【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SHA
DOWS「これからもこのスタイルを貫い
ていく」

<SATANIC CARNIVAL'19>初日の「EVIL STAGE」トリを堂々と務めたのはSHADOWSだ。既に大勢の観客が見守る中、もの悲しいギター・フレーズが響き、「ウォー!ウォー!」とHiro(Vo)がシンガロングを促すと、一発目は「Chain Reaction」でスタート。
早くも好リアクションを獲得すると、すかさず「Fail」に移行。骨太のメロディック・ハードコアに焚き付けられるように、拳を突き上げて暴れる観客たち。その光景を目の当たりにして、足腰の強い演奏力はより一層タフに磨き抜かれているようだった。加えて、Hiroの抜けのいいハイトーン・ヴォーカルはもちろん、風神雷神のごとく両サイドに位置するKazuki(G、Vo)とTakahiro(G、Vo)の激情ボイスにもテンションは上がりっぱなし。
中盤、「最後まで残ってくれて、ありがとう。「EVIL」のトリ、やべっす。ハンパねえっす!」とHiroが興奮気味に話すと、「フォーリミ(04 Limited Sazabys)が始まって途中でそっち(「SATAN STAGE」)に行ったら、俺じゃなくて、難波(章浩/NAMBA69)さんがぶっ飛ばすから!」とジョーク交じりに告げるKazukiの発言に会場からは笑いが零れた。
そして、本日発売されたという自主制作3rdEP『BUILD』(*今日の会場で販売され、めちゃくちゃ売れたそうだ)にも触れ、そこに収録されている新曲「So What」も披露。チョッ速のSHADOWSらしいナンバーで、耳に残る繰り返しのフレーズも実に印象的であった。

それから後半に差し掛かり、「SHADOWS始まって4年、こんなに多くの人が知ってくれるなんて思わなかった。これからもこのスタイルを貫いていく!」とHiroは力強く語ると、「Progress」、「The Lost Song 」、「BEK」と畳み掛け、幕張は汗だくのライヴハウスへと変貌。ライヴ終了後、「このノリでライヴハウスにも遊びに来て!」と呼びかけるKazuki。その表情からは清々しい達成感が滲み出ていた。
取材・文◎荒金良介
撮影◎本田裕二

【SHADOWSセットリスト】

1.Chain Reaction
2.Fail
3.Senses
4.Overcome
5.Into The Line
6.Freedom Is Yours
7.So What
8.All I Want
9.My Direction
10.Progress
11.The Lost Song
12.BEK


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。