神宿に新メンバー塩見きらが決定。神宿第二章が、豊洲PITワンマン公演よりスタート!!!!!

神宿に新メンバー塩見きらが決定。神宿第二章が、豊洲PITワンマン公演よりスタート!!!!!

神宿に新メンバー塩見きらが決定。神
宿第二章が、豊洲PITワンマン公演よ
りスタート!!!!!

神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜

ライブの冒頭では、神宿5人目のメンバーを探すに当たってのメンバーの想いを告げる言葉。そして、ファイナリストに残った7人へ向けてのメッセージ映像が流れていた。
「新しい物語が動き始める」の言葉、そして「KMYD」の声を受け、神宿のライブは幕を開けた。冒頭を飾った『CONVERSATION FANCY』から、ライブは弾けたパーティ空間をフロアに描きだした。胸を弾ませる楽曲が、メンバーはもちろん、ファンたちの騒ぐ気持ちもぐんぐんアゲてゆく。
【可愛い】神宿のライブ写真をすべて見る
熱した空間へさらにHAPPYな輝きを注ぐように、神宿は胸をキュンと弾ませるダンスパーティチューン『HAPPY PARTY NIGHT』を届けてきた。感情を煽る楽曲が続いたことで、ときめき色に染まった心がどんどん膨らみだす。このまま"楽しい"を引き連れ、一緒に限界まで笑顔で騒ごう。気分は、すでにアゲアゲだ!!!!
メンバーと一緒に交わした「KMYD」のやりとり。神宿が誘いかけたのは、一緒に声を張り上げ、共に限界までHAPPYを楽しむ空間ではしゃぐこと。『踊れっ!神宿カーニハル』を通し、可愛く挑発する4人。その刺激に、興奮というエネルギーが身体中から次々とあふれだす。今は気持ちが騒ぐまま、彼女たちと一緒に飛び跳ね続けていたい!!。
さぁ、激しいアクションを起こそうか。神宿はハイパーダンスロックチューン『Action!』を突きつけ、観客たちを熱狂と絶叫へと導き出す。可愛いその挑発に触発され、声を上げ騒がずにいれない。さぁ、もっともっと全身を使って熱狂のアクションを神宿のメンバーたちへぶつけようか。このまま気持ち高ぶるままにアクションを起こそうぜっ!!
「今日は、神宿の歴史に残る伝説の日になります。今日、ここで緑を継承する新メンバーが決まります。一緒に伝説を作りましょうね」と羽島めいが宣言。「緊張してお弁当を食べすぎて」と語ったのは、小山ひな。そんな、心ほっこりさせる緩いテンションも会話に加えつつ、ライブは次のブロックへ。
ハイパー高いテンションを持って飛び出したのが、トロピカルなダンスポップチューンの『ほめろ!』。曲に触れている間中、無条件にテンションをアゲ続けてゆくアッパー曲に刺激を受け、ふたたび会場中がパーティフロアに変貌。途中、「ほめろ」「ほめろ」と応援団風のやりとりも登場。小山ひなの「褒めてほしいな」と可愛い声で呟いた言葉に、胸が瞬間大爆発!!。もちろん、そんなにも可愛く言われたら、思いきり「ほめ」ますよ。
高いテンションを継続しながら、楽曲は『はじまりの鐘を鳴らせ』へ。高鳴るハートのドキドキとシンクロするように、ステップを踏みながら一緒に騒ぎたい。甘くて可愛い仕種と歌声で誘われたら、熱した絶叫をぶつけなきゃいられない。その甘さをもっともっととろけさせるのは、フロアの人たちの沸騰した絶叫と熱狂のエールたからこそね。

「とまってしまった物語」と題した映像を通して映し出された、関口なほの卒業ライブシーン。それを受けて、残った4人が語った「ここで辞めるわけにはいかない」という強い決意と、「新しい神宿を始めます」の宣言。続く「物語は動き出した」と題した映像では、ファイナルに残ったメンバーたちを紹介。その映像に合わせ、ファイナリストの7人が次々と舞台へ姿を現した。
披露したのが、ファイナリスト7人によるオーディションのテーマ曲『はじまりの合図』。まさに、これから新しい物語を綴りだす彼女たちにぴったりの選曲だ。7人は、まだまだ初々しさを持って。でも、しっかり自分の色を発揮しようと歌をぶつけていた。何処か戸惑いを覚えたり、緊張のあまりピッチを外す姿もご愛嬌。むしろ、この新鮮な姿を味わえたのが嬉しかったこと。
神宿の見せる可愛い挑発に心がはしゃぐ
新衣装に着替えたメンバーたちは、可愛い衣装にピッタリのラブリーポップチューン『タフ♡ラブ』をプレゼント。清楚な香りも振りまきなから、恋に恋する真っ直ぐな想いを4人は届けてくれた。無防備な可愛さでせまられたら、こちらの気持ちもバクバクだ。そんな熱くときめいた気持ちで、4人のラブリーな歌声と仕種を心の両手で抱きしめられたのが嬉しかった。
軽快に身体を揺らし、気持ちの内側から沸き上がるラブリーな感情を、4人は『憎しみという名の贈り物はあげない』に乗せ届けてきた。軽やかな歌の風に乗せ、4人の温かい想いが胸の内側へスーッと染み込んでゆく。そんなピュアでウキウキな気持ちへ包まれていく感覚がとっても嬉しかった。
ふたたびフロアへ温かい熱を注ぐように、神宿は『Ultra Cheer』を歌いだした。気持ちをウキウキ弾ませる楽曲へ触れていると、不思議とにやけてくる。いや、何時しかにやける状態を超え、大声を張り上げ騒いでいた。神宿の見せる可愛い挑発に心がはしゃいでいた?!。まさに、そんな気分だ。
ここで神宿は、「春」をテーマに据えた新曲『春風Ambitious』を披露。春風と題しながらも、常夏の熱狂を導きだすハイパー&アッパーなダンスポップチューンなのが神宿らしいじゃない。フロアでは、メンバーらの動きに合わせ一緒に振り踊れは、自然と声を張り上げ、気持ちが沸くままに熱狂の空間をフロアに描きだしていた。
会場を包み込む熱をもっともっと高めてサウナ化しようと、神宿は『全身全霊ラプソディ』を熱唱。凄まじい速度で炸裂する超ハイテンションダンスロックナンバーの上で、4人は力強く、熱情した声を全力でぶつけ、会場中のみんなと一緒に全身全霊で歌い踊り騒ぐ空間を作りあげていった。とても気持ちを熱く昂らす歌だ。この歌に触れている間、心が思いきり騒ぎ続けていた。

映像に映しだされたのは、ファイナリスト7人のオーディションライブに賭けるコメント。ここからは、神宿のメンバーのステージへ、ファイナリストのメンバー一人一人が加わる形でのオーディションライブがスタート。
石綿なこを迎えた『星空帰り道』では、彼女のピュアで真っ直ぐな歌声を活かしたステージングを披露。内に秘めた想いを歌声に乗せ伝える石綿なこの魅力を、ここでは味わうことが出来た。
『好きといわせてもらっていいですか?』を歌った塩見きらも、汚れなき歌声を真っ直ぐに届けてくれた。その声の中へ笑顔の成分を覚えていたように、そこが彼女の魅力の部分?。その一面を味わえたことが嬉しかった。
『原宿戦隊!神宿レンジャー』を担当したのが、辻ゆか。彼女は可愛くも力強いパフォーマンスと甘さの中にエナジーみなぎる明るくパワフルな歌声を魅力に、ファンたちを熱狂へ連れ出した。
胸の内に秘めた想いを、ちょっぴり情熱と切なさを交えた『あの娘にばれるような』に乗せて歌ったのが、藤田みゆ。上手くというよりも、沸き上がる気持ちをしっかり伝えるように歌声を届けてきた姿が、とても印象的だった。
ダンスも一生懸命、歌も必死に、でも可愛らしさを忘れずに『ビ・ビ・ビ♡』を歌ったのが高田もも。きっと不器用なタイプ?。でも、ひたむきな気持ちも負けない情熱を笑顔に忍ばせ伝えてゆく姿勢に、嬉しく共感を覚えていた。
テンション高いハイパーポップチューンの『Life is やっぱBeautiful!』を担当したのが荻田ここ。高いテンションで思いきりはしゃげる楽曲は、無邪気なスマイルを浮かべる彼女に似合う洋服だ。その笑顔にKOされた人たちも多かったのでは??
最後に登場した桜木ことは、いきなり『Summer Dream』を歌いだしライブをスタート。その歌声は、人の心を熱く揺さぶる力強さを抱いていた。『Summer Deeam』のような、気持ちを熱く掻き立てる情熱ナンバーに、桜木ことの歌声はピッタリだ。
誰が"緑"の担当を勝ち取ったのか?
ここで、神宿のメンバーとコラボレート7人のオーディションライブは終了。果たして、誰が"緑"の担当を勝ち取るのか。
審査を終え神宿のメンバーたちは、ふたたびステージへ。そこにいたのは、一ノ瀬みか・羽島めい・羽島みき・小山ひな、そして新たな"緑"担当の塩見きら。ここから神宿第二章のスタートだ。
神宿は、塩見きらを加えた新たな5人編成で『お控えなすって神宿でござる』を披露。はちゃめちゃに弾けた和ダンスナンバーに合わせ、さっそく5人は笑顔でコミュケーションを取りながらパフォーマンス。まだ不慣れな塩見きらを、4人はしっかりサポート。
一緒にパリラした宴の中へ巻き込み、神宿のライブの魅力である楽しさを注入。最強の笑顔を見せる5人が居並んだ第二章神宿。ここから彼女たちがどんな未来図を描きだすのか、楽しみになってきた。
最後に神宿は、『KMYD』をプレゼント。何時しか塩見きらも4人のノリと同化し、神宿の世界観へ思いきり染まっていた…いや、確実に染まりだしていた。ファンたちの期待も含め、これから神宿が、この5人でどんな風景を描き、触れた人たちの心を笑顔にしてくれるのか、とても楽しみになってきた。
「夢叶ったと思います。もっとはもっと成長して認めてもらえるように、キラキラ輝けるように成長していきます」と語った塩見きら。その言葉通り、どんな輝きを見せてゆくのか、これからを楽しみにしていようか。
TEXT 長澤智典
セットリスト
『CONVERSATION FANCY』
『HAPPY PARTY NIGHT』
『踊れっ!神宿カーニハル』
『Action!』
『ほめろ!』
『はじまりの鐘を鳴らせ』
『はじまりの合図』
『タフ♡ラブ』
『憎しみという名の贈り物はあげない』
『Ultra Cheer』
『春風Ambitious』
『全身全霊ラプソディ』
『星空帰り道』
『好きといわせてもらっていいですか?』
『原宿戦隊!神宿レンジャー』
『あの娘にばれるような』
『ビ・ビ・ビ♡』
『Life is やっぱBeautiful!』
『Summer Dream』
神宿第二章開幕
『お控えなすって神宿でござる』
『KMYD』

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着