チリヌルヲワカ

チリヌルヲワカ

チリヌルヲワカから
阿部耕作(Dr)が年内をもって脱退

チリヌルヲワカのメンバーでドラマーの阿部耕作が、2019年内をもって同バンドを脱退することを発表した。阿部耕作はザ・コレクターズ在籍中よりチリヌルヲワカに参加し、2016年にザ・コレクターズを脱退するまで両バンドを並行して活動。現在はザ・カスタネッツへの参加のほか複数のプロジェクトや他アーティストのサポート等も行なっている。

チリヌルヲワカはユウ(G&Vo)イワイエイキチ(B)阿部耕作(Dr)によるスリーピース・バンドで、ユウが当時GO!GO!7188に在籍中の2005年に結成され、1代目・2代目ギタリストを含めた4人編成の時期を経て、2016年より現在の編成で活動中だ。

今年いっぱいまで現メンバーで活動を行い、翌2020年以降はサポート・ドラマーを加えてバンドを継続する予定だ。

【コメント】

■ユウ
この度、2019年一杯を持ちまして、ドラムの阿部耕作がチリヌルヲワカを脱退する事になりました。

2005年の結成時から14年の月日を共に歩んで参りました。
振り返ると本当に沢山の思い出が蘇りますし、活動する上での様々な局面において阿部さんの真摯な姿勢、優しくて楽しい人柄に何度も救われてきました。
スリーピースとなってから4枚アルバムを作り、ライブを重ね、ようやく三位一体の形が完成されてきた、と思っている最中のことで非常に残念ではありますが、阿部さんのこれからの人生、決断、気持ちを尊重したいと思い、このようなお知らせに至りました。
そしてこの3人での活動の残された時間をファンの皆さんとより深いものにしたく、早いタイミングでのご報告とさせて頂きました。
既に発表している6月1日からのツアーの他、今後のまだ発表していない企画も随時お知らせして参ります。

そして来年からのチリヌルヲワカについてですが、引き続き活動を続けて行く予定です。

残念なお知らせではありますが、今年の3 人のステージを一人でも多くの皆様に是非一緒に楽しんで頂けると嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

■阿部耕作
脱退という事で少々驚いた人もいるかも知れませんが、今年いっぱい、あと半年はまだドラムのところに座ってますので、残された時間を大切により良い音楽を届けられたらと思います。
チリヌルヲワカはユウちゃんのソロプロジェクトから派生したものとは言え、自分の中では、自分のバンド、オリジナルメンバー、ドラムの事以外にもたくさんアイディアを出せる、とても自由で、個性的で、創造的で、武骨なロックバンドでした。

そして、何より、何よりも、ユウちゃんの作る曲、ユウちゃんの歌が大好きでした。

………。

脱退理由については具体的な説明がつかない事が主で、上手く伝えられないのが心苦しいですが、それでも敢えて言葉にするなら、音楽以外のことも含めた自身の「人生の新しいドアを開ける為」というのが一番の理由なんだと思います。
とても寂しくなると思います。…。

まだ半年ありますが、関係する皆さんにここで一旦感謝の気持ちを伝えたいと思います。

メンバー、元メンバー、スタッフ、元スタッフ、ファンの皆さん

充実した素晴らしい時間でした。
大変感謝致します。
ありがとうございました。

追伸 ツアーで会いましょう!!!

『アルバム・リリースツアー「During The Night Tour 2019」』

6月01日(土) 千葉LOOK
6月14日(金) 京都磔磔
6月15日(土) 岡山PEPPER LAND
6月23日(日) 札幌SOUND CRUE
6月30日(日) 福岡Queblick
7月05日(金) 新潟CLUB RIVERST
7月06日(土) 仙台enn3rd
7月13日(土) 名古屋UPSET
7月14日(日) 梅田Shangri-La
7月20日(土) 代官山UNIT
<チケット>
各料金:3,500円(各ドリンク別)
チケット一般発売中

アルバム『太陽の居ぬ間に』2019年5月10日(金)発売
    • YAMA-0013/¥2,000+税
    • <収録曲>
    • 1 トライアングル
    • 2 バッドエンディング
    • 3 前ストロ
    • 4 因果関係
    • 5 太陽の居ぬ間に
    • 6 ジオラマ
    • 7 化 ス
チリヌルヲワカ
阿部耕作(Dr)
アルバム『太陽の居ぬ間に』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。