全米アルバム・チャート、ジョナス・
ブラザーズが今年最大のウィークリー
・セールスで1位

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、活動再開を果たしたジョナス・ブラザーズの10年ぶりの新作『Happiness Begins』が初登場で1位に輝いた。41万4,000ユニットを売り上げ、アリアナ・グランデの『thank u, next』の36万ユニットを破り、これまでのところ2019年最大のウィークリー・セールスをマークした。
ケヴィンは「信じられない、ありがとう」と、ジョーは「言葉が出ない。みんな、すごくありがとう!!」と、ニックは「Thank you thank you thank you!」とファンに感謝している。ジョナス・ブラザーズにとって、サード『A Little Bit Longer』(2008年)、前作『Lines, Vines And Trying Times』(2009年)に続くスタジオ・アルバム3枚連続の全米No.1となった。
2位は先週と変わらず、ビリー・アイリッシュの『When We Fall Asleep, Where Do We Go?』がキープし、サンタナの25枚目のスタジオ・アルバム『Africa Speaks』が3位に初登場した。彼らのアルバムが全米トップ3に入るのは2005年リリースの『All That I Am』以来。トップ10入りは15枚目となる。

今週はこのほか、カントリー・シンガーLuke CombsのEP『The Prequel』が4位、ラッパー、フューチャーのEP『Save Me』が5位、同じくラッパーPolo Gのデビュー・アルバム『Die a Legend』が6位に初登場している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」