Ghost like girlfriend、アルバムよ
り特典CDのティザーにRemix6曲の断片

岡林健勝のソロプロジェクトGhost like girlfriendが6月19日、1stフルアルバム『Version』をリリースする。同アルバムの初回限定盤付属ボーナスCDのオフィシャルティザーがYouTubeに公開となった。
映像はアルバム収録曲「shut it up」のミュージックビデオも手掛けたマザーファッ子によるもの。ボーナスCDには、AmPmによる「fallin’」、TiMTによる「cruise」、SASUKEによる「髪の花」、EVISBEATSによる「煙と唾」、パソコン音楽クラブによる「(want) like (lover)」、Night Tempoによる「Tonight」など、“今”の息吹を感じさせる6人の手によってGhost like girlfriendの代表曲全6曲のRemixを収録した。

なお、アルバムからは「Last Haze」「girlfriend」がiTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどの音楽配信サイトにて先行配信中で、iTunesではアルバム『Version』のPre-Order(予約注文)受付も行われている。また、本人が初出演した「Last Haze」のミュージックビデオもYouTubeにて公開中だ。

『Version』には先行配信中の2曲ほか、既発曲「fallin’」、「sands」、「shut it up」、さらにKing Gnuの常田大希がコーラスとギターで参加した「Midnight Rendez-Vous」、神谷洵平(赤い靴)がドラムで参加した「あれから動けない」、「feel in loud」、大井一彌がドラムで参加した「Midnight Rendez-Vous」、「burgundy blood」、元LILI LIMITの土器大洋がコーラスディレクションとして参加した「Under the umbrella」など、全11曲が収録される。
【リミキサープロフィール】

▲AmPm

 2017年3月「Best Part of Us」でデビューした日本人二人組による覆面ユニット。デビュー曲が世界中で話題となり、同年インドネシアで開催されたSpotify主催ライブでは日本代表として出演。2018年には、ULTRA MIAMI、KOREA、JAPAN等の出演や、ニューヨークでの単独ライブの開催。自身の楽曲に加え、Afrojack、R3HAB、Nicky Romeroなど海外大物アーティストのRemixを手がけ、日本においては、ゲスの極み乙女「ぶらっくパレード」やMONKEY MAJIK「Tokyo lights」のRemix、平井堅「HOLIC」の楽曲プロデュースを行う。ダンスミュージックを軸に様々なゲストボーカリスを招き、これまで20作品以上を発表。
 2019年3月、彼らの活動が評価され、一般社団法人デジタルメディア協会が主催するデジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’18 / 第24回AMD Award審査員特別賞を受賞。Spotifyでの総再生数が4,500万再生を超え、海外リスナーを多く抱える、今世界でもっとも注目される日本人アーティストの1組。


▲EVISBEATS

Producer. beatmaker. Dj.Singersong.Rap
和歌山在住


▲パソコン音楽クラブ

2015年結成。“DTMの新時代が到来する!”をテーマに、ローランドSCシリーズやヤマハMUシリーズなど90年代の音源モジュールやデジタルシンセサイザーを用いた音楽を構築。2017年に配信作品『PARKCITY』を発表。tofubeatsをはじめ、他アーティスト作品への参加やリミックス、演奏会、ラフォーレ原宿グランバザールのTV-CMソングなど幅広い分野で活動。2018年に自身初となるフィジカル作『DREAM WALK』をリリース。


▲SASUKE

5歳からダンスを習いはじめ、10歳でニューヨークにあるアポロシアターの「アマチュアナイト」で優勝。14歳の時に原宿で披露した路上パフォーマンスをきっかけに様々なメディアに取り上げられ話題に。新しい地図 join ミュージックの新曲「#SINGING」の作詞、作曲を手掛けるなどSNSを通じて海外、国内からオファー殺到中の16歳トラックメイカー。


▲Night Tempo

シティポップと呼ばれる80年代の日本の昭和歌謡や和モノ・ディスコチューンを再構築してフューチャーファンクというジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ。オリジナル・アルバム「Moonrise」とミックス・テープ「Nighty Tape86’」をリリース。主に米国と日本を中心に活動。竹内まりやの「Plastic Love」をリエディットして欧米で和モノ・シティーポップブームを、ネット中心に巻き起こした。昭和のアーティストのカセットテープコレクターとしても知られている。2019年4月24日に初のオフィシャルリエディット作品「Wink – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」をリリース。


▲TiMT

東京を拠点に活動するトラックメーカー。Jazz、R&B、ソウルを下地に、マルチインストロメンタリストならではの優美なメロディが醸し出すメロウネスでリスナーを魅了する。カナダ、ドイツ、ギリシャなど、複数の海外レーベルからビートテープをリリース。国外からも絶大な反響を呼んだ2017年発表の「Time Flies Like an Arrow」に続き、2018年10月には3作目となるビートテープ「KEY MILESTONE」をリリース。SpotifyのUS公式プレイリスト入りを果たし、計200万回再生を越えるリスナーを抱える。また、新世代R&BバンドMimeではドラマー、PEARL CENTER、PistachioStudioではトラックメーカーとしても多くの音楽を発信している。

■1stフルアルバム『Version』

2019年6月19日(水)リリース
【初回限定盤(2CD)】UPCH-29331/2¥3,200(税抜)
【通常盤(CD)】UPCH-20517 ¥2,800(税抜)
01. Last Haze
02. girlfriend
03. Midnight Rendez-Vous
04. sands
05. pink
06. あれから動けない
07. shut it up
08. burgundy blood
09. Under the umbrella
10. fallin’
11. feel in loud
▼初回限定盤ボーナスCD収録内容
01. fallin’(AmPm remix)
02. 煙と唾(EVISBEATS remix)
03. (want)like(lover)(パソコン音楽クラブ remix)
04. 髪の花(SASUKE remix)
05. Tonight(Night Tempo remix)
06. cruise(TiMT remix)

▲『Version』初回限定盤


▲『Version』通常盤


【特典情報】
・タワーレコード:オリジナル・ポンチョ
・ヴィレッジヴァンガード:本人による音声解説付「Last Haze」ミュージックビデオDVD

▼「girlfriend」ダウンロード/ストリーミング
https://emi-records-japan.lnk.to/Glg_girlfriendDL
▼「Last Haze」 ダウンロード/ストリーミング
https://emi-records-japan.lnk.to/Glg_LastHazeDL


■<Ghost like girlfriend「Tour Virgin」>

7月1日(月) 恵比寿・LIQUIDROOM
open19:00 / start20:00
(問)ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999
7月4日(木) 大阪・Shangri-La
open19:15 / start20:00
(問)Shangri-La 06-6343-8601
▼チケット
前売り ¥3,500(税込) ※入場時別途1ドリンク代
※スタンディング

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。