2019年上半期カラオケランキング、米
津玄師が楽曲別&歌手別の両部門を制
覇し3連覇

Photo: 山田智和

カラオケの第一興商が、通信カラオケDAMにおける2019年の上半期カラオケランキングを発表。楽曲別ランキングの1位に輝いたのは、米津玄師の「Lemon」となった。

「Lemon」は2018年3月にリリースされ、今年に入ってからも根強い人気を誇り、DAM週間カラオケランキングで65週連続1位を記録し、今なお更新し続けている。なお、楽曲別ランキングTOP50の中で、同アーティストの楽曲は全6曲がランクインしており、目覚ましい結果を樹立した。

2位は、2018年8月にリリースされたあいみょんの「マリーゴールド」。夏の情景が思い浮かぶようなラブソングで、若者を中心に人気を集めている。3位は、菅田将暉の「さよならエレジー 」。自身が出演するドラマ主題歌としてリリースされ話題となった。
▲DAM 2019年上半期 カラオケランキング <楽曲別50>

歌手別ランキングも米津玄師が1位となった。2位にはあいみょんが初登場。同アーティストの楽曲は、楽曲別TOP50に全5曲がランクインしている。3位は、切ないラブソングから疾走感のあるロックまでをこなすback numberで、楽曲別TOP50に5曲がランクインした。
▲DAM 2019年上半期 カラオケランキング<歌手別20>

上記のように、2018年上半期ランキング、2018年年間ランキングに引き続き、楽曲別と歌手別の両部門において米津玄師が1位を獲得。昨年の勢いをそのままに、人気・話題性ともにカラオケでも最も注目を集めるアーティストとなった。

※ランキングは、第一興商が提供する通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。