Music FM利用実態に関するアンケート
で7割以上が「使っている/使っていた

ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年6月18日から6月25日の期間中、10代から30代の男女を対象に、『Music FM』の利用実態に関するアンケート調査が行われ、その調査結果が発表された。
公開された調査結果と分析は以下の通り。

認知度は全世代で高い割合に

まず対象者1,203人に「MusicFMを知っていますか?」と質問。その結果、過半数を超える57.0%が「知っている」と回答しました。
これを年代別に分けると15歳~19歳の認知率が圧倒的に高く、8割近い77.5%が『Music FM』を知っていると回答。15歳未満・20代でも認知率は過半数超え、最も少ない30代でも4割を超えており『Music FM』が幅広い世代に知られていることが分かります。
※アンケートの仕様上、10代が「15歳未満」と「15歳~19歳」に分かれていますが、「15歳未満」に属する方の最年少は12歳なので「15歳未満」は実質的に12歳~14歳となります。
「知っている」と回答した686人を年代・性別で分けると、やや女性の方が認知率が高い傾向にありますが大きな差は見られませんでした。
続いて『Music FM』を知っていると回答した686人に、知ったきっかけについて質問してみると、App StoreやGoogle Playストアなどの「アプリストア」が37.3%、「友達から教えてもらった」が23.2%、「SNS」が17.6%となりました。なお「その他」が2.5%あり(画像灰色部分)、その詳細は「忘れた」「覚えていない」という回答がほとんどでした。

7割以上が「使っている」または「使っ
ていた」と回答

次に『Music FM』を実際に使ったことがあるか聞いたところ、41.0%が「現在使っている」と回答。さらに31.8%が「過去使っていた」と回答し、合わせると7割以上が一度は使ったことがあるという事になります。
この回答を年代別に見てみると、「現在使っている」と回答した割合が特に高い年代は「15歳~19歳(43.3%)」「20歳~29歳(45.2%)」であることが分かりました。
次に「現在使っている」と「過去使っていた」の回答の年代別構成比を出してみると、現在と過去ともに15歳~19歳の割合が最も高いことが分かります。次に多いのは20代で、現在の利用者の約3割を占めていることになります。
SNSなどでは「ユーザーはお金がない中高生が多い」といった主旨が目立つ印象ですが、金銭的余裕がないであろう15歳未満の割合は案外少なく、「現実使っている」と回答した中では最も低い16.7%です。

年代で男女比に差がある

さらに「現在使っている」と回答した方の年代別男女比では、15歳未満が57.4%、15歳~19歳が62.0%と女性比率が高く、20代では58.3%、30代で58.0%と男性比率の方が高いことが分かりました。
「過去使っていた」と回答した方の男女比に大きな差はなく、全年代でほぼ半々です。

『Music FM』を使う理由は?ほかに何で
音楽を聴く?

『Music FM』を「現在使っている」または「過去使っていた」と回答した499人に、『Music FM』を使う理由について質問したところ、「無料だから」が最多で74.7%でした。
正規の音楽配信サービスにも無料プランが用意されているものもありますが、その場合、何らかの機能制限があり、『Music FM』のユーザーからすれば「無料でフル機能を使える」のが当然なので、マイナスポイントとして捉えられてしまうのかもしれません。
※複数回答のため重複があります。総回答数920。
次に、『Music FM』を現在使っていると回答した281人に「Music FM以外で音楽を聴く方法は?」と質問。トップは64.4%で「YouTubeなどの動画サービスで聴く」でした。また「CD音源をスマホに入れる(32.0%)」「配信サービスの有料会員(23.8%)」「販売サイトでの楽曲購入(12.8%)」など、『Music FM』を使いつつ音楽を聴くことにお金をかけている方も多くいるようです。
『Music FM』を過去使っていた218人の方には、現在何で音楽を聴いているか質問しました。割合の差はあるものの前問とほぼ同じ傾向の回答が得られましたが、「配信サービスの有料会員」と「販売サイトでの楽曲購入」の割合が下がっています。「配信サービスの無料会員」「配信サービスの有料会員」「販売サイトでの楽曲購入」は、現在『Music FM』を利用している方の回答と比べて大きくポイントを下げました。

音楽配信サービスに払える金額は「500
円まで」が最多

続いて『Music FM』を現在利用している281人に「Music FMが有料になったら月いくらまでなら利用しますか?」と質問したところ、42.3%が「有料なら使わない」と回答。
一見多いように見えますが、逆に言えば金額の差こそあれど半数以上の方が「有料でも使う」ということです。払える金額は「月101円~500円まで」が最も多い21.4%、「501円~1,000円まで」で11.4%です。
過去利用していた方には、「定額音楽配信サービスを月いくらまでなら利用するか?」と質問しました。やはり「有料なら使わない」が最も多い回答を得ましたが、「101円~500円まで」「501円~1,000円まで」の割合が現在『Music FM』を利用している方よりも若干高くなっています。

Music FMがなくなっても「代わりのアプ
リを探す」

最後に、現在『MusicFM』を利用している方に「Music FMがなくなったらどうしますか?」と質問したところ、55.2%が「代わりのアプリを探す」と回答しました。
Q5である程度の回答を得ていた「音楽配信サービス」「CD」「販売サイト」の割合はグッと低くなってはいますが、3割程度の方は有料サービス(定額音楽配信サービス、CD、楽曲販売サイト)に移行する意思があるようです。
これを年代別にすると、20代以降は定額音楽配信サービスへの移行意思が比較的高く表れました。10代ではそれが20代~30代の半分程度、また「販売サイトの利用」がほとんどありません。これは金銭的余裕だけでなく、各サービスやサイトの決済方法にもよるのかもしれません。その分、現金で購入・レンタルできるCDの割合が高くなっていると思われます。
本アンケートで『Music FM』が幅広い層に利用されていること、『Music FM』と正規サービスを併用している方も多くいること、移行先に正規サービスを選択する方も多いことなどが分かりました。正規のサービスも無料プランの提供方法や支払手段を見直すなどすることで、違法性の高いサービスからユーザーを獲得できる余地はあるように思います。
■アンケート回収者内訳
<性別・年代>性別男性:586人(48.7%)女性:617人(51.3%)合計:1,203人
年代15歳未満:244人(20.3%)15歳~19歳:298人(24.8%)20歳~29歳:330人(27.4%)30歳~39歳:331人(27.5%)
<職業>公務員:31人(2.6%)経営者・役員:4人(0.3%)会社員(事務系):133人(11.1%)会社員(技術系):80人(6.7%)会社員(その他):128人(10.6%)自営業:10人(0.8%)自由業:14人(1.2%)専業主婦(主夫):57人(4.7%)パート・アルバイト:121人(10.1%)学生:532人(44.2%)その他:93人(7.7%)
出典元:

スマホアプリ発見サービス「Appliv」 2012年にサービスを開始した、月間900万UUを誇る国内最大級のアプリ紹介メディア。 “アプリインストールをもっと身近なものにする”というサービス理念のもと、スマートフォンおよびアプリに関連する情報を幅広く扱っております。 【サイトURL】https://app-liv.jp

【関連記事】
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着