【イベントレポート】澤野弘之、映画
『プロメア』トークショーで「改めて
参加できたことを幸せに感じています

澤野弘之が、2019年6月15日(土)に川崎チネチッタにて開催された映画『プロメア』スペシャルトークショーに登壇した。
TVアニメシリーズ『天元突破グレンラガン』(2007)、『キルラキル』(2013)を手がけた今石洋之と中島かずきの2人が再びタッグを組み、構想6年の時を経て完成させた映画『プロメア』。澤野弘之は、『キルラキル』に続いて本作の劇伴を担当。『プロメア』のサウンドトラックは、“iTunes Storeアルバムランキング”“Amazonアニメ音楽”で1位を獲得し、映画とともに大きな話題となっている。このスペシャルトークショーは、同作の音楽に対する想いや楽曲制作について、澤野がじっくり語るものとなった。本記事では、澤野の発言を中心にした本イベントのレポートをお届けする。

トークショーに登壇したのは、澤野と『プロメア』音響監督・えびなやすのり、音楽ライター・後藤寛子の3名。司会の後藤に、初めて本作を観た時の感想を聞かれると、“最初の打ち合わせで資料を見た時から絵のテイストが気に入ったんです。それが迫力のある形で動いていたり、自分の音楽が合わさっていることに感動しました。また今石監督とも『キルラキル』に続いてご一緒できたので光栄でした”と語った。
▲澤野弘之

本作の音楽制作については、“今石監督からは、『キルラキル』の時にエンタテインメントとして面白くなる音楽を求められて。今回は今石監督と同じくらい、僕も熱量をぶつけたいと思って作りました”と振り返りつつ、 “5.1chの作業をしている時にわざわざステジオに来てくれて。1曲聴くたびに「いいですね〜」って言ってくれて、何曲か聴いてチェックは終わりかなと思っていたら「もう1曲聴いていいですか?」ってお願いされたんです。いろいろ聴いてくださって嬉しかったです“と、監督との深い信頼関係をうかがわせるエピソードも明かした。

本作のテーマ曲となったmpiとBenjaminがボーカルを担当した「Inferno」の話題では、“ボーカル曲は何かのアクセントになればいいと思って、インストゥルメンタルで別のメインテーマを作っていたんです。でも、監督がデモの段階で「Inferno」を気に入ってくれて。僕自身も「Inferno」がメインテーマになったらよいかもしれないと思っていたので、メインテーマに採用されて嬉しかったです”と述べ、続けて“今回はボーカル曲に力を入れたところがあって。「Inferno」は思い入れが強かったので、僕のこれまでの作品で歌ってきてくれたmpiさんとBenjaminの熱量が感じられるレコーディングになって、すごく印象に残っています。あと劇中に流れる「NEXUS」はLacoさんという女性ボーカルをフィーチャーしているのですが、彼女のエモーショナルな歌い方を感じることができて興奮したのを覚えています”と、レコーディングでの思い出を口にした。
▲左から、後藤寛子、澤野弘之、えびなやすのり

『プロメア』が世界62ヵ国で配給されることにテーマが移ると、“今石監督の独特の世界観や色合い、物語のスピード感に惹かれていたので、自分の音楽と合わせて、監督のエンタテインメント全体が海外の方にも楽しんでもらえたらいいなって思います”と期待を込めた。さらに、海外に関連して “『プロメア』を個人的に映画館に観に行った時に、隣に偶然座っていた外国の方が僕のことを知っていたようで。オープニングのスタッフクレジットに僕の名前が登場した瞬間に「サワノさん!」って言ってたんですよ。まさか僕が横に座っているとは思っていなかったんでしょうね(笑)”という予想外の体験談を告白。会場にも大きな笑いが起きていた。

イベントの最後には、“今日はありがとうございます。僕自身、『プロメア』という作品に携われたことをすごく光栄に思っていましたが、今日のイベントにこんなにたくさんの方がいらしていて、すごく支持されている作品なんだなってことが実感できて、改めて参加できたことを幸せに感じています。この先も上映が続きますし、サウンドトラックもよろしくお願いします!”と作品に対する強い想いを話し、トークショーを締めくくった。
▲澤野弘之

取材・文:鈴木健也(BARKS編集部)

映画『プロメア』

【キャスト】松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
ケンドーコバヤシ 古田新太
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸 柚木涼香
【スタッフ】原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術:でほぎゃらりー 美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG 制作:サンジゲン 3D ディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
主題歌:「覚醒」「氷に閉じこめて」 Superfly(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:TRIGGER 製作:XFLAG 配給:東宝映像事業部

(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」