【対談】感覚ピエロ×ニガミ17才、「
共通点は“お客さん本位”なのかも」

感覚ピエロが5月より全国25ヵ所の対バン&ワンマンツアー<感覚ピエロ 5-6th anniversary「LIVE - RATION 2019」 ~奮い立たせてなんぼでしょ~>を開催中だ。同ツアーは、11月開催が決定している自身最大級の挑戦“幕張メッセ・ワンマンライブ”に向けて行われているものでもある。BARKSでは昨年のツアー<47都道府県ツアー2018「KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!〜チェンジだなんて言わせない〜」>の際に展開した特集企画と同様、ツーマン公演から毎月一組をピックアップしてライブレポートおよび対談連載を実施する。
その第1回目は、横山直弘(Vo/G)が大学生時代に好きだったバンド“嘘つきバービー”の首謀者である岩下優介が2016年に結成したニガミ17才。“おしゃれ且つ変態な表現”をコンセプトに掲げる彼らと感覚ピエロの共通点/相違点とは何か? 5月30日、栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2での対バン公演を終えたばかりの2組に楽屋裏で話を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■ここにいる全演者8人で
■ひとつのハコを作りあげる

──ライブおつかれさまでした! まず、お互いのステージを見た感想からお願いします。

横山(Vo/G):むちゃくちゃ幸せでした。“全員本物や~!”と思って。ヤバかったですよ。俺、イリュージョンを見てる感覚だったんですよ。「最後の1曲です」って言ったのが、すごく早かったじゃないですか。

滝口(B):まだ15分ぐらい持ち時間が残ってたもんね。
横山:そうしたら、最後の曲(「かわきもの」)が長くて、時間どおりに終わるっていう。

秋月(G):あれ、アドリブですよね?

岩下(Vo):半アドリブですね。今日、時間通りに終わったのは、偶然なんですよ。実はストップウォッチを押し忘れて……。

平沢(Key):私が押し忘れました(笑)。だから、やり始めたときの時間を見て、「あと3分」とか「あと1分」って、岩さんに合図を送ってたんですよ。

感覚ピエロ全員:へー!

岩下:楽屋戻ったら、感覚ピエロのみなさん、すごく盛り上がってましたもんね、「時間ピッタリ!」って(笑)。
──ニガミ17才は感覚ピエロのライブを生で見るのは初めてだったそうですね?

岩下:圧倒的でしたね。個々の個性がありつつ、良いライブでした。

横山:ありがとうございます(笑)。

──今回、感覚ピエロからの熱いラブコールで対バンが実現したわけですけども。どういう経緯でオファーすることになったんですか?

秋月:俺がInstagramのストーリーズで、ニガミ17才のことを、「このバンドめっちゃかっこいい!」ってあげたんですよ。そうしたら、横ちゃんからLINEがきたんです。「めっちゃイイですよね!」って。で、横ちゃんから「前身バンドが嘘つきバービー」だっていうことも教えてもらって。それが、もう1年ぐらい前ですね。そのときすでに前回ツアーが始まってたから、「次のタイミングで声をかけられたらいいね」って話してたんです。

岩下:ああ、嬉しいですね。
──横山くんは、大学生のときから嘘つきバービーが好きだったそうですが?

横山:そう。だから俺、今こうして岩下さんの隣に座ってるだけで無理なんですよ。すっと自分のスタイルを貫いてるところがカッコいいんですよね。ゆらゆら帝国へのリスペクトも感じるし。そういうバンドが今あんまりいないから、“見つけてしまった!”と思って。

──横山くんは、ゆらゆら帝国も大好きですもんね。

岩下:あ、そうなんだ?

横山:そうなんです。だから嘘つきバービーが解散したとき、めっちゃショックだったんですよ。“またひとついいバンドが終わっちゃったな”って。そのあと、Twitterでニガミ17才を結成したことを知って、今日、対バンができた。“俺、音楽続けてて良かったな”と思ってます。

──ニガミ17才としては、対バンに誘われてどう思いましたか?

岩下:ジャンル的には全然違うバンドだと思ってたから、まさか呼ばれるとは思ってませんでした。でも、対バンに呼んでもらったからには、ここにいる全演者8人でひとつのハコを作りあげるっていうことだから、それに対してワクワクしてましたね。
──実際に対バンをしてみて、感覚ピエロの印象が変わったりしました?

岩下:僕、たまたま感覚ピエロが出てた『Love music』(4月28日放送回)を見てて。

秋月:「O・P・P・A・I」ですね。

岩下:だから、今日聴けてうれしかったんですけど(笑)、テレビを見たときは「西尾さん(アキレス健太)の体、きれいー!」って思ってたんですよ。

アキレス健太(Dr):ありがとうございます。

滝口大樹(B):ある種、生で拝めたわけですね。

岩下:キン消し(キン肉マン消しゴム)と同じバランスですよね(全員笑)。……えっと……何の話でしたっけ?

──感覚ピエロの印象です(笑)。

岩下:あ、そうか。ライブを見るまでは、あんなに“お客さんと一緒に盛り上がろうぜ”みたいなイメージはなかったんですよ。もっと“自分のスタイルでやるのかな?”と思ってたけど。そこは僕らと共通してるなと思いました。
■5拍子の上に4拍子をのせるなんて
■普通はカウントできないと思います

──それで言うと、ニガミ17才こそやりたい放題にやって、お客さんを置いてきぼりにするぐらいの勢いかなと思ったら、ちゃんと一緒に盛り上げるという。

横山:ニガミのライブは、めちゃくちゃキャッチーですよね。

秋月:ほどよい変態感というか。アングラっぽい感じと、キャッチーさのバランスがいいんですよ。もともと俺らも、初期の作品は今よりもアングラっぽかったんです。変拍子の曲もやってたし。今はだんだんキャッチーさを意識するようにななってきたけど。だからもしかしたら、このバランス感みたいなものは共通してるかもしれないです。
──ニガミ17才のコンセプトは、“おしゃれ且つ変態な表現”を目指してるそうですけど、それはバンドを組んだときから決めてたんですか?

平沢:それこそ嘘つきバービーの時代は、岩さんの変態要素が強くて、何をやっても変態になってしまってたんですよ。でも、岩さんが、ニガミ17才を始めるにあたって、「もっとポップな音楽をやりたい」って言ってて。そこから、オシャレな要素を足していくことで、聴き手にはポップに感じてもらえるかな?って考えてやってますね。

横山:どっちのバンドもお客さん本位なのかもしれないですね。

岩下:あ、そうかも!

横山:いつも、お客さんがどう捉えるかっていうところにフォーカスしてるというか。
──その“お客さん本位”が炸裂してるのが、感覚ピエロで言うと、「O・P・P・A・I」のコール&レスポンスだろうし、ニガミ17才で言うと、最初に話題に出た「かわきもの」ですよね。5拍子の曲にのせて、4拍子の手拍子で盛り上げるっていう。

岩下:あれは、最初は普通に5拍子の曲をやってたんですよ。

平沢:でも、“お客さんがノリにくそうだなあ”ってなってね。いろいろやるようになったんです。

──途中でボサノヴァとか演歌風に曲調が変わっていきますけど、ああいう演奏って、感エロのリズム隊から見てどうですか?

滝口:無理です。絶対にできないですよ。

秋月:うちはリズム隊も無理だし、横ちゃんもできないよね。そもそも5拍子の上に4拍子をのせるなんて、普通はカウントできないと思います。
岩下:まあ、僕らもめちゃくちゃ練習してますからね。

小銭(Dr):必死ですよ。

──「かわきもの」には他の曲アレンジもあるんですか?

岩下:レゲエとか。こないだは青春パンクもやってみたよね。

イザキ(B):「え、パンク!?」って言いながら。

秋月:それができる個々のスキルがヤバいですよね。
──逆に、ニガミ17才から見て、感覚ピエロの「あれは真似できない」と思うところは?

岩下:僕はストレートな想いを伝えられないんですよ。恥ずかしくなっちゃうから。あと、リズム隊も一緒に曲を口ずさんでるじゃないですか。あれはイイですよね。うちは絶対に歌えないですからね。まず、歌詞を覚えてないから。“どうせ いいちこがどうの”みたいな歌詞でしょ?って捉え方だし(笑)。

イザキ&小銭:はははは(苦笑)。

岩下:まあ、そこはお互いに違うところだけど、良いところだとも思うんですよね。

──ええ、そのとおりだと思います。すごく似てるけど、違うところもあって。今日はそれがしっかりと伝わるライブでした。

横山:ありがとうございます! じゃあ、今日の取材はこれで終わりですけど、話の続きは打ち上げでぜひ(笑)。

取材・文◎秦理絵
撮影◎ヤマダマサヒロ
■<感覚ピエロ 5-6th anniversary『LIVE - RATION 2019』-奮い立たせてなんぼでしょ->

5月08日(水) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月10日(金) 東京 渋谷CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月14日(火) 神奈川 横浜BAYSIS
w/ 忘れらんねえよ
5月15日(水) 埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
w/ 忘れらんねえよ
5月17日(金) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
※ワンマン
5月23日(木) 北海道 札幌PENNY LANE24
w/ アルカラ
5月28日(火) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
w/ アルカラ
5月30日(木) 栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2
w/ ニガミ17才
6月01日(土) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
w/ ニガミ17才
6月07日(金) 京都 MUSE
w/ 夜の本気ダンス
6月08日(土) 奈良 NEVER LAND
※ワンマン
6月14日(金) 滋賀 U★STONE
w/ Hump Back
6月15日(土) 兵庫 music zoo KOBE 太陽と虎
w/ パノラマパナマタウン
6月16日(日) 香川 高松DIME
w/ LEGO BIG MORL
6月26日(水) 熊本 B.9 V2
w/ オメでたい頭でなにより
6月27日(木) 福岡 DRUM Be-1
w/ オメでたい頭でなにより
6月29日(土) 岐阜 CLUB ROOTS
w/ LAMP IN TERREN
6月30日(日) 三重 松阪M'AXA
w/ LAMP IN TERREN
7月05日(金) 岡山 CRAZYMAMA 2nd room
w/ SIX LOUNGE
7月07日(日) 広島 CLUB QUATTRO
w/ SIX LOUNGE
7月13日(土) 山梨 甲府KAZOO HALL
w/ LEGO BIG MORL
7月14日(日) 東京 マイナビBLITZ赤坂
w/ ミオヤマザキ
7月15日(月・祝) 群馬 高崎club FLEEZ
w/ ヤングオオハラ
7月19日(金) 愛知 DIAMOND HALL
w/ ハルカミライ
7月20日(土) 大阪 BIGCAT
w/ バックドロップシンデレラ
▼チケット
東名阪公演:スタンディング / 2F指定席&スタンディング (マイナビBLITZ赤坂のみ) 4,500円(税込)
対バン公演:3,900円(税込)
■<感覚ピエロ 5-6th anniversary『LIVE - RATION 2019 FINAL』〜幕張ヴァージンはあなたのもの~>

11月04日(月・祝) 幕張メッセ イベントホール
open17:30 / start18:30
▼チケット
全席指定 ¥5,800円(税込)
※年齢制限:小学生以上有料。未就学児童は入場不可
e+:https://eplus.jp/
チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=D9290007
ローチケ: https://l-tike.com/
Yahoo!チケット:http://r.y-tickets.jp/kkp2019
LINEチケット:https://ticket.line.me/sp/kankakupiero
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999


■番組『感覚ピエロの××TV』
放送日時:2019年5月4日(土)より毎週土曜日配信
▼【#01 感覚ピエロの××TV 】企画会議 Vo&Gt 横山直弘編
https://www.youtube.com/watch?v=F8nRCiTdpq0

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着