Poet-type.M

Poet-type.M

Poet-type.M、
過去曲のリブートEP
『Lost Verse(s)』配信リリース。
&10⽉にワンマンライブ開催

⾨⽥匡陽のソロプロジェクト、Poet-type.Mが⾃⾝初の試みとなる、リブート作品集 『Lost Verse(s)』(読:ロストヴァース)を7月10⽇(水)にデジタルリリースする。

ミックスエンジニアにD.A.N.、PAELLAS、⾬のパレード、MONO NO AWAREなどを⼿がける葛⻄敏彦⽒を迎えた本EPは、これまで発表してきた耽美でダークな世界観を持つPoet-type.Mの作品から厳選された4曲に、2019年に結成20周年を迎えたBURGER NUDSの楽曲を選曲。歌詞を⼀部書き換えたり、ダンスミュージックやシューゲイズポップのサウンドアプローチを取り⼊れることで、現在進⾏形にリブートした。

また、10⽉8⽇(火)に単独公演『Ergonomics(s)』(読:エルゴノミクス)を渋⾕La.mamaで開催することも決定。チケット先⾏発売は7⽉12⽇(金)からスタート!

【⾨⽥匡陽コメント(抜粋)】

これは遺失物なんだろうか?それとも⾎液なのだろうか?
⾊を濃くして何処迄も纏わり付いてくるこの影なんだろうか?
今薄い胸に残っている感傷は失われた旋律達に殆ど捧げたと思う。
失くさないと探せないよ。
当たり前じゃん。
EP『Lost Verse(s)』2019年7月10日配信リリース
    • PTMM-1039
    • <収録曲>
    • 1.Departures
    • 2.I Donʼt Wanna Grow Up
    • 3. Down To Heaven
    • 4.Pajamas
    • 5.Analyze

『Poet-type.M 単独公演 “Ergonomics(s)" 』

東京・渋⾕La.mama
時間:19:30 OPEN / 20:00 START
<チケット>
料金:¥3,500(税込/ドリンク代別¥600)
⼀般発売:7月27日(⼟)10:00〜

Poet-type.M
EP『Lost Verse(s)』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着