【舞台裏トーク】<SATANIC CARNIVA
L>HAWAIIAN6、「俺はピザオブデスに
呼ばれたと思ってる」

SATAN STAGEのKen YokoyamaWANIMAに挟まれるカタチでEVIL STAGEに登場したのがHAWAIIAN6だ。客席はリハの時間帯から超満員。もちろん、ひとたびステージがスタートすれば人の山は膨らむばかりだった。徹頭徹尾、全力で駆け抜けた全11曲は、あまりにも灼熱。そのステージ直後の楽屋で、ライブの感想と“ハワイアンとピザ”の美しい関係性について訊いた。
■今回のメンツはかなりライブハウス寄り
■そこに呼ばれたことにすげえ意味がある

──では、今日のライブの感想を聞かせてください。

YUTA:楽しかったです。みんなが楽しんでくれてる感じがあってうれしかったし、歌ってて気持ちよかったです。

──ちょうどKen Bandが終わったタイミングっていうのもあったのかもしれないけど、1曲目の「MAGIC」が始まった瞬間に後ろから人がどっとなだれ込んでくる感じがすごかったです。何年経ってもこの曲の力はすごいなと。

YUTA:それか、たまたまか(笑)。

──まあ、いろんなタイミングが重なったのかもしれないけど(笑)!

HATANO:ありがたいことだけど、最近思うよ。逆に言ったら、何年経ってもその曲を超えることができてないっていうさ。それが悔しいよ。それを超えたいから曲作りをしてるわけじゃん。だけど、ラフィンの「GET THE GLORY」じゃないけど、そういう曲があることは幸せなことだからね。ありがたいよ。

──GUREはどうでしたか?

GURE:このイベントはすごく多くの人が頑張ってらっしゃって、毎年続けていて、そんな場所に戻ってこれた喜びが一番大きかったですね。

HATANO:呼んでくれたのは当然うれしいけど、今年のサタニックは特にメンツで勝負してるよね。そんなメンバーのひとつとして呼んでもらえたのがうれしいよ。今回のメンツはかなりライブハウス寄りで、そんなバンドをこんなデカいとこに集めてやるフェスなんてないじゃん。そこに呼ばれたことにすげえ意味があるよね。ライブやっててすげえ燃えたもん。20何年もバンド続けてて、まだ聴きたいって言ってくれる人がいるっていうのがうれしかった。

──ライブの最後に、シンバルスタンド持ってガンガンやってましたもんね。

HATANO:燃えたよね。欲を言えばぶん投げたいぐらいだったけど。あはは! 幕張メッセという場所でやってるからすごいなんてことは思ったことないけど、こういう場所で勝負しようとしてる人たちが自分たちの仲間だっていうことに一番意味がある。感無量だったよ。

──意外だと思ったのが、HATANOさんがMCで「フェスが好き」って言ってたことで。

HATANO:フェスっていう環境は、ね。内容はって言われると、いいものもあるけど「なんでこうなんだろう?」って疑問に思うものも当然あって。

──そうですよね。

HATANO:制約がいっぱいあるフェスはやりたいこともできないし、厳しかったりするんだけど。普段と同じことをやっちゃいけないって言われる場所はキツいよね。普段と同じことをするために呼ばれたんじゃないのかな?って思っちゃう。でも、どっちかって言われたら、フェスは大きなお祭りとしてすげえ楽しいと思う。
■俺ら「サタニック」って呼ぶけど
■「フェス」とは言わないもん

──YUTAにとってサタニックはどういう存在?

YUTA:すごく楽しいけど、緊張感があるなって思う。いつもライブを観てるバンドもみんな気合いが入ってる感じがして、サタニックはそういうバンドが集合してる場所なのかなと思うし、私自身も身が引き締まる部分があるかな。

──GUREは?

GURE:語弊があるかもしれないけど、神聖な場所っていうか。やっぱり、このステージはみんなが立てるわけじゃないし、普段ライブハウスで頑張った結果として出られる場所だから、今YUTAさんが言ったように、本当に気合い入れて臨まないといけないと思ってます。

HATANO:サタニックは、休憩時間みたいなものを決めちゃってる人がいないのがいいよね。音楽に対して貪欲な人が集まってる気がする。なんか、サタニックは「フェス」っていう言葉がリンクしないんだよね(笑)。俺らも「サタニック」って呼ぶけど、「フェス」とは言わないもん。「次のライブ、何?」って言われたら「サタニック」って言うけど、「フェス」とは言わない。もっと言うと、サタニックって名前がついてるだけで、俺はピザオブデスに呼ばれたと思ってるから。あるじゃん? 俺たちのなかのざっくりとした「ピザオブデス感」みたいなのが。それがずっと続いてる感じ。

──ハワイアンとピザのこういう関係性って美しいですよね。

HATANO:これは自分が楽器を置くその日までずっと変わらないと思う。ピザからリリースしてたからサタニックに出れるなんてことはないし、自分たちがまだピザオブデスとリンクできる音楽がやれてると思うとうれしいよ。

取材・文◎阿刀"DA"大志
撮影◎梶原靖夫/半田安政 (ライブ)

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。