aiko

aiko

aiko、
シングルコレクション『aikoの詩。』
のCMで芦田愛菜と8年振りにコラボ

aiko初のシングルコレクションとなる4枚組アルバム『aikoの詩。』のCM映像が公開された。

当時の映像では、6歳の女の子が大人ぶって“aikoの曲聴いて、恋のお勉強しなきゃ~”とコメントするのが印象的な映像となっていたが、あれから8年、思春期を迎えた芦田愛菜の演技に要注目だ。

なお、『aikoの詩。』は、1998年にリリースされた1stシングル「あした」から2018年にリリースされた38thシングル「ストロー」までの、両A面シングルを含む38枚のシングル作品の表題曲を網羅した全42曲を3枚に収録。さらにシングルカップリング曲を1枚にまとめたカップリングベスト盤を含む4枚組となる。

シングルコレクション『aikoの詩。』
芦田愛菜ちゃん篇 60秒SPOT

シングルコレクション『aikoの詩。』2019年6月5日発売
    • 【初回限定盤】(4CD+DVD)
    • PCCA-15020X/¥4,000+税
    • ※カラートレイ仕様
    • 【通常盤】(4CD)
    • PCCA-15020/¥3,500+税
    •  
    • <収録曲>
    • ■Disc.1
    • 1.花火
    • 2.KissHug
    • 3.かばん
    • 4.星のない世界
    • 5.夢見る隙間
    • 6.初恋
    • 7.シアワセ
    • 8.花風
    • 9.ずっと
    • 10.あした
    • 11.雲は白リンゴは赤
    • 12プラマイ
    • 13.戻れない明日
    • 14.ストロー
    • ■Disc.2
    • 1.えりあし
    • 2.二人
    • 3.もっと
    • 4.今度までには
    • 5.恋をしたのは
    • 6.桜の時
    • 7.向かいあわせ
    • 8.milk
    • 9.4月の雨
    • 10.ロージー
    • 11.キラキラ
    • 12.ホーム
    • 13.嘆きのキス
    • 14.ボーイフレンド
    • ■Disc.3
    • 1.あたしの向こう
    • 2.ナキ・ムシ
    • 3.予告
    • 4.蝶々結び
    • 5.スター
    • 6.あなたと握手
    • 7.アンドロメダ
    • 8.横顔
    • 9.恋のスーパーボール
    • 10.おやすみなさい
    • 11.君の隣
    • 12.三国駅
    • 13.Loveletter
    • 14.カブトムシ
    • ■Disc.4
    • 1.未来を拾いに
    • 2.陽と陰
    • 3.こんぺいとう
    • 4.Do you think about me?
    • 5.キスでおこして
    • 6.そんな話
    • 7.前ならえ。
    • 8.どろぼう
    • 9.テレビゲーム
    • 10.ぬけがら
    • 11.I’m feeling blue
    • 12.ココア
    • 13.舌打ち
    • 14.甘い絨毯
    • ■DVD ※初回限定仕様盤のみ付属
    • 『aiko はじめてのスタジオライブ』
    • 1.ドライヤー
    • 2.冷凍便
    • 3.雨は止む
    • 4.大切な人
aiko
シングルコレクション『aikoの詩。』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」