オジー・オズボーン、『トロールズ』
新作でロック以外の音楽を破壊しよう
とするトロールの声担当

ドリームワークス制作のアニメ映画『トロールズ』シリーズの新作『Trolls World Tour』で、オジー・オズボーンが悪者“King Thrash”の声を担当することが明かされた。
新作では、トロールの世界はファンク、カントリー、テクノ、クラシック、ポップ、ロックの6ジャンルの音楽で分断されており、ロック・トロールのリーダーKing Thrashは娘Queen Barbと共にロック以外の音楽を破壊しようとしているそうだ。

2016年に公開された『トロールズ』同様、主役のポピーとブランチの声はアナ・ケンドリックとジャスティン・ティンバーレイクが担当し、Queen Barbにはシンガー/女優/コメディアンのレイチェル・ブルームがキャスティングされている。

このほか、チャンス・ザ・ラッパー、メアリー・J.ブライジ、アンダーソン・パーク、J. バルヴィン、ケリー・クラークソン、サム・ロックウェル、ジェイムス・コーデンの声の出演が決まっている。

オジーは水曜日(6月19日)、トロールのデビル・サインと共に「#THRASH #TrollsWorldTour #TimeToRock」とつぶやいた。
『Trolls World Tour』は2020年4月の公開を予定している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着