ロバート・プラント、23年ぶりに「I
mmigrant Song」をパフォーマンス

ロバート・プラントが、6月23日にアイスランドで開かれたフェスティバル<Secret Solstice>で、レッド・ツェッペリンの楽曲「Immigrant Song(移民の歌)」(1970年)を23年ぶりにパフォーマンスした。
レッド・ツェッペリンのニュースや噂を掲載するサイト『Led Zeppelin News』によると、プラントがこの曲をライブ・パフォーマンスするのは、1996年2月9日、ジミー・ペイジと開いた日本(武道館)公演以来だったという。ソロでは1991年1月のロンドン公演以来、レッド・ツェッペリンの公演では1973年1月18日(英国ブラッドフォード)が最後だった。2007年12月10日に行なわれたレッド・ツェッペリンの再結成パフォーマンスでは、プレイされなかった。

「Immigrant Song」は、レッド・ツェッペリンが1970年にアイスランドの首都レイキャヴィークを訪問したときに、プラントが歌詞のインスピレーションを得て完成したと言われており、今回、同国でのセットリストに入れたのではと推測されている。
その2日後、ノルウェーで行なった公演ではプレイされなかった。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着