スキッド・ロウのメンバー、セバスチ
ャン・バックの『Skid Row』公演に興
味なし

セバスチャン・バックがスキッド・ロウの1stアルバム『Skid Row』のリリース30周年を記念し、全曲をプレイするツアーの開催を発表し、ラジオでオリジナル・メンバーの参加を呼び掛けたが、そのメンバーの1人、デイヴ・スネイク・セイボは興味がないそうだ。
セバスチャンは今月初め、米SiriusXMの『Trunk Nation』に出演した際、「このアルバムは世界中のみんなにとって身近で大切な存在だ。俺はそれを、このツアーを発表したことで実感してる。クレイジーだよ。人々は大興奮してる。いまこの場で、俺はスキッド・ロウのオリジナル・メンバーに言いたい。それはこの世に5人しかいない。俺らみんな、どの5人がこのアルバムを作ったのか知ってる。俺から彼ら全員へのオープン・インビテーションだ。ステージに上がり、ジャムしたくないか? 実現するとは予測していないが、俺は投げかけるよ」と話していた。

これに対し、週末(6月15日)、フィンランドの『Kaaos TV』に出演したセイボは「ああ、聞いた」と答え、リユニオンについてどう思うかと問われると「俺は俺のバンドと活動中だ」、それはやりたくないという意味かとの質問には「ノーだ。これがスキッド・ロウだ。これが、俺がやっていることだ」と話したという。

オリジナル・メンバー5人による『Skid Row』全曲プレイは実現しそうにないが、スキッド・ロウの現メンバーによる同作全プレイは将来あるかもしれない。セイボはこう話した。「何年か前、メタリカが『Master Of Puppets』を最初から最後までプレイするのを観た。素晴らしかったよ、ホントに。俺らもどこかの時点で、多分やると思う。話したことあるんだ。でも、それで終わってた。俺ら、バンドの歴史全てを網羅するセットリストにしたいからだと思う。でも、『Slave To The Grind』かファーストを全てプレイするってアイディアに俺は乗り気だ。すごく楽しいと思う」

アルバム『Skid Row』をフィーチャーしたセバスチャンの<Sebastian Bach 30th Anniversary>ツアーは、8月29日から11月2日まで北米で45公演が開催される。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。