ディズニーの名曲を石川界人、上村祐
翔、江口拓也、小野賢章ら12名の声優
が歌う 『Disney 声の王子様 Voice
Stars Dream Live 2019』

6月9日(日)幕張メッセイベントホールにて、『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019』が開催。石川界人、上村祐翔、江口拓也小野賢章佐藤拓也、武内駿輔、畠中 祐、羽多野 渉、花江夏樹、日野 聡、前野智昭、山下大輝ら12名の声優が出演した。
『Disney 声の王子様』は、ディズニーの名曲をボイスキャストが歌唱するカバーアルバムシリーズ。過去最多キャスト12名を迎えて昨年2018年9月に発売された『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Selection』は、オリコン週間アルバムチャートで4位を記録するヒット作となった。初開催されたライブイベント『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019』は、昼・夜合わせて1万席以上となるチケットが即日完売し、全国33館でのライブビューイング上映も行われた。
石川界人 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
ディズニー映画の名場面の数々がスクリーンに映しだされ、大きな歓声の中、『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Live 2019』のステージの幕があがると、白の王子様衣装に身を包んだ上村祐翔、江口拓也、小野賢章、山下大輝が、下手と上手から塔の模様をあしらったトロッコで登場。最初に、ライブ初披露の楽曲となる、映画『ズートピア』のテーマソング「トライ・エヴリシング」を歌った。小野が「最高の一日にしよう!」と会場の熱を一気に高めると、続いてステージから火が吹き出し、カラフルな衣装で石川界人が登場。会場がジャングルをイメージした緑一色に染め上がる中、石川は 「君のようになりたい」(映画『ジャングル・ブック』より)を歌い上げる。
畠中 祐 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney

花江夏樹 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
スクリーンに映画『ライオン・キング』のシンバ、プンバァ、ティモンの映像が映し出されると、畠中祐が、お馴染みの「ハクナ・マタタ 」を披露。これに、観客は手拍子で答える。そして、会場は広い大平原のイメージから一気に海の中へ。次に披露されたのは、映画『リトル・マーメイド』より、花江夏樹による「パート・オブ・ユア・ワールド」だ。花江が美しく、みずみずしい歌声で会場を酔わせ、時おりアリエルの劇中のセリフを言うと、会場からは大きな歓声が響き渡っていた。

羽多野渉 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
江口拓也 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
続く江口は、赤を基調とした王子様の衣装で、ポップな曲調にアレンジされた「アンダー・ザ・シー 」を披露。江口の「ぼくの後につづいてアンダー・ザ・シーと言って!」との会場を巻き込んだコールで、テンションはさらにアップ。そしてライブで初披露の楽曲、「キス・ザ・ガール」を石川、畠中、羽多野渉、花江が歌い上げる。やがて、会場中が真っ青なライトで染め上がり、まさに海の中にいるような雰囲気に。「キスして」という石川・畠中・羽多野・花江のセリフに、会場から割れんばかりの歓声が響き渡っていた。
羽多野渉 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
日野聡 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
続いては、日野聡による「ひとりぼっちの晩餐会」。センターステージ上にはシャンデリアが登場し、会場の誰もがゲストとなり、日野による晩餐会の世界を楽しんだ。さらに『美女と野獣』の世界は続き、佐藤拓也が、名曲「美女と野獣」を披露。切なく美しい歌声に、涙を流す観客も見受けられた。
佐藤拓也 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
武内駿輔 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
続いて雰囲気が一転、実写映画も公開中の『アラジン』の世界へ突入する。武内駿輔がジーニーのような高いテンションで「フレンド・ライク・ミー」を歌うと、真っ青な会場のライトと時折噴き出る炎が、観客は魔法の世界へ誘われたような感覚に。続いて、『アラジン』の名曲中の名曲、「ホール・ニュー・ワールド 」を上村が歌い上げた。スクリーンに満点の星空と雲の美しい映像が映し出され、上村が手を差し伸べると、魔法の絨毯で世界を案内されるかのような、うっとりする時間が流れていく。
上村祐翔 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
前野智昭 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
切なく美しい雰囲気は続き、前野智昭が「Go the Distance」(映画『ヘラクレス』より)を披露。センターステージで力強い歌声を響かせていた。続いてアップテンポなイントロが流れると、佐藤、武内、日野、前野がライブ初披露の楽曲「ゼロ・トゥ・ヒーロー」を大きな手拍子の中歌い、会場はさらに盛り上がりをみせる。
Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney

小野賢章 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
続いて青と緑の衣装に身を包む羽多野が、映画『モンスターズ・インク』の「君がいないと」を披露。サリーのパートとマイクのパートを歌い分けた見事なパフォーマンスに、会場はからは「すごい…!」と感嘆の声が上がっていた。そしてライブは終盤へ。小野は、自身も大人のアンディ役で声優を務めたシリーズ『トイ・ストーリー2』から「ホエン・シー・ラヴド・ミー 」を、そして山下大輝は、昨年のヒット作『リメンバー・ミー』より「リメンバー・ミー」を歌い上げ、ディズニーの世界でライブ会場全体を包み込んだ。

羽多野渉 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney

山下大輝 Presentation licensed by Disney Concerts.(c)Disney
最後には、全キャストが一人ずつ、会場とライブビューイングの観客に、お礼の言葉を贈った。石川は「やっぱりディズニーって最高だ!」、花江は「今夜、夢の中で会いましょう」と、それぞれ伝えると、会場からは割れんばかりの歓声が。そして、色とりどりのライトの中、合唱曲「星に願いを」「ミッキーマウス・マーチ」を会場と一体となって歌い、ライブの幕を下ろしている。
なお、今回のライブ映像は、今年11月22日(金)にBlu-rayとしてリリース。初回生産限定盤(Blu-ray+CD)には、バックステージ映像のほか、ライブで披露され、初めて音源化される「トライ・エヴリシング」「キス・ザ・ガール」「ゼロ・トゥ・ヒーロー」「星に願いを」の4曲も収録される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。