THE BACK HORN

THE BACK HORN

THE BACK HORN、
10月にアルバムリリース決定!
新曲「心臓が止まるまでは」先行配信

THE BACK HORNが前作『運命開花』以来約4年ぶり12枚目となるオリジナルアルバムを10月23日(水)にリリースする。そのアルバムに収録される新曲「心臓が止まるまでは」の先行配信がスタートし、ミュージックビデオも公開された。

「心臓が止まるまでは」は、菅波栄純(Gu)が作詞作曲を手掛けたTHE BACK HORNならではロックサウンドと巧みな言葉遊びがふんだんに盛り込まれた意欲作。MVは「孤独を繋いで」「Running Away」など、これまでにもTHE BACK HORNのMVを数々手掛けている田辺秀伸氏が担当しており、エッジの効いたカオスでPOPな世界観に仕上がっている。

さらに、11月からは全国ツアーの開催も決定! 11月18日(月)の東京・渋谷WWW X公演を皮切りに、2020年2月15日(土)の東京・新木場STUDIO COAST公演まで、全国20都市22公演での開催となる。チケットはファンクラブ“-THE BACK HORN CLUB-銀河遊牧民”にて受付中!

なおTHE BACK HORNは現在、盟友ACIDMAN、ストレイテナーとの東名阪3マンツアーを開催しており、6月28日(金)に大阪・Zepp Osaka Baysideでツアーファイナルを迎える。

■「心臓が止まるまでは」MV GYAO! URL
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v09403/v0994000000000543835/

【コメント】

■菅波栄純(Gu)
「「心臓が止まるまでは」は、“何があっても音楽やり続けてやる!”という気合を込めて書きました。
自分とがっつり向き合って出てくる言葉を結晶化したら、生き抜く為の音楽になりました。
ドス黒いし、壊れてるし、ブッ飛んでるかもしれないけど、この曲で救われたような心地になる人は絶対にいると確信しています。
この奇妙で、俺たちTHE BACK HORNにしか鳴らせないであろうロックで踊り狂わないか?
そして、共に叫ばないか?」

■田辺秀伸(監督)
「今回の楽曲を聞かせていただき、
悟るような人生観、生き方、信念を感じ、
どこか人間の境地を超えた世界観を演出しようと思いました。
セパレートされたメンバーは心臓の4つの空間をイメージし、
メンバーの演奏で鼓動が鳴り響く設定のもと絵作りをしました。
人間の境地を超えた神様同士が愛し合い、一つの命が誕生し、その命が叫び続ける。
そんな原始的なテーマにファッション性やグラフィック要素を入れ込み映像化しました。
神様曼荼羅の世界や各シーンのメンバーの命のこもった表情、演奏を見ていただきたいです」

「心臓が止まるまでは」MV

配信シングル「心臓が止まるまでは」2019年6月28日配信リリース
アルバム『タイトル未定』2019年10月23日発売
    • ※詳細は後日発表

『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」』

11月18日(月) 東京・渋谷WWW X
11月21日(木) 静岡・浜松窓枠
11月23日(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
11月27日(水) 埼玉・HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1
11月30日(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
12月04日(水) 京都・京都磔磔
12月06日(金) 石川・金沢EIGHT HALL
12月07日(土) 長野・松本Sound Hall aC
12月12日(木) 鳥取・米子AZTiC laughs
12月13日(金) 広島・広島クラブクアトロ
12月15日(日) 福岡・福岡DRUM LOGOS
12月21日(土) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
12月22日(日) 宮城・仙台Rensa
<2020年>
1月10日(金) 香川・高松MONSTER
1月11日(土) 高知・高知X.pt
1月17日(金) 大阪・BIGCAT
1月23日(木) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
1月24日(金) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
1月31日(金) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
2月02日(日) 鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
2月11日(火) 大阪・Umeda TRAD
2月15日(土) 東京・新木場STUDIO COAST

<チケット>
チケット代:¥4,300(税込・D代別)
※4歳以上チケット必要

◎特設サイトURL
http://www.thebackhorn.com/feat/12th_al/

THE BACK HORN
配信シングル「心臓が止まるまでは」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着