Age Factory

Age Factory

Age Factory、新たな主催イベント"F
ight Club”開催!ドミコ、ENTHが出
演!

Age Factoryが新たに立ち上げた自主企画イベント「Fight Club」。その東京公演が7月1日に代官山UNITにて行われた。これまで行ってきた対バン自主企画「EGUMI」とは異なる趣旨を持つ同イベントの初回ゲストに選ばれたのは、ENTHドミコ。Age Factoryと同じく少数精鋭であり、ひとつのジャンルに縛られない音楽性を持ち、様々なシーン/フィールドで活躍するバンドだ。

King Crimsonの「Easy Money」をSEに登場したドミコは、さかしたひかる(Vo/Gt)がおもむろにギターを弾き始めミッドナンバー「怪獣たちは」を歌い出す。そこに長谷川啓太(Dr)がビートを重ね、楽曲の終盤にスピードを上げていくと、そのまま「こんなのおかしくない?」「わからない」と畳み掛けた。「まどろまない」の冒頭にはダンサブルな長尺のインスト演奏を入れ、ライブならではのアレンジやスリリングな曲間も相まって、たちまち場内はアンニュイでありながらもソリッドなサウンドスケープで充満していった。
さかしたは「Age Factory呼んでくれてありがとうございます」や「最後までみなさん楽しんでいってください」など必要以上に多くは語らないクールな佇まい。だが丁寧な言い回しと渾身の演奏に、共演者や観客への敬意が詰まっていた。青いライトのなか披露された「深海旅行にて」は、メランコリックでマイナー調の音色に緊張感が通い、メンバーの集中力はより強度を増す。アウトロではさかしたがギターを弾き倒し、バスドラの上に飛び乗るなど、観るものを驚嘆させる迫真のパフォーマンスを見せた。
その後も展開の多い「united pancake」などを熱い歌声で小気味よく届け、「ペーパーロールスター」で痛快にフィニッシュ。去り際にも観客とAge Factoryに感謝と敬意を表し、最後まで自分たちのポリシーを貫いた。

名古屋の3ピース・ENTHは自身の楽曲「Night」をSEに登場。daipon(Ba/Vo)が「ENTHちゃん始めます!」と言うと、ハードコア、メタル、パンクなど様々なジャンルの轟音・爆音を詰め込んだ「TH」でライブをスタートさせた。takumi(Dr/Cho)は高速ドラムを繰り出し、Naoki(Gt/Cho)は高々とジャンプしたり、クラップを煽るなど、演奏とパフォーマンスで観客を引き込んでいく。メロディアスな「IN MY VEIN」や「HANGOVER」などでは、炸裂し続ける演奏に加え、3人のハーモニーでも魅了した。
普段はメロコア畑でのライブが多い彼らだが、ここ1、2年はそれ以外のジャンルのバンドやイベントから声がかかることも多いとのこと。daiponが「俺らはクラスのお調子者がそのまま大人になっちゃったような人間たちで、普段はこういうバンドを観ないという人も多いかもしれないけど、一緒に遊んでくれますか?」とにこやかな笑顔でフランクに語り掛けると、フロアからは歓声が沸いた。
「LOVE ME MORE」ではシンガロングやコール&レスポンスが起こり、美メロの「ムーンレイカー」はエモーショナルに加速。「Get Started Together」は、琴線に触れるメロディとエネルギッシュなプレイが最大限に発揮される。それに突き動かされるように観客もダイブやモッシュなどに興じ、ステージもフロアも絶えずポジティブなエネルギーで溢れたライブとなった。

最後は、熱気の溢れる会場に歓声と共に登場したAge Factory。SEであるMobyの「Porcelain」をかき消すように音を鳴らした1曲目は「GOLD」。のっけから全身を振り絞って歌い叫ぶ清水エイスケ(Vo/Gt)に負けじと、観客も強烈なシンガロングを上げる。「WORLD IS MINE」などハードな楽曲を鬼気迫る音で鳴らしたあと、増子央人(Dr)と西口直人(Ba)の刻むビートに乗せて清水がフリースタイルのラップを乗せ「Puke」へ。脳天をぶち抜くような熾烈な音と露になった反骨精神は、観客の全身を痺れさせるには充分だった。
客席に向かって「目を閉じろ」と新曲「CLOSE EYE」を初披露、羅列された強烈なワードと重たいビートでクールな爆発を繰り返す。緊迫感のある演奏のあと、清水は「今日楽しいっすね。我ながらいいイベントを組んだと思います」と笑みを浮かべ、先日制作した新曲3曲をすべて披露すると宣言。続く新曲「HIGH WAY BEACH」は、鮮烈なイントロから始まり、曲が始まる前に「美しい景色が忘れられない」と言っていた、その景色が目の前に広がるような繊細で美しい楽曲で、西口のやわらかいコーラスも効果的に響いた。
同曲を境に、アグレッシブで突き刺す音像から、深い情や包容力が染み込んでくる空間へ。「million」「ロードショー」の強かであたたかい音色と伸びやかな歌でもって、晴れやかな空気感へと移り行く様は非常にドラマチックだった。しばしの静寂のあと、ギターを爪弾きながら「もう何もいらないでしょう、俺たち。溢れすぎている気がする」と語った清水は、そのまま新曲「nothing anymore」を歌い出す。喉を枯らしながら叫び続ける彼と、それを支えるしなやかで柔らかいリズム隊の織り成すストレートなバラードは、これまでのAge Factoryにはないスケール感を放っていた。
披露した新曲を8月と9月に3作連続で配信リリースすることと、秋にワンマンツアーを行うことを発表したあとは「See you in my dream」でドラマチックに疾走し、「また会いに来てくれ、俺たちいつまでもここでやってるよ」と呼びかけて「TONBO」で雄大に本編を締めくくる。健やかに未来を見つめるバンドの想いに応えるように、フロアからも高らかにシンガロングが起きた。
アンコールは「旅の歌を唄いたくなったので、全員で歌ってくれよ」と清水が言い、「Tours」を演奏。笑顔を見せながら歌った彼は、「また旅の続きで会おう」という言葉でこの日の最後を彩った。同日22時、彼らは披露した新曲をUK.PROJECT内のレーベルDAIZAWA RECORDSからリリースすることを発表。新たな旅に出た彼らの動向を今後も注視したい。

文=沖さやこ
写真=西槇太一
Age Factory
Age Factory
Age Factory
Age Factory
Age Factory
Age Factory
Age Factory
ドミコ
ドミコ
ドミコ
ドミコ
ドミコ
ドミコ
ENTH
ENTH
ENTH
ENTH
ENTH
ENTH

Fight Club

【セットリスト】

[ドミコ]
01. 怪獣たちは
02. こんなのおかしくない?
03. わからない
04. まどろまない
05. 旅行ごっこ
06. My Body is Dead
07. 深海旅行にて
08. マカロニグラタン
09. united pancake
10. ペーパーロールスター

[ENTH]
01. TH
02. HAHA
03. IN MY VEIN
04. HANGOVER
05. VooDoo Shangrila
06. LOVE ME MORE
07. ムーンレイカー
08. Gentleman Kill
09. SLEEPWALK
10. Will
11. Get Started Together
12. Bong! Cafe au ‘lait Acoustic Guitar!

[Age Factory]
01. GOLD
02. CLEAN UP
03. WORLD IS MINE
04. Puke
05. CLOSE EYE(新曲)
06. HIGHWAY BEACH(新曲)
07. million
08. ロードショー
09. nothing anymore(新曲)
10. See you in my dream
11. TONBO
EN. Tours

【イベント概要】

Age Factory presents「Fight Club」東京公演
公演日 : 2019年7月1日(月)
会場 : 東京 代官山 UNIT
OPEN 18:00 / START 19:00
前売り券料金 : 3,000円(DRINK代別)
出演者 : Age Factory / ENTH / ドミコ

新着