【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>G-F
REAK FACTORY「楽しめよ、サタニック
。オマエらのもんだぞ」

ギターのフィードバック・サウンドが徐々に大きくなるなか、薄紫色のライトでシルエット状に浮かび上がるメンバー。その音に酔うように茂木洋晃がゆっくりとステージに現れた。ストールのような布を頭からかぶったその姿は、シャーマンのようなオーラさえ漂わせる。固唾をのんで見守るオーディエンスに向け、茂木はつぶやくように語り始めた。今から始まるステージに向けた意志を、自らにも言い聞かすように。
そんな「jam」から幕を開けたG-FREAK FACTORYのライブ。一瞬のブレイクで曲は「SOMATO」に入ると、さっきまで酔わせるようなバンド・サウンドが一気に加速し始めた。同時に茂木はストールを取り去り、やる気のみなぎる表情で言葉を吐き出す。疾走するハード・エッジなリズムにレゲエやラウドさが混然一体となり、そこに茂木の歌が絡む。全ての要素が熱を帯び、オーディエンスを覚醒しまくる。
「史上最強のローカル・バンド、我ら、G-FREAK FACTORY!」

そう宣言して最新シングルからの1曲「FLARE」が続く。吉橋伸之と渡部寛之はプリミティブなパワーでリズムを轟かせ、原田季征はディレイを使ったサイケデリックなギター・フレーズも散りばめる。それは身体にも精神にも作用する、G-FREAK FACTORYならではのバンド・サウンドであり曲である。全身をうねらせながら曲に入り込むオーディエンスがそこかしこに。

「何を隠そう、ビジュアル系バンド、我らがG-FREAK FACTORYでございます。今日もカッコよくてすいません」
笑いも起こしながら「日はまだ高く」へ続くと、スカやレゲエ要素たっぷりの音で会場にピースフルなムードも広がる。そして茂木の掛け声でジャンプしながら一体化する場面、さらに歌でコール&レスポンスも起こる。それは幸せな光景で、メンバーの表情も自然にほころぶ。愛にも溢れたナンバー「らしくあれと」で、互いの意志を改めて確かめ合うメンバーとオーディエンスでもあった。

新曲「Fire」からはスケール感あるサウンドを描き出す。さらに広がりと奥深さを見せながら「Too oLD To KNoW」へ続いたとき、茂木は客席フロアに降りて歌い始めた。それにとどまらず、今度はオーディエンスの肩に立ち上がる。茂木の歌に重なるのは、気持ちをひとつにしたオーディエンスのコーラス。その中心で光を浴びる茂木の姿は、まるで神の降臨のようだった。
「パンクロックの祭典。ずっと夢見てたこのステージ。2年連続で大きなステージに立たせてもらうのは、このフェスだけです。若いヤツがこんなにいて、ロックに昼間から興じている。最高だと思います。ロックやパンク・ロックは、人に忌み嫌われようと、俺はこう思うって、ステージから言うのがロックだと思っています」
そこからさらに神の説法、いや、茂木の語りは続いていく。20年以上に渡って闘い続けるローカル・バンドだからこその、ブレることのない意志とメッセージ。最後に茂木は「オマエらに用があるんだ、俺は。今日、この場所、この一瞬、本当にありがとう。楽しめよ、サタニック。オマエらのもんだぞ」と締めくくる。ここからラストの「ダディ・ダーリン」が始まったとき、誰もが内側から湧き上がる熱さで満たされていく。生き方や気持ちの在り方までも刺激してくれるG-FREAK FACTORYのステージだった。
取材・文◎長谷川幸信
撮影◎中河原理英

【G-FREAK FACTORYセットリスト】

1.jam
2.SOMATO
3.FLARE
4.日はまだ高く
5.らしくあれと
6.Fire
7.Too oLD To KNoW
8.ダディ・ダーリン


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。