鈴木雅之が自身初のアニメOP「ラブ・
ドラマティック」をツアーで披露 伊
原六花とステージ初共演

 “ラブソングの王者”として知られる鈴木雅之が、自身初のアニメタイアップ曲である、テレビアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のオープニング主題歌「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」を、6月7日に開催された全国ツアー「Masayuki Suzuki taste of martini tour 2019 "Funky Flag Love Parade"」の東京・NHKホール公演で披露した。
 「ラブ・ドラマティック」は、鈴木のソロデビュー曲「ガラス越しに消えた夏」以来33年ぶりのコラボレーションとなる布袋寅泰も登場した本編終了後のアンコールで歌われた。コラボパートナーを務めた女優の伊原六花もサプライズで登壇し、鈴木とのステージでの初共演が実現。歌とダンスで集まったファンを魅了した。
 同公演での鈴木は、布袋のほか、高見沢俊彦THE ALFEE)、西寺郷太NONA REEVES)といった著名アーティストがプロデューサーとして参加した最新アルバム「Funky Flag」の収録曲を中心に、「恋人」「ガラス越しに消えた夏」「違うそうじゃない」「ハリケーン」「め組のひと」「夢で逢えたら」といった代表曲の数々を歌唱。約2時間30分にわたってパフォーマンスを届けた。
 ラストのMCでは、鈴木が「これまで還暦(60歳)ソウルを目指してやってきましたが、2016年に還暦を迎えたとき、応援してくれる皆さんが、それがゴールではなくて新たなスタートだと思わせてくれました。人生ってのは年をとることが怖いのではなくて、目標を失うことが怖い。ここにいるみなさんも、それぞれに素敵な目標を持ちながら生きていってほしい」と客席に呼びかけ、「来年2020年、グループデビューから40周年です。目一杯ロックンロールやるから楽しみにしていてね」とアニバーサリーイヤーに向けての意気込みを新たにしていた。
 全国ツアーは19都市23公演で開催中。6月21日に茨城県立県民文化センター、6月23日に 神奈川・よこすか芸術劇場、6月25日に東京・中野サンプラザホールで行われる。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」