ギーザー・バトラーの新バンドDeadl
and Ritual、英国で初公演開催

ギーザー・バトラーが、元ガンズ・アンド・ローゼズ/ヴェルヴェット・リヴォルヴァーのマット・ソーラム(Ds)、ビリー・アイドルのギタリスト、スティーヴ・スティーヴンス、元アポカリプティカのフランキー・ペレス(Vo)と結成した新バンド、Deadland Ritualが今週木曜日(6月13日)、ロンドンで公演を開いた。
彼らは、5月終わりにアメリカでライブ・デビューを飾り、今月初めからヨーロッパ各国のフェスティバルに出演しているが、英国での公演は初となった。

通算6回目のライブとなるロンドン公演では、オリジナル・ソングの「Fade And Disappear」「Walls」「Broken And Bruised」「Dead Before Sunrise」「Down In The Flames」に加え、ブラック・サバスの「Symptom Of The Universe」「Neon Knights」「N.I.B.」「War Pig」、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの「Slither」、ビリー・アイドルの「Rebel Yell」をパフォーマンスした。
バンドは翌日、UK最大のヘヴィ・メタル/ハード・ロック・フェスティバル<Download>に出演する。彼らのYoutubeチャンネルではいま、「Down In The Flames」と「Broken And Bruised」のミュージック・ビデオを公開している。
バトラーは今月26日、故郷バーミンガムに誕生する“ブラック・サバス橋”の除幕式にトニー・アイオミと出席予定。その日は、同じくバーミンガムにある美術館Birmingham Museum & Art Galleryで開催されるブラック・サバスの展覧会<Home of Metal: Black Sabbath 50 Years Exhibition>の初日で、2人は夜に館内でトーク・ショーも開く。展覧会は9月29日まで続く。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。