さかいゆう 10周年記念野外イベント
『SAKAIのJYU』は三部構成

さかいゆうが10月13日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂にて『さかいゆう10th Anniversary Special Live “SAKAIのJYU”』を開催する。本公演はデビュー10周年を記念し、さかいゆう自らのプロデュースによる初の野外音楽イベントで、その内容が3部構成となることが発表された。
第1部はリハーサル無しで挑む“ジャム・セッション”パート「JAMNUTS」。インディーズ時代を彷彿とさせ、さかいの原点を体感できるオープニングとなりそうだ。第2部はさかいゆうのこれまでの活動に関わった豪華ゲストを招き、さかいゆうワークス集とも言える至極の“コラボ”パートを。そして第3部はさかいゆう10年間のヒストリーを凝縮し、その最新進化型を魅せる“ワンマンライブ”となる。第2部のコラボパートにはどんなゲストがラインナップされるのか、続報を楽しみにしていよう。
なお、さかいゆうは、1月にリリースしたニューアルバム『Yu Are Something』からの人気曲でおかもとえみ(フレンズ)との共演が話題を呼んだファンクチューン「確信MAYBE」のリミックス、「確信MAYBE (Kenichiro Nishihara Remix)」を配信リリース。リミックスを手掛けたのはアジアのジャジー・ヒップホップシーンの第一線で活躍するKenichiro Nishihara。オリジナルはレイ・パーカー Jr. のカッティング・ギターが印象的なファンクチューンだが、Remixは打って変わってピアノをフィーチャーした4つ打ちでPOPな仕上がりとなっている。
■さかいゆうコメント
原曲のディープなディスコファンクgrooveから思い切って離れ、よりポップにライトにこの曲の全く別の愛し方を提示したリミックスになりました。Check it out!!っす
■おかもとえみコメント
また新たな輝き方をした確信MAYBE、魅力がすごい!
■Kenichiro Nishiharaコメント
まさにポップス職人!完成度の高い楽曲、全てがパーフェクトと思わずにはいられないアレンジだったので、まずは全てを忘れ、歌だけを活かしたリミックスにするという方向性を定めました。最終的には、もしもさかいゆうさんを自分の楽曲にフィーチャリングできるとしたら?というような夢の共演を勝手に実現させるような、Kenichiro Nishihara節のベーシックを目指したリミックスになったと思います。歌メロにぶつかるすれすれのピアノやシンセのメロディー、またリハモやテンポチェンジなど大胆なアレンジも含め、土足で踏み込むようなアプローチの数々、そこに生まれる新しいメロディーの残像をリスナー各々に感じていただければと、このリミックスが成功していることを祈るばかりです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。