以上です!ありがとうございました!
全員:ありがとうございました!
TEXT&PHOTO 愛香
プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
7/21 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着