【ライブレポート】平井 大のヴァイ
ブスを感じる<THE BEACH TRIP>

サーフ・ミュージックの豊穣なサウンドをポップスへ昇華させるアーティスト、平井 大が自身初となる屋外ワンマンツアー<HIRAIDAI THE BEACH TRIP 2019>を開催した。
沖縄と神奈川の2公演ともに盛況となったこのツアーだが、ここでは5月11日(土)に開催された神奈川公演の模様をお伝えしよう。

爽やかな五月晴れという絶好のロケーションに恵まれた公演当日、開演前のサザンビーチちがさきの特設会場に到着すると、海を見渡せる砂浜は多くの観客で埋め尽くされていた。『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の主題歌「THE GIFT」のヒットも手伝ってか、会場には子連れファミリーの姿も多く見受けられた。
アコースティックギターとウクレレ・ベースの前座デュオが緩いハワイアン・ミュージックで会場を暖めると、3時を過ぎる頃に平井 大のサポート・バンドの面々がステージでレゲエなサウンドを鳴らしはじめ、軽くセッション風な演奏をしたところで本人が登場した。「For The Future」「Surf Time」ではウクレレの軽やかな音色とレゲエのビートの上で快活に歌いあげ、心地良い音楽に肌を焼く日差し、それに海と砂浜……まさに夏本番な雰囲気を醸し出した。

「Remember The Days」では、バラードの曲調によく合う甘い声で存分に歌いあげると、エレキギターへ持ち替えて長いリード・ソロを披露した。「Kiss Me Baby」ではロックンロール・ナンバーで会場を沸かせ、曲間に“波の音を聴きながら、自由な音を楽しんで”と語りかける。
MCで平井のスタッフが結婚した話を挟んでラブソング「Promise」へ。バラードポップなナンバーだが、この日はビーチサイドにピッタリなラヴァーズ・ロック風のアレンジを聴かせた。心地良いバイブスが客席に満ちてくると、アコースティックギターとハーモニカの掛け合いで、「Beautiful」へ。さらにレイドバックした雰囲気を作り、「The Light ~青い空~」をプレイ。バンドメンバーの息の合ったタイトなルーツ・レゲエ風の演奏と、ダイナミックな平井の歌がオーディエンスを煽る。熱いギターソロを挟んで歌だけを聞かせ、またソロへとなだれ込む……バンドとともに自由奔放な演奏を披露した。
“魂に沿って、音楽を楽しんで”と、客席に語りかけたところでボブ・マーリーの「Three Little Birds」を歌い、セッション風の熱いインタープレイを繰り広げた。続いて「Life Is Beautiful」をウクレレ片手に歌いあげると、オーディエンスからも大きな歓声が沸き起こり、後半のダンサブルなサウンドに合わせて会場も大きく揺れ動いた。
日が徐々に傾くとともにライブも後半戦へ。MCでパートナーと付き合いはじめた頃に素直になれなかった自分の経験を語り、“そんなときはこの曲で相手に気持ちを伝えて”と「MyLove」を歌った。ゆったりとしたスウィートなレゲエにのせて、平井は美しいファルセットで観客を魅了する。平井が敬愛するドノヴァン・フランケンレイターを思わせるソウルフルなサーフ・ミュージック・ナンバー「星にのせて」に続き、ウクレレでのソロプレイで大いに観客を沸かせた。

「Island Chicken」では、筆者の近くにいた子連れのファミリーも踊り出し、ピースフルな雰囲気を感じ取れた。平井は“今日は海の近くでライブができて本当に嬉しい”と語り、ピアノと歌というシンプルな「Thinking Of You」ではマイクだけ持ちステージを歩き回りながら、情熱的に歌い上げた。一転してダンス・ポップな「SONG FOR TWO」ではオーディエンスと一体感のあるエネルギッシュなパフォーマンスを披露した。
夕日が客席に差し込みはじめた頃に「tonight」「祈り花」と立て続けにバラード・ポップを感傷的に歌い上げる、スウィートな歌を堪能できる平井の真骨頂とも呼べる時間帯だ。さらにメロウなムードを醸し出すべく「Slow & Easy」では、ゆったりとしたビートと平井のメロディに合わせてオーディエンスも両手を上げ、一体感溢れる時間を演出した。客席に向かって“またビーチで会いたいね”と挨拶すると、「また逢う日まで」をウクレレの弾き語りで披露して本編は終了。鳴り止まない拍手に応え、アンコールでは「THE GIFT」を演奏すると、今日一番の歓声が上がった。
彼の作品を聞くと、至るところに波音のBGMが使われているが、今日はまさにそんな環境のもとで平井の音楽が体感できた。全体的にレゲエテイストのアレンジも多く、それがまたビーチサイドという環境ともマッチしていたし、このイベントに足を運んだオーディエンスの多くが、海を愛する平井が表現したい音楽、そしてヴァイブスを、より深く感じ取ることができたのではないだろうか。

なお、この日、7月31日にニューアルバム『THE GIFT』をリリースすることが発表された。このアルバムは「後世に残したい」をテーマに、言葉と音を一枚に詰め込んだ愛溢れるメッセージアルバムになるとのこと。さらに8月24日より自身初の横浜アリーナ公演含む全国15公演ツアーを行うことも発表された。詳細は追って発表となる。

■ニューアルバム『THE GIFT』予約リンク
取材・文◎伊藤大輔
写真◎HIDAKA NAKANO

セットリスト

Intro

1.For The Future
2.Surf Time
4.Remember The Days ~君との足跡~
3.Kiss Me Baby
5.Promise

6.Beautiful
7.The Light ~青い空~
8.Story of Our Life
9.Three Little Birds
10.Life is Beautiful

11.MyLove
12.星にのせて
13.Island Chicken
14.Thinking of you
15.SONG FOR TWO

16.tonight
17.祈り花
18.Slow & Easy
19.また逢う日まで

En.THE GIFT


ニューアルバム『THE GIFT』
2019年7月31日発売 

CD+DVD AVCD-96314
価格:¥4,500+税

CD only AVCD-96315
価格:¥2778+税

(収録内容)
[CD]
・THE GIFT(『映画ドラえもん のび太の月面探査記』主題歌)
ほか、収録曲未定

[DVD] 
・HIRAIDAI Concert Tour 2018 WAVE on WAVES at 幕張メッセイベントホールよりベストセレクションを収録

<HIRAIDAI Concert Tour 2019 THE GI
FT>

8月24日(土) 静岡市民文化会館 大ホール
9月06日(金) 福岡サンパレス ホテル&ホール
9月07日(土) 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
9月15日(日) 神戸ワールド記念ホール
9月20日(金) 鹿沼市民文化センター
9月22日(日) ホクト文化ホール 大ホール
9月23日(月・祝) 金沢市文化ホール
9月28日(土) 沖縄コンベンション劇場
10月06日(日) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
10月14日(月・祝) 盛岡市都南文化会館 大ホール
10月26日(土) 広島上野学園ホール
10月27日(日) 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
11月04日(月・祝) 札幌文化芸術劇場 hitaru
11月10日(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール
11月17日(日) 横浜アリーナ

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」