全英アルバム・チャート、ルイス・キ
ャパルディが4週連続1位

今週のUKアルバム・チャートは、スコットランド出身の22歳のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディのデビュー・アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』がリリース以来4週連続で1位をキープした。4週間1位に輝くアルバムは2019年初だった。
2位には、ジョナス・ブラザーズの10年ぶりのスタジオ・アルバム『Happiness Begins』が初登場。セカンド『Jonas Brothers』(2008年9位)、前作『Lines, Vines And Trying Times』(2009年9位)を上回り、5枚目でこれまでの最高位をマークした。

3位には、ロンドン出身のシンガー/ラッパー、MoStackのデビュー・アルバム『Stacko』が初登場し、今週はこのほか、ディヴァイン・コメディの12枚目のスタジオ・アルバム『Office Politics』が5位、アヴィーチーの遺した作品をコラボレーターたちが完成させた『TIM』が7位にチャート・インしている。
シングル・チャートは、アルバムほど動きはなく、トップ5が先週と変わらず、エド・シーランとジャスティン・ビーバーのコラボ「I Don’t Care」が5週連続で1位を獲得し、Lil Nas Xの「Old Town Road」、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」、ストームジーの「Vossi Bop」、ビリー・アイリッシュの「Bad Guy」と続いた。

今週新たにトップ10入りしたのは1曲のみで、ドレイクをフィーチャーしたクリス・ブラウンの「No Guidance」が8位をマークした。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。