松原健之、純烈、はやぶさ、徳永ゆう
きら演歌男子。8組がチーム対抗「大
運動会」

CS放送「歌謡ポップスチャンネル」の人気番組「演歌男子。」の特別番組「演歌男子。大運動会」の公開収録が5月22日、東京・立川市のアリーナ立川立飛で行われ、演歌・歌謡界で活躍中の松原健之純烈、はやぶさ、パク・ジュニョン徳永ゆうき、真田ナオキ、伊達悠太、一条貫太の「演歌男子。」8組が出演した。
番組初となる運動会は、6対6のチーム対抗による綱引き、玉入れ、障害物競走、大縄跳び、リレーといった様々な種目で楽曲歌唱をかけて競い合った。ほかにもそれぞれの最新曲歌唱や「演歌男子。」のオリジナルソング「今日の日をずっと」などを披露する見どころいっぱいの内容になっている。

大運動会開始前のメディア取材では、体操着姿によるラジオ体操と「世界に一つだけの花」の歌唱を披露した後、松原健之は「今年で40歳になるのに運動会ができるというのは、初々しい感じがしてドキドキしていますが、怪我をしないように気をつけたい。今日は若い皆さんと先輩の皆さんと楽しみたいと思っています」。純烈のリーダー・酒井が「唯一の紅白歌手なので(笑)、今日はオレたち4人の走る背中を見て勉強してほしい」と言うと、後上が「(酒井の)おなかを見てしまうよ」、白川が「オレたちの背中を見ても何もないよ」と大爆笑。最年長の純烈・小田井は「体操着は、僕一人だけがおかしい。リハビリみたいです(笑)。体力もだいぶ下がっていますからどうなることか…」。
最年少の一条は「運動神経があまりないので、自信がないですね。こういう運動会はもう4年ぐらいやっていないので、皆さんに迷惑をかけないよう頑張りたい」。伊達は「もう10年以上、運動をしていないので、けがが心配ですが、一生懸命頑張ります」。真田は「今日のために体を作ってきたのに、そのせいで軽い筋肉痛なんですが、本番は笑顔で楽しみたい」。徳永は「僕も今日のために体を作り上げてきたので…(笑)。やる気満々でして、(キャプテンとして)皆さんを引っ張っていけるように頑張ります」。

パクは「韓国にも運動会がありまして、秋ごろやっているのですが、今日は学生時代に戻って、『演歌男子。』の皆さんと友情を築くような運動会になればいいなと思っています」。はやぶさのヤマトは「僕たちはアニメソングを歌っているので、小中学生の男の子、女の子が見てくれると思うのでカッコ悪いところは見せられない。だから小中学生の人たちの期待にこたえられるよう頑張ります」、ヒカル「今日は勝負ですが、久しぶりに『演歌男子。』の皆さんとお会いできて楽しくて…。でも、少しは貢献できるように頑張りたい」と話していた。
「演歌男子。大運動会」は、7月6日 午後1時からBSスカパー!で60分の先行放送。8月17日午後8時から「歌謡ポップスチャンネル」で120分の完全版を放送する。

BSスカパー! × 歌謡ポップスチ
ャンネル 特別番組『演歌男子。大運動
会』

日時:
BSスカパー!:7月6日 午後1時〜(60分先行放送)
歌謡ポップスチャンネル:8月17日 午後8時〜(120分完全版)
出演:松原健之 / 純烈 / はやぶさ / パク・ジュニョン / 徳永ゆうき / 真田ナオキ / 伊達悠太 / 一条貫太

大鵬薬品スペシャル「演歌男子。神のお
告げを聞け!」

放送:CS放送「歌謡ポップスチャンネル」
日時:
#3:5月9日(木) 16:30〜17:00
#4:5月23日(木) 16:30〜17:00
再放送:土曜 13:00、月曜 19:00
5月出演:パク・ジュニョン、三丘翔太、斬波

<演歌男子。LIVE TOUR 2019「五周年ノ
宴」>

7月24日(水)東京・北とぴあ
出演:松原健之 / 純烈 / はやぶさ / パク・ジュニョン / 徳永ゆうき / 真田ナオキ

10月23日(水)大阪・サンケイブリーゼ
11月22日(金)福岡・都久志会館
11月27日(水)札幌道新ホール

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」