「ドキュメンタル」に初参戦した霜降り明星せいや

「ドキュメンタル」に初参戦した霜降り明星せいや

【インタビュー】「ドキュメンタル」
霜降り明星・せいやがシーズン7に初
参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた
松本人志さんは、一番笑かさなあかん
存在」

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1千万円を懸けて“笑わせ合う”密室サバイバル。

 最新作となるシーズン7には、「M-1グランプリ2018」王者の霜降り明星せいや、吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊、加藤歩(ザブングル)、みちお(トム・ブラウン)らが初参戦。リベンジ組の宮迫博之(雨上がり決死隊)、後藤輝基(フットボールアワー)、ノブ(千鳥)、ハリウッドザコシショウ らも集結し、し烈な“笑いの総合格闘技”を繰り広げている。初参戦の霜降り明星のせいやに、先輩芸人を相手にした感想や、今後対戦してみたい芸人、憧れの存在「松本人志」への思いなどを聞いた。
-まずは「ドキュメンタル」の招待状を受け取って、出演を知ったときの気持ちを教えてください。
 ついに来たかという感じです。最初は驚きもあったんですけど、お笑い芸人としての純粋な喜びというか、こういう笑い純度100パーセントの場で活躍するのが夢だったので、松本さんに認められたっていう感じがしてうれしかったです。でも、収録日がR-1グランプリに挑戦している真っ最中で、毎日M-1優勝でもらったボーナスの仕事もしていてワーッと忙しい中、前日の夜11時頃にR-1が準決勝で落ちたと分かって、そのあと夜中にR-1の敗者復活戦の打ち合わせとネタ作りがあって、「うわあ~明日は始発で『ドキュメンタル』やあ」っていう感じだったので、半泣きになりましたが、吹っ切れた感じもありました。
-収録時まで対戦相手が明かされない番組ですが、いざ現場に着いて対戦相手を見たときの心境は?
 僕が密室に入ったのが4番目で、最初にドアを開けたときに、まず後藤さんとノブさんの顔が見えたので、「やったー」って思いました。僕はボケなので、後藤さんとノブさんという、「うわ~!お笑い界のツッコミのこの2人がそろう!?」っていう喜びの中、加藤さんが見えたときには「最悪や!」って思いました(笑)。加藤さんはパワーがすごくてどんどん前に出られるタイプなのでやりずらいなと思って、さらに僕の後にザコシショウさんが入ってきたときは「あーあ、またや」ってなりました(笑)。加藤さんと同じでどんどん前に出られるタイプですし、絶対に笑っちゃうからやばいなと思いました。
-実際にその先輩方との間で激しい攻防を繰り広げた感想は?
 自分がイメージしていた「ドキュメンタル」の26倍ぐらい難しかったです。本当は25倍でいいところなんですけど、僕の予想していたものよりも、もう一個難しかった。みんな笑わないし、こっちは笑ってしまうし、「こんなのに、皆さん耐えてるの?!」っていう、笑ってしまいそうな危ないシーンがたくさんありました。自分が最終奥義として用意してきたネタも、開始10分でザコシショウさんに振られてやってしまい、一瞬で武器もなくなりました(笑)。
-一番印象に残っている場面を教えてください。
 僕が電話で出前を頼んでいるシーンがあるんですけど、そこである“二次災害”が起きて笑いが起こったんです。そこでは僕は一切ボケようとはしていなくて、ただ出前を取っていただけなんですけど、「笑いの神様」がほほ笑んでくれたので、ぜひそこは楽しみに見てほしいです。
-「ドキュメンタル」が配信されてから反響はありましたか。
 はい、やっぱり「ドキュメンタル」は男性人気がハンパないと感じましたね。お笑いのファンって劇場には女性の方が多いと思うんですけど、「ドキュメンタル」はエグいほどに男性が好きです。お笑いのコアな層の方がめちゃくちゃ楽しみにしてくれていたみたいで、たくさん反響を頂きました。
-相方の粗品さんや周りの芸人仲間の反応は?
 みんな声をそろえて「面白かった」って言ってくれました。M-1とかのネタ番組は悔しさもあるので同業者同士では「面白かった」って絶対に言わないんですけど、「ドキュメンタル」はなぜか「ほんまにオモロかったよ」って言うんですよね。「ドキュメンタル」はお笑い番組というよりも、ドラマを見ているような魅力があるのかなって思います。不思議ですよね、ドキュメンタルのパワーって。
-せいやさんにとって「松本人志」とはどんな存在ですか。
 …(しばらく考えた後)「一番笑ってほしい人」です。松本さんに笑ってもらえたら、疲れとかが全部吹っ飛ぶんですよ。松本さんには学生時代や素人時代に死ぬほど笑いを頂いたので、その分、プロになったからには松本さんを笑かしたいと思います。もちろんリスペクトはありますけど、それを超えて一番笑かしたい存在です。
-せいやさんの物まねネタで、松本さんが爆笑していましたね。
 うれしいですよね。動画を見て、こんなに笑っていただいてたんだと知って…。ああいうレジェンドの笑い声でぼくら若手は2、3年頑張れますから。
-それでは、もし今後2回目の参戦があったら、対戦してみたい芸人さんは?
 やっぱり僕は、ザコシショウさんを何とか笑かしたいです。守備も強いですから。僕はザコシショウさんの芸がめちゃくちゃツボなんですよ。でも、そのツボを分かっているということは、研究すればザコシショウさんのツボが分かるっていうことだと思っています。笑うということは「通ずるものがある」ということなので、もし次回ザコシショウさんと対戦できるなら、ザコシショウさん対策をめっちゃ研究して挑みたいですね。
(取材・文・写真/小宮山あきの)
「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」は、Amazon Prime Videoで全話配信中。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」