椎名林檎 5年ぶりアルバム『三毒史
』からAYA SATOが三種の獣と化した「
鶏と蛇と豚」MV公開

椎名林檎の5年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『三毒史』(5月27日発売)から、アルバムリリースに先駆け「鶏と蛇と豚」のミュージックビデオが公開された。
「鶏と蛇と豚」は、新作アルバム『三毒史』の舞台設定を紹介するべく書き下ろされたオープニングトラック。アルバムタイトルに用いた“三毒”とは、仏教において克服すべきとされる煩悩を意味する、“むさぼり”、“いかり”、“おろかさ”のこと。
ミュージックビデオは、近年の椎名林檎のMV制作に無くてはならない児玉裕一監督によるもの。
「ふたりの虚無僧が東京タワーで女と出会った夜。
女が行き場のない気持ちを抱きながら六本木を歩いた夜。
ある男女が銀座で待ち合わせた夜。
男が不思議なトンネルに迷い込んだ夜。
そんな夜の、ほんのちょっと前に東京で起こった出来事を映像にしました。
マジ卍」。
本作中では、AYA SATOが三種の獣と化し、ひとりですべての三毒を表現している。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。