舞台『オリエント急行殺人事件』のメ
インビジュアルが解禁 豪華な衣裳に
身を包んだ小西遼生、室龍太らが重厚
な世界観を表現

2019年7月26日(金)~28日(日)大阪・ 森ノ宮ピロティホールにて、8月1日(木)・2日(金)名古屋・ウィンクあいち 大ホールにて、8月9日 (金)~18日(日)東京・サンシャイン劇場にて上演される、舞台『オリエント急行殺人事件』のメインビジュアルが公開された。
本公演は世界的なベストセラー作家で、“ミステリーの女王”と呼ばれたアガサ・クリスティによって1934年に発表された長編推理小説を原作とし、演出は演劇界の奇才・河原雅彦が務め、日本初演を飾る注目作だ。出演はミュージカルから音楽活動まで幅広く活躍する俳優・小西遼生が抜擢され、今までにない名探偵・エルキュール・ポアロ役を演じ、新境地を開く。そして、気弱な秘書のヘクター・マックイーン役には関西ジャニーズJr.の室龍太、ロシア貴族のドラゴミロフ公爵夫人役を春風ひとみ、絶世の美女アンドレニ伯爵夫人役を乃木坂46の伊藤純奈、個性的な宣教師グレタ・オルソン役を宍戸美和公、オリエント急行の社員ムシュー・ブーク役を松村武、家庭教師のメアリー・デブナム役を伊藤梨沙子、車掌ミシェル役を田鍋謙一郎が演じる。さらに物語の鍵を担う自由奔放なヘレン・ハバード夫人役にマルシア、また田口トモロヲがアクの強いヒール・サミュエル・ラチェット役と正義感溢れるアーバスノット大佐役という対照的な二役を演じ分けることが決定している。
解禁となったメインビジュアルは、出演者たちが1930年代風の豪華な衣裳に身を包み、煌びやかで重厚感あふれる世界観を表現している。
原作は1934年の出版以降、何度も映画・ドラマ化され、2017年にはケネス・ブラナーが監督・主演したリバイバル映画は話題となり、同年にはケン・ルドウィックの舞台脚本でアメリカにて舞台版が世界初演の幕を開けた。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。