SUPER BEAVER

SUPER BEAVER

SUPER BEAVER、
神戸ワールド記念ホール&
代々木第一体育館にて
アリーナワンマンを開催

SUPER BEAVERが、『都会のラクダ ″ホール&ライブハウス+アリーナ″ TOUR 2019-2020 ~スーパー立ちと座りと、ラクダ放題~』と銘打ち、神戸ワールド記念ホールの2デイズ公演と、国立代々木競技場第一体育館でのアリーナワンマン公演を発表した。

アリーナ公演は現在開催中のツアーの公演名に+アリーナという表記で解禁され、関西では初となるアリーナクラスでのワンマン公演を2DAYSで実施、また2020年1月12日(日)に渋谷のアリーナで自身最大キャパとなるワンマン公演を開催する。チケット先行は、イープラスにて6月24日(月)からスタート!

なおSUPER BEAVERは、現在2マンツアー『都会のラクダ Tour 2019 ~今すぐお届け!本格、ラクダチェリーパイ!~』を開催中。さらに9月から10月にかけては『都会のラクダ ″ホール&ライブハウス″ TOUR 2019〜立ちと座りと、ラクダ放題〜』も予定されている。

『都会のラクダ
″ホール&ライブハウス+アリーナ″
TOUR 2019-2020
~スーパー立ちと座りと、
ラクダ放題~』

11月30日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
12月01日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
<2020年>
1月12日(日) 東京・国立代々木競技場第一体育館

<チケット>
指定席¥6,000+税
■チケット先行(イープラス受付)
6月24日(月)10:00〜7月3日(水)23:59
https://eplus.jp/sb19-20hp/
■一般発売:2019年9月1日(日) 10:00~

アリーナ公演告知トレーラー

【ライブ情報】

■『都会のラクダ ″ホール&ライブハウス″ TOUR 2019〜立ちと座りと、ラクダ放題〜』
9月19日(木) 香川・高松 festhalle(w/ 東京スカパラダイスオーケストラ)
9月21日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール(ワンマン)
9月23日(月) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール (ワンマン)
9月25日(水) 愛知・Zepp NAGOYA(w/ ジャパハリネット)
10月10日(木) 福岡・福岡DRUM LOGOS(w/ UVERworld)
10月13日(日) 福岡・福岡サンパレス(ワンマン)

■『都会のラクダ Tour 2019 ~今すぐお届け!本格、ラクダチェリーパイ!~』
6月28日(金) 岩手・盛岡Club Change WAVE(w/ Age Factory)
6月30日(日) 山形・ミュージック昭和セッション(w/ Age Factory)
7月18日(木) 愛媛・松山Studio RED(w/ ハルカミライ)
7月21日(日) 山口・周南RISING HALL(w/ Creepy Nuts)
8月08日(木) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM(w/ SIX LOUNGE)
9月05日(木) 石川・金沢EIGHT HALL(w/ Hawaiian6)
9月29日(日) 沖縄・桜坂セントラル(w/ 四星球)
10月03日(木) 神奈川・横浜BAY HALL(w/ SHANK)
10月07日(月) 鹿児島・CAPARVO HALL(w/ ENTH)
10月08日(火) 熊本・B.9 V1(w/ ENTH)

SUPER BEAVER
『都会のラクダ ″ホール&ライブハウス+アリーナ″ TOUR 2019-2020 ~スーパー立ちと座りと、ラクダ放題~』フライヤー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」