『メメント・モリ』(左から)天国うさぎ・姫里恋那・桜宮るい

『メメント・モリ』(左から)天国うさぎ・姫里恋那・桜宮るい

「メメント・モリ」爆誕! ライバル物
語発進!:瀬名あゆむのアイドル革命!
連載19

地域発アイドルプロデューサーの月イチ連載

瀬名あゆむのアイドル革命!
第19回 「メメント・モリ」爆誕! ライバル物語発進! こんにちは! 仙台と千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。
 実は、『2ねん8くみ仙台』に新たなアイドルユニットが誕生しました!
 天国うさぎ(@_AMAUSACHAN_)、桜宮るい(@neuneuneunen)、姫里恋那(@coco_hime28)、の三名からなるユニット『メメント・モリ』です!
ユニット名は彼女たち自身の発案でした『メメント・モリ』……その意味は、なんと「死を思え」だとか! ラテン語の言葉らしいんです。まわりのカフェのお客さんたちに聞いてみると、昭和世代の大人の方たちは、写真家であり作家の藤原新也さんの著作を思い出すようでした。それが平成世代になると、その本からインスパイアされたという、ミスチルさん(Mr.Children)の楽曲『花 -Mémento-Mori-』のイメージになるみたいです。でもこのユニット名は、それこそ令和世代のメンバー3名が決めたんですよね。ううう……、ギリ昭和生まれ・バリバリ平成育ちの私には、そのワードセンス、なんかわかるようなわからないような…感じです。
 そう、メメント・モリは、3名のメンバーからの自発的な発信から始まったユニットなんです。
 まず、天国うさぎの存在。(ちなみに〝天国〟は〝あまくに〟って読みます) この子、うさぎはアイドルキャストとして『2ねん8くみ仙台』に入店してきてくれたのですが、とっても〝お仕事のできる子〟だったんですよね。天性の接客上手っていうのか、お客様たちに対しての気配りが自然にできて、さらに他のキャストの子たちのことも盛りあげてくれるっていう……。
 飲食店系だけでなく、例えばお洋服屋さんでも量販店でもきっと、こういうキャストさんがいたら、経営者は本当に助かるな、手放したくないなって思える子なんです。本当、将来的には店長になってほしいなって願っちゃうくらいなね。
 だけど私たちはアイドルカフェじゃないですか? 超優秀なキャストさんも素晴らしいけど、そういう子がさらに新たなステージへと足を踏み入れていく様をお見せする場じゃないですか?
 そうしたらね、天国うさぎがぐんぐんとお店でキャストとして活躍しはじめた頃、同時に『2ねん8くみ仙台』からの新ユニット『ふぁんしーどりーみー』(貴咲えみり・星宮さら・紅薔(Alice)もも)もがんがんライブ活動をスタートさせて、大きく目立ってきたんです。
 そんな「ふぁんどり」を目の当たりにして、うさぎは「私もお店のことだけじゃなく、本格的にアイドルをやってみたい……!」と考えるようになったみたいでした。
 そこに、桜宮るいが現れます。るいは元々バンギャで、バンドのボーカルをやっていた、歌える子なんです。自ら、「アングラの世界からこんにちは」なんて言っちゃう、個性的な女の子。
 このるいも、「ユニットやりたい! また歌いたい!」って、うさぎに共感して。
 そして、姫里恋那(ひめりここな)。
 恋那は幼いころからアイドルが大好きで、中学生の時にはなんと親御さんに内緒でAKB48さんのオーディションを受験してたりしてた子なんです。(ちなみに親の承諾ないとダメよ!)
 けど受からなくてね(まぁ合格できる人は本当に一握りですから)、アイドルの夢をあきらめてしまってたと。だけどその後に、『あいどるかふぇ 2ねん8くみ』に出会ってしまったていう。
「アイドルカフェで働けるのはすごく嬉しかったんです。でも〝ステージに立ちたい、ライブに出たい〟って自分から言いだすのは恥ずかしくて……」
 ずっとアイドルに憧れてたから、逆にハードルが上がりすぎていたのかもしれないね。
「だからみんなから〝ライブ、一緒に出ようよ〟って誘われたときは内心めっちゃ嬉しかったです!」
5年間の成果がひとつのライバル物語に そんな、天国うさぎ・桜宮るい・姫里恋那の3人が「私たち、ユニットやりたいです! やらせてください!」ってなったのは、やっぱり『ふぁんしーどりーみー』に大いに刺激されてのことみたいでした。はっきり言うと、ある種の〝ライバル心〟?
 でもそうやって、お店の中で、健全な〝ライバル心〟を持ってくれるのって、私からすれば全然大歓迎というか、「おおっ! こういうのを待ってたぞ!」って感じなんですよね。
 だから、『メメント・モリ』っていうユニット名、衣装も黒中心、カッコいい系を目指していく……っていうコンセプトも彼女たち自身で考えていて、それはやっぱりどこか、カワイイ系の『ふぁんしーどりーみー』へのライバル心かもしれない。
 振り返ってみれば、『2ねん8くみ』を丸5年間やってきまして、明確な形で2つのアイドルユニットが共存してる状況って、実は今回が初めてなんです。
 それは『2ねん8くみ』がグループ化してきて、仙台のお店だけじゃなく、『LIVE HOUSE 88(eighty eight) 』もスタートさせて、たくさんライブができるようになった関係もあると考えています。ライブハウス経営に乗り出すときは「大丈夫かなぁ」って半分心配もあったんですけど、やっぱり〝ふさわしい場所〟ができると、それに刺激されて人間も動きだすんだなって痛感させられました。100万言の言葉を尽くすより、ひとつの場所、ひとつの行動のほうが、より大きく人を動かすエネルギーになることもあるんだなって……なんてね。
 でもね、この2つのユニットには仲良くライバル関係で切磋琢磨してもらいたいけど、本当の本丸のライバルさんたちは日本の全アイドルシーンのアイドルさんたちですから! あ、南にこちゃんの『Siam☆Dream「サイアム☆ドリーム」』の存在とかも考えれば、全アジアのアイドルさんたちでもあるわけですから!
 これから始まる『メメント・モリ』と『ふぁんしーどりーみー』の仙台アイドルカフェ発の「ライバル物語」。これが私たちが5年間やり続けてきての、現時点のひとつの到達点です。
 カッコよく、可愛く、精一杯戦う、我がアイドルたちをぜひぜひ見守ってやってください!
写真:『メメント・モリ』(左から)天国うさぎ・姫里恋那・桜宮るい
<月1回月曜連載>※「南にこ」の月1回連載と交代で掲載
★瀬名あゆむツイッター
https://twitter.com/senachanpon
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』仙台本店ツイッター
https://twitter.com/idolcafe2_8
★2ねん8くみ仙台校 HP http://www.2-8cafe.com/
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』千葉校ツイッター
https://twitter.com/chiba_nippachi
★2ねん8くみ千葉校 HP http://2nen8kumi-chiba.com/
★『ふぁんしーどりーみー』ツイッター
https://twitter.com/fandorichan
★『LIVE HOUSE 88(eighty eight) 』ツイッター
https://twitter.com/tohoku88
【瀬名あゆむ・書籍のお知らせ】
 瀬名あゆむの新書『元アイドルのAVギャル瀬名あゆむ、アイドルプロデューサーになる』(787円税別)全国書店・ネット書店で絶賛発売中です。発売から一定期間が経過したため、店頭にない場合も多いかもしれません。是非、お取り寄せでご購入ください。
http://books.rakuten.co.jp/rb/15068251/
詳細・他の販売店ご案内:
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_024.html
【『2ねん8くみ』楽曲カラオケ&CDのお知らせ】
 デビュー曲『クラスメイト』がついに[カラオケDAM]に入りました!新曲『ドリーム☆ステージ』も[カラオケJOYSOUND]にて全国配信されています。
 さらにCD『アイドルライブラリー Vol.04』に「2ねん8くみ」の『ドリーム☆ステージ』と、「Asterisk from 2ねん8くみ」の『answer』が収録されています。Aが頭文字の某大手ネット通販サイトなどでお買い求めいただけます。
【瀬名あゆむ:プロフィール】
仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり累計800本以上に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。
連載バックナンバー
https://wp.me/p95UoP-aT

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。

ブッチNEWS

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」