倉木麻衣が20年間倉木麻衣でありつづ
ける理由

1999年のデビューから20年。倉木麻衣が
変わらずに人を惹きつけ続ける魅力はど
こにあるのでしょうか。

2000年代から現在に至るまで、変わることなく活動し続けている歌手ってそう多くはないのでしょうか。1999年にデビューした倉木麻衣はデビューから20年間たった今も、J-POPの世界で色褪せることなく輝き続けています。ギネス記録さえも持つ彼女の魅力を探ってみました。

「倉木麻衣、という名前を聞いたことがありますか?」
今の日本でそんな質問を耳にすることはないですよね? それほどに彼女の存在は世間に浸透しているし、たとえば「コナンの映画で歌を歌っている人」といえば、子どもたちもピンとくるのではないでしょうか。20年にわたり、J-POPのスタンダードとして名を馳せてきた彼女ですが、一方でキャラクターがどこか謎めいていて「彼女自身は一体どんな人なんだろう?」と気になったりもします。私自身、平成真っただ中の幼少期から現在に至るまで彼女の名前が頭の片隅にありつつ、彼女が実際に話す様子や実体をテレビで見たことがないことに気づきました。調べてみてわかったのは、バラエティ番組などのテレビには出演が少ないということだけ。曲も存在もポピュラー、なのに今もミステリアスな雰囲気のキャラクター性。この相反する倉木麻衣の二面性には、どんな魅力が隠れているのか、改めてもっと探ってみることにしました。

倉木麻衣がデビューしたのは1999年のことです。このタイミングは、それまでの90年代を盛り上げてきたglobe安室奈美恵といった小室ファミリーの爆発的なブームが落ち着きつつある状況でもありました。また、それと同時に宇多田ヒカルが「automatic」を、浜崎あゆみが「BOYS&GIRLS」をリリースするなど、2000年代前半からJ-POPを華やかに牽引するビッグネームのシンガーたちが大きく台頭している年でもあります。ここで当時の倉木麻衣のデビュー曲「Love, Day After Tomorrow」をちょっとご覧ください。

「Love, Day After Tomorrow」
R&Bを意識したような曲調で、ちょっぴり90年代的な情緒も感じられるかもしれません。個人的には、MVでイントロのリズムに空撮のビル群が映っていたり、椅子に後ろ向きに座って歌うところとか、ある種の「平成初期」的な趣きを感じます。なんで椅子を後ろ向きにして座るのがアイコニックだったんだろう?というのは考え出すと止まらないので、さておき…。
当時彼女は17歳で、R&Bシンガーのローリン・ヒルに憧れていたのだそう。この頃から、伸びやかな歌唱力と囁くようなクリアボイスがすでに現れています。ちなみに「Love, Day After Tomorrow」は、翌年の2000年に100万枚のミリオンセールスを達成しています。つづけて「Stay by my side」「Secret of my heart」とシングルが続き、全曲がオリコンTOP15位にランクインするという爆発的人気を誇っていました。

「Secret of my heart」
そしてこの3rdシングル「Secret of my heart」こそ、現在まで続くアニメ『名探偵コナン』のタイアップソングのスタート地点。彼女は2000年のテレビシリーズから2017年の劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』テーマソングの「渡月橋 ~君 想ふ~」に至るまで、17年にわたって23曲ものテーマソングを歌っています。この長年のタイアップはなんと、ギネス認定もされているほど。アニソン歌手!というイメージこそないものの、倉木麻衣とコナンシリーズの関係は彼女のこれまでのキャリアに密接にある訳なのです。

「渡月橋 ~君 想ふ~」
つまり、コナンのファンダムのメイン層である子どもたちにとって、週に一度は耳にするのが彼女の声ということです。17年もの長いあいだ、テレビのスイッチをつけて毎週のエピソードを楽しみにして、映画を待ち望んでいる子どもたちに発信されつづけてきたことは、単純なタイアップの連続というだけでなく、平成の時代をキッズとして過ごしてきた世代の心に無意識のうちに彼女の存在が入り込んでいるといっても過言ではないのかもしれません。だからこそ、彼女はデビュー当初から変わることない澄んだ歌声の持ち主として認知されつづけているのではないでしょうか。

また、実は彼女が活動当初から行なっていることがもうひとつあります。音楽活動と並行して、献血や環境保護といったチャリティアクションも長く続けているといいます。カンボジアに寺子屋を建てるプロジェクトへの参加をはじめ、チャリティライブやイベントに参加するなど精力的な活動を続けているそう。最近では国際女性デーのイベントに登場するだけでなく、デビュー20周年を機に、世界寺子屋運動と共に、チャリティバッグのコラボレーションも手がけているとか。素敵ですね。

ブレないスタイルがあるからこそ、倉木麻衣はデビューして20周年経った今もJ-POPの最前線に立ち続けているのかもしれません。そんなデビュー20周年の倉木麻衣が、今夏にニュー・アルバム『Let’s GOAL!~薔薇色の人生~』のリリースを発表。8月から全国15ヶ所で「20th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2019 “Let’s GOAL!~薔薇色の人生~”」というタイトルのツアーが決定しました。彼女にとっての20年と、ともに成長してきた自分自身の20年を振り返りながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

【20th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2019 “Let’s GOAL!~薔薇色の人生~”】

【神奈川】
神奈川ハーモニーホール座間 大ホール
8月17日(土)OPEN16:00/START17:00

【兵庫】
神戸国際会館 こくさいホール
8月24日(土) OPEN17:00/START18:00

【京都】
ロームシアター京都 メインホール
8月25日(日)OPEN17:00/START18:00

【埼玉】
羽生市産業文化ホール 大ホール
8月31日(土)OPEN17:00/START18:00

【岡山】
岡山市民会館
9月7日(土)OPEN17:00/START18:00

【広島】
三原市芸術文化センター ポポロ
9月8日(日)OPEN17:00/START18:00

【島根】
安来市総合文化ホール アルテピア
9月14日(土)OPEN17:00/START18:00

【香川】
サンポートホール高松 大ホール
9月16日(祝月)OPEN17:00/START18:00

【熊本】
熊本県立劇場 演劇ホール
9月28日(土)OPEN17:00/START18:00

【宮崎】
都城市総合文化ホール
9月29日(日)OPEN17:00/START18:00

【北海道】
札幌市教育文化会館 大ホール
10月6日(日)OPEN17:00/START18:00

【宮城】
トークネットホール仙台(仙台市民会館)大ホール
10月12日(土)OPEN17:00/START18:00

【愛知】
愛知県芸術劇場 大ホール
10月20日(日)OPEN17:00/START18:00

【大阪】
大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
10月22日(祝火)OPEN17:00/START18:00

【東京】
東京国際フォーラム ホールA
10月26日(土)OPEN17:00/START18:00

【ミーティア抽選先行】
受付期間:6/12(水)12:00~6/18(火)23:59
当落・入金期間:6/21(金)15:00~6/24(月)23:00

受付URL:
https://l-tike.com/st1/maikuraki-meetia

オフィシャルホームページ
オフィシャルブログ

倉木麻衣が20年間倉木麻衣でありつづける理由はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」