6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(スフィア with JAM Project)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(スフィア with JAM Project)

【レポート】
『ランティス祭り』DAY3(7):
スフィアが起こした
『ランティス祭り』だからこその奇跡

音楽レーベル“ランティス”が設立20周年を記念し、6月21日(金)~23日(日)の3日間にわたり幕張メッセ 国際展示場 9~11ホールにて開催している『20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』。その最終日が幕を開けた。

■ ちょろゴンず from
小林さんちのメイドラゴン ■

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(ちょろゴンず from 小林さんちのメイドラゴン)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(ちょろゴンず from 小林さんちのメイドラゴン)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(ちょろゴンず from 小林さんちのメイドラゴン)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(ちょろゴンず from 小林さんちのメイドラゴン)

“みなさん、こんにちは! 『小林さんちのメイドラゴン』から来たちょろゴンずです!”と現れたのは、ちょろゴンず from 小林さんちのメイドラゴン。作中に登場する4匹のドラゴンを演じる桑原由気、長縄まりあ、高田憂希、高橋未奈美の4人によるユニットで、自身が担当したED主題歌「イシュカン・コミュニケーション」を可愛らしい振り付けも交えてフル披露する。サイリウムの光で一面の緑色に染まったフロアーに向かい、エルマ役の高田が“人間さんたち、その光る棒は食べられるのか!?”と呼び掛ける場面も。さらにトール役の桑原から“『小林さんちのメイドラゴン』2期が決定しましたよ!”というお知らせもあり、嬉しいコミュニケーションで心をほっこりさせてくれた。

セットリスト

  1. 1. イシュカン・コミュニケーション

■ Guilty Kiss from
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ■

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(Guilty Kiss from ラブライブ!サンシャイン!! Aqours)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(Guilty Kiss from ラブライブ!サンシャイン!! Aqours)

ここからは初日のトリを飾ったAqoursより、3つの派生ユニットがオーディエンスを熱狂の渦に叩き込む。トップバッターは逢田梨香子(桜内梨子役)、小林愛香(津島善子役)、鈴木愛奈(小原鞠莉役)によるGuilty Kiss from ラブライブ!サンシャイン!! Aqoursで、まずは「Strawberry Trapper」をアグレッシブに投下。Aqoursにも他のユニットにもないハードなロックサウンドに客席はサクラピンク、ホワイト、ヴァイオレットと彼女らのカラーでいっぱいになり、それに応えるべく3人もスタンドマイクを振り上げ、激しいアクションを繰り広げる。“愛こそすべて...Guilty Kiss!”のコールを大音量で巻き起こすと、今度は小指を立ててセクシーに迫る「Shadow gate to love」で、ミステリアスにアプローチ。ひと筋縄ではいかないオーラで、場内をギルキス色に染め上げた。

セットリスト

  1. 1.Strawberry Trapper
  2. 2. Shadow gate to love

■ AZALEA from
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours ■

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(AZALEA from ラブライブ!サンシャイン!! Aqours)

6月23日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(AZALEA from ラブライブ!サンシャイン!! Aqours)

続いて諏訪ななか(松浦果南役)、小宮有紗(黒澤ダイヤ役)、高槻かなこ(国木田花丸役)によるAZALEA from ラブライブ!サンシャイン!! Aqoursがステージに上がれば、瞬く間にサイリウムの色はエメラルドグリーン、レッド、イエローへ。ファンシーな装いとリボンの付いたステッキを振るラブリーな振り付けで恋する乙女の風情を漂わせながら、「トリコリコPLEASE!!」を披露して、オーディエンスのハートを打ち抜いてゆく。“恋の喜び咲かせます。AZALEAです!”というMCからは、さらにオーディエンスを虜にすべく、会場の端から端までステッキで呪文をかけて、見渡す限りの光を恋の色・ピンクに。ビートの利いたエレクトロチューン「INNOCENT BIRD」でクールに誘惑し、マイクのコードを振るデンジャラスな仕草で、まさしく“飴と鞭”ふたつの顔を見せてくれた。

セットリスト

  1. 1. トリコリコPLEASE!!
  2. 2. INNOCENT BIRD

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。